ヘレン・レディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1974年のレディ

ヘレン・レディHelen Maxine Lamond Reddy1941年10月25日 - )は、オーストラリアビクトリア州メルボルン出身の歌手女優活動家

人物[編集]

1970年代、国際的な成功を収めた。特にアメリカ合衆国では、ビルボードHot100のトップ40に15曲を送り込み、6曲がトップ10入り、3曲がナンバー1に輝いた。レディは「70年代のポップの女王」と呼ばれた。

レディはビルボードのアダルトコンテンポラリーチャートに25曲を送り込んだ。トップ15を15曲、8曲が6週連続No.1となった。 1974年アメリカン・ミュージック・アワードで、Favorite Pop / Rock Female Artist賞を受賞した最初のアーティストとなった。同年に3曲のヒットを記録した最初のオーストラリア人でした。

テレビ界では、史上初のオーストラリア人司会者として、アメリカ合衆国のテレビネットワークで毎週1時間のプライムタイム・バラエティ・ショーの司会を務め、世界40か国以上で視聴された。

2002年、レディはライブパフォーマンスから退き、オーストラリアの大学に戻り学位を取得、臨床催眠術医として、動機づけのスピーカーの練習をした。

2011年、トニーの誕生日に妹のトニー・ラモンドと「Breezin' Along with the Breeze」を歌った後、彼女はライブパフォーマンスに戻ることに決意した。

彼女のヒット曲「I Am Woman」は大衆文化で大きな役割を果たし、セカンド・フェミズムの賛歌となった。

彼女は「フェミニストのポスターガール」、「フェミニストのアイコン」として知られるようになった。2011年、ビルボードは28人目のアダルトコンテンポラリーアーティストとして殿堂入り(9人目の女性)。

作品[編集]

アルバム[編集]

ライヴアルバム[編集]

日本公演[編集]

9月16日、フェスティバルホール / 9月19日、神奈川県立県民ホール / 9月22日 - 24日、中野サンプラザ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]