14番目の月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
14番目の月
荒井由実スタジオ・アルバム
リリース
録音 1976年9月 - 10月
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
荒井由実 年表
YUMING BRAND
1975年
14番目の月
1976年
ALBUM
1977年
テンプレートを表示

14番目の月』(じゅうよんばんめのつき)は、荒井由実(ユーミン)の4枚目のオリジナルアルバム。オリジナルは1976年11月20日東芝EMIからリリースされた(LP:ETP-72071、CT:ZA-1610・ZT25-328)。LPのみカラーピンナップ付き。一時期、音源の原盤権の都合でアルファレコードより発売されたこともある(CD:35XA-9・32XA-124・34A2-31・ALCA-466・ALCA-9032・ALCA-5245、LP:ALR-4003、CT:ALC-503)。2000年4月26日にLPのブックレットを復刻し、バーニー・グランドマンによるデジタルリマスタリングで音質を大幅に向上したリマスタリングCD(TOCT-10714)をリリース。2005年3月10日よりPC配信された。

解説[編集]

  • 独身時代最後のオリジナル・アルバム。サウンド的にはアコースティック・ピアノは余り使われておらず、サウンド的にもかなり豪華になっている。この作品から松任谷正隆がプロデュースを担当するようになる。
  • 1976年11月14日にはNHKホールにて「14番目の月リサイタル」を開催した。この模様は1976年12月31日NHK総合にて放送され、1977年1月にはNHK-FMにて放送された。1976年12月にはエッセイ&写真集「十四番目の月」を出版。また、本人はこのアルバムで歌手を引退するつもりだったと、自伝『ルージュの伝言』で語っている。

収録曲[編集]

Side A[編集]

  1. さざ波
  2. 14番目の月
    タイトルは映画 『スリランカの愛と別れ』 の高峰秀子の台詞に由来する(正確には、当時ユーミンは映画雑誌の立読みから科白の該当部分のみを知っていただけで、この映画を観ておらず、科白のシーンはもちろん、タイトルすら正しくは知らなかったので、あまり映画とは関係がない)。ライヴでは終盤を盛り上げる定番曲でもある。1991年TBS系『ルージュの伝言』にてドラマ化された(第17話、主演は小松千春)。
    カバー:スピッツ(2002年)、奥村愛子(2005年)。
  3. さみしさのゆくえ
  4. 朝陽の中で微笑んで
    1976年ハイ・ファイ・セットへの提供曲。その年の映画『凍河』の主題歌。
    カバー:パティ・オースティン諌山実生(2003年)、ケイコ・リー(2008年)、久保田利伸(2010年)。
  5. 中央フリーウェイ
    題名は「中央自動車道」による。フリーウェイとは信号のない"自由な"道路のこと。この中央道を八王子方面へ向かう際に見える在日米軍調布基地1974年に全面返還)、サントリー武蔵野ビール工場、東京競馬場など東京都府中市近辺の風景が歌詞に出てくる。
    1976年3月14日、TBS系『日曜スペシャル』で企画されたスタジオ・ライブ番組『セブンスターショー』(荒井由実&かまやつひろし)では、かまやつが歌ったが、曲中のテロップでは「この曲はユーミンがムッシュのために書いたものです。心がこもっているかしら…。」と紹介されている(なお、この時点で中央道は高井戸・調布間が未開通だった)。
    1989年に公開されたアニメ映画『魔女の宅急便』の主題歌候補にも選ばれたが、都内の具体的な地名が入っているためにヨーロッパを舞台にした映画と合わず、結局採用されなかった(代わって「ルージュの伝言」が採用された)。1991年TBS系『ルージュの伝言』にてドラマ化された(第7話、主演は桃井かおり)。
    カバー:ハイ・ファイ・セット庄野真代(1977年)、矢口真里(2003年)、ケラ&ザ・シンセサイザーズ(2006年)、Salon(2008年)、大橋純子(2009年)、スウィング・アウト・シスター今井美樹(2013年)。

Side B[編集]

  1. 何もなかったように
    当時ユーミンが飼っていた愛犬(シェパード)が死んで、その供養のために作った曲。
    カバー:Cocco(2016年)。映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』劇中歌。
  2. 天気雨
    歌詞に出てくる「ゴッデス」は茅ヶ崎にあるサーフショップ。また、歌詞に相模線も登場する。
  3. 避暑地の出来事
    1976年伊勢丹CMソング。ユーミンのオリジナル曲のなかで最も短い曲(2分39秒)。
  4. グッド・ラック・アンド・グッド・バイ
    岡崎友紀への提供曲。1991年TBS系『ルージュの伝言』にてドラマ化された(第9話、主演は有森也実)。かつては和歌山と徳島を結ぶ南海フェリーの船内放送でも使われていた。
    カバー:CHiYO(2006年)、曾我泰久(2011年)。
  5. 晩夏(ひとりの季節)
    NHK総合『夏の故郷』『幻のぶどう園』主題歌。舞台のイメージは横手
    カバー:平原綾香(2005年)、秦基博(2008年)。
  • 作詞・作曲 : 荒井由実 編曲 : 松任谷正隆
  • コーラスアレンジ : 山下達郎 (B-4除く)、松任谷正隆 (B-4のみ)

参加ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]

  • 松任谷由実オフィシャルサイトによる紹介ページ