リーランド・スカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リーランド・スカラー
Leland Sklar 2017.jpg
リーランド・スカラー(2017年)
基本情報
出生名 Leland Bruce Sklar
生誕 (1947-05-28) 1947年5月28日(70歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィスコンシン州
ジャンル AOR
ジャズ
ロック
フュージョン
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
共同作業者 ザ・セクション

リーランド・スカラーLeland Sklar, リーランド・スクラーとも、1947年5月28日 - )は、アメリカウィスコンシン州ミルウォーキー出身のベーシスト歌手作曲家。本名は、リーランド・ブルース・スカラー(Leland Bruce Sklar)で、CDなどには「Lee Sklar」として時々クレジットされる。ジェームス・テイラーを始め、数多くのアルバムに参加し、日本でも人気の高いセッションミュージシャンである。髪の毛と髭を伸ばした特徴的なスタイルで有名。

略歴[編集]

ウィスコンシン州に生まれ、幼少期に家族でカリフォルニア州に移り住む。4歳の時にピアノの練習をはじめ、十代前半ベーシストに転向する。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校で音楽を専攻している際に、バンドのオーディションを通じてジェームス・テイラーと出会い、以後、コンサートツアーやアルバム製作を通じて活動を共にする。テイラーの音楽性が評価されるとスクラー自身にも注目が集まり、以後、西海岸を中心にスタジオミュージシャンとしての活動に拍車をかけることとなった。特に同じくテイラーをサポートしていたドラマーラス・カンケルギタリストダニー・コーチマーキーボーディストクレイグ・ダーギと結成した「ザ・セクション」は、その演奏力が評判を浴び、音楽業界に大きな影響を与えた。

以後はジャクソン・ブラウンリタ・クーリッジミッシェル・ポルナレフフィル・コリンズホール&オーツなど様々な歌手のセッションに参加し、デヴィッド・フォスターなどのAORから、ビリー・ゴブハムなどのジャズ・フュージョンにいたる幅広いジャンルの音楽を手掛け、また、映画テレビサウンドトラックの録音にも多数参加している。

日本でもジェームス・テイラーや「ザ・セクション」の影響を受けた日本人ミュージシャン、松任谷由実五輪真弓中島みゆきなどの作品に参加している。

2007年からはマイク・ポーカロが病気療養離脱したTOTOにツアーメンバーとして同行している。

参加作品[編集]

主な映画・テレビのサウンドトラック[編集]

  • Annabelle's Wish — (1997)
  • Black Dog — (1998)
  • Catwalk — (1994)
  • Conspiracy Theory — (1997)
  • Coyote Ugly — (2000)
  • Doctor Detroit
  • Dr. T & the Women — (2000)
  • For Love of the Game — (1999)
  • キューティ・ブロンド — (2001)
  • Message in a Bottle — (1999)
  • Metropolis — (1984)
  • Phantom of the Paradise — (1974)
  • The Postman — (1997)
  • The Prince of Egypt — (1998)
  • Sleepwalkers — (1992)