SEASONS COLOURS -春夏撰曲集-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
SEASONS COLOURS -春夏撰曲集-
松任谷由実ベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Capitol Music
プロデュース 松任谷由実
チャート最高順位
ゴールドディスク
松任谷由実 年表
A GIRL IN SUMMER
2006年
SEASONS COLOURS -春夏撰曲集-
2007年
SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-
2007年
テンプレートを表示

SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-』(シーズンズ・カラーズ‐はるなつせんきょくしゅう‐)は、松任谷由実(ユーミン)の「四季」をテーマにしたベスト・アルバム第1弾。2007年3月7日東芝EMIより発売された(TOCT-26231/26232)。

解説[編集]

  • 35周年特別企画。2001年の『sweet,bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST』以来となるベスト・アルバム。
  • 代表的なヒット曲から一般的にはあまり知られていないアルバム収録曲まで、DISC1(春編)とDISC2(夏編)に分けて最新デジタルリマスタリングで収録された。
  • 収録曲「まぶしい草野球」が2007年3月からハウス食品「プライム・カレー」のCMソングに起用された。ただし、CMに起用されたのは、CMのために新たにレコーディングされたCMバージョンであり、CMバージョンは未発売音源となっている。
  • 収録曲「やさしさに包まれたなら」がJR東日本SuicaキャンペーンのCMソングに引き続き起用された。
  • 豪華デジパック仕様。
  • ジャケット写真はマイケル・ケンナの作品。アートディレクターは、信藤三雄
  • ポートレイト撮影は紀里谷和明
  • 初回限定のみユーミンスペクタクル「シャングリラIII」チケット先行予約ハガキ封入。
  • ライブDVDTHE LAST WEDNESDAY TOUR 2006〜HERE COMES THE WAVE〜』が同時発売。
  • 松任谷由実のCDとしては東芝EMIで発売された最後のタイトルとなった。
  • 2007年10月24日に続編となる『SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-』が発売された。

収録曲[編集]

DISC1 ―Spring Selection―[編集]

  1. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
    アルバム『VOYAGER』より。
  2. 卒業写真
    アルバム『COBALT HOUR』より。
  3. 最後の春休み
    アルバム『OLIVE』より。
  4. ハルジョオン・ヒメジョオン
    アルバム『紅雀』より。
  5. 花紀行
    アルバム『COBALT HOUR』より。
  6. 大連慕情
    アルバム『水の中のASIAへ』より。
  7. acacia[アカシア]
    アルバム『acacia(アケイシャ)』より。
  8. 緑の町に舞い降りて
    アルバム『悲しいほどお天気』より。
  9. 丘の上の光
    アルバム『悲しいほどお天気』より。
  10. まぶしい草野球
    アルバム『SURF&SNOW』より。
  11. サンド キャッスル
    アルバム『DAWN PURPLE』より。
  12. 潮風にちぎれて
    シングル『潮風にちぎれて』より。
  13. ランチタイムが終わる頃
    アルバム『PEARL PIERCE』より。
  14. ベルベット・イースター
    アルバム『ひこうき雲』より。
  15. 経(ふ)る時
    アルバム『REINCARNATION』より。
  16. 春よ、来い
    アルバム『THE DANCING SUN』より。

DISC2 ―Summer Selection―[編集]

  1. 海に来て
    アルバム『A GIRL IN SUMMER』より。
  2. やさしさに包まれたなら(album version)
    アルバム『MISSLIM』より。
  3. 雨のステイション
    アルバム『COBALT HOUR』より。
  4. 悲しいほどお天気
    アルバム『悲しいほどお天気』より。
  5. 遠雷
    アルバム『DAWN PURPLE』より。
  6. 夕涼み
    アルバム『PEARL PIERCE』より。
  7. 月夜のロケット花火
    アルバム『DA・DI・DA』より。
  8. カンナ8号線
    アルバム『昨晩お会いしましょう』より。
  9. 哀しみのルート16
    アルバム『A GIRL IN SUMMER』より。
  10. 真夏の夜の夢
    アルバム『U-miz』より。
  11. 恋の一時間は孤独の千年
    アルバム『TEARS AND REASONS』より
  12. DANG DANG
    アルバム『PEARL PIERCE』より。
  13. LATE SUMMER LAKE
    アルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』より。
  14. Hello, my friend
    アルバム『THE DANCING SUN』より。
  15. 残暑
    アルバム『天国のドア』より。
  16. 晩夏(ひとりの季節)
    アルバム『14番目の月』より。
  • 作詞・作曲 : 松任谷由実、荒井由実(1-2,1-5,1-14,2-2,2-3,2-16) 編曲 : 松任谷正隆、荒井由実&キャラメルママ(1-14)

参加ミュージシャン[編集]

オリジナルアルバムを参考。

外部リンク[編集]