返事はいらない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
返事はいらない
荒井由実シングル
初出アルバム『ひこうき雲
B面 空と海の輝きに向けて
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル J-POP
レーベル LIBERTY
プロデュース かまやつひろし
荒井由実 シングル 年表
返事はいらない
1972年
きっと言える
1973年
収録アルバムひこうき雲
雨の街を
(8)
返事はいらない
(album version)
(9)
そのまま
(10)
テンプレートを表示

返事はいらない』(へんじはいらない)は、荒井由実(ユーミン) のデビューシングル1972年7月5日東芝音楽工業からリリースされた。規格品番:LTP-2680。

1989年12月21日にはCDシングルとして再リリースされた。

1枚目のオリジナルアルバム『ひこうき雲』にはアルバム・バージョンが収録された。現在、シングル・バージョンは『荒井由実BOX』で聴くことができる。

解説[編集]

発売時のキャッチ・コピーは「★シンガー&ソング・ライター界のスーパー・ヤング・レディー!![1]

作詞作曲編曲指揮ピアノハモンドオルガン:荒井由実とクレジットされていた[2]が、セールス的には苦戦し、本人曰くおおよそ300枚程度しか売れなかった(800枚とする資料もある[3])。それゆえ、現在では現存する当時のオリジナル7インチシングル盤の価格が高騰傾向にあるうえ、正規盤が前述のように売れなかったため、中古市場やオークションで出品されるのは見本盤がほとんどである。

「返事はいらない」と「空と海の輝きに向けて」は共にシングル・バージョン。まだ、ボーカルビブラートがかかっている。このシングルでのアレンジはアメリカン・ロック調であり、プロデュースはかまやつひろしで、演奏に高橋幸宏ガロBUZZ小原礼も参加していると言われる。

本作のみ、LIBERTYレーベルからの発売となった。本作以後はEXPRESSレーベルから発売されるようになる。

1998年ULTRA-VYBEより『Japanese 70's 7inch Box』(日本のフォークロックの貴重とされる7インチシングル盤・10枚組)の1枚として7インチシングル盤が26年後に再発された。その際、シングル盤レコードレーベルの「LIBERTY」ロゴが印刷されていなかったが、これはレーベル使用料が別箇で課金される可能性があったからである。

また、オリジナル盤・再発盤共々レコードレーベル面の印刷が、「空と海の輝きに向けて」が「海と空の輝きに向けて」と誤植されている[4][5]

収録曲[編集]

  • Side A 返事はいらない(single version)
  • Side B 空と海の輝きに向けて(single version)

作詞・作曲・編曲:荒井由実

脚注[編集]

  1. ^ オリジナル7インチシングル盤規格品番 LTP-2680 ディスクジャケット記載。
  2. ^ オリジナル7インチシングル盤規格品番 LTP-2680 ディスクジャケット裏・歌詞カード部分に記載。
  3. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、182頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  4. ^ オリジナル7インチシングル盤規格品番 LTP-2680 B面 レーベル面に表記。
  5. ^ 1998年ULTRA-VYBE発売『Japanese 70's 7inch Box』:規格品番 MM 7051〜7060 「返事はいらない」7インチシングル盤 B面 レーベル面に表記。

外部リンク[編集]