sweet,bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
sweet, bitter sweet
〜YUMING BALLAD BEST
松任谷由実ベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
チャート最高順位
ゴールドディスク
松任谷由実 年表
acacia[アケイシャ]
(2001年)
sweet, bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST
(2001年)
Yuming THE GREATEST HITS
2002年
テンプレートを表示

sweet, bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST』(スウィート・ビター・スウィート~ユーミン・バラッド・ベスト)は、松任谷由実(ユーミン)初のバラード・セレクション・アルバム。2001年11月14日に東芝EMIより発売された(TOCT-24701/24702)。

解説[編集]

  • このアルバムの特徴として、荒井由実時代と松任谷由実時代の曲が一緒に収録された点が挙げられる。荒井由実時代の曲は、長い間アルファレコードが管理してきたが、同社のレコード事業撤退後は、2000年4月から東芝EMIで発売できるようになった。その利点を生かしてのバラード・ベストである。このアルバムの選曲の一部は松任谷由実のリクエストであるが、それ以外はスタッフがおこなった。また、タイトルは元々「bitter sweet」だったが、松任谷正隆の発案で最初にsweetが追加された。なお、松任谷正隆は松任谷由実の全てのベストアルバムに反対してきており、本作への抵抗の意味も込め、プロデュースの欄に名前が載っていない[1]。関連作品として、詩集として出版された「yuming sweet」と「yuming bitter」という本がある。

収録曲[編集]

※は初回プレス限定盤のみに収録。

DISC1[編集]

  1. やさしさに包まれたなら(album version)
    アルバム『MISSLIM』より。
  2. 瞳を閉じて
    アルバム『MISSLIM』より。
  3. 雨のステイション
    アルバム『COBALT HOUR』より。
  4. グッド・ラック・アンド・グッドバイ
    アルバム『14番目の月』より。
  5. 中央フリーウェイ
    アルバム『14番目の月』より。
  6. 卒業写真
    アルバム『COBALT HOUR』より。
  7. Hello,my friend
    アルバム『THE DANCING SUN』より。
  8. 守ってあげたい
    アルバム『昨晩お会いしましょう』より。
  9. 潮風にちぎれて
    アルバム初収録。シングル「潮風にちぎれて」より。
  10. 夕涼み
    アルバム『PEARL PIERCE』より。
  11. acacia[アカシア]
    アルバム『acacia』より。
  12. よそゆき顔で
    アルバム『時のないホテル』より。
  13. 翳りゆく部屋
    アルバム『YUMING BRAND』より。
  14. 雨の街を
    アルバム『ひこうき雲』より。
  15. ナビゲイター
    アルバム初収録。シングル「遠い旅路」より。
  16. 海を見ていた午後
    アルバム『MISSLIM』より。


1 - 6、13、14、16曲目は荒井由実名義で作詞・作曲。他は松任谷由実名義で作詞・作曲。


DISC2[編集]

  1. A HAPPY NEW YEAR
    アルバム『昨晩お会いしましょう』より。
  2. ジャコビニ彗星の日
    アルバム『悲しいほどお天気』より。
  3. NIGHT WALKER
    アルバム『REINCARNATION』より。
  4. Autumn Park
    アルバム『ALARM à la mode』より。
  5. シンデレラ・エクスプレス
    アルバム『DA・DI・DA』より。
  6. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
    アルバム『VOYAGER』より。
  7. ノーサイド
    アルバム『NO SIDE』より。
  8. 静かなまぼろし
    アルバム『流線形'80』より。
  9. 消息
    アルバム『PEARL PIERCE』より。
  10. 幸せになるために
    アルバム『acacia』より。
  11. 霧雨で見えない
    アルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』より。
  12. 雪だより
    アルバム『SURF&SNOW』より。
  13. ロッヂで待つクリスマス
    アルバム『流線形'80』より。
  14. One more Kiss
    このアルバム唯一の新曲。当時、アメリカでのレコーディングの際、アメリカ同時多発テロ事件の影響で空港閉鎖になり、レコーディングの続行が危機的になったという裏話をもつ。ユーミンもライブツアーでそのことに触れて、「私の歌が社会を動かすことは難しいけど、聞いてくれる皆の心に残る歌を歌っていきたい」と語った。
  15. 春よ、来い
    アルバム『THE DANCING SUN』より。
  16. あの日にかえりたい(acoustic version)※
    小野リサアコースティックギター演奏&バックコーラスによるボサノヴァ・ヴァージョン。後に小野自身もこの曲をカヴァーした。
16曲目のみ荒井由実名義で作詞・作曲。他は松任谷由実名義で作詞・作曲。

参加ミュージシャン[編集]

  • あの日にかえりたい(acoustic version)
    • アコースティック・ギター&コーラス : 小野リサ

脚注[編集]

  1. ^ フリーペーパー「REAL YUMING "EYES"」Vol. 14 2001年11月号 4ページ目 『僕がベスト盤を嫌いな理由 松任谷正隆』 2016年5月30日閲覧

外部リンク[編集]