アトランティック・クロッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アトランティック・クロッシング
ロッド・スチュワートスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース トム・ダウド
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]、ノルウェー[2]
  • 2位(オランダ[3]、ニュージーランド[4]
  • 5位(スウェーデン[5]
  • 9位(アメリカ)
  • 11位(ドイツ[6]
  • 23位(日本・1979年[7]
ロッド・スチュワート 年表
スマイラー
(1974年)
アトランティック・クロッシング
(1975年)
ナイト・オン・ザ・タウン
(1976年)
テンプレートを表示

アトランティック・クロッシング』(Atlantic Crossing)は、ロッド・スチュワート1975年に発表したソロ・アルバム。スタジオ・アルバムとしては6作目。

解説[編集]

ワーナー・ブラザース・レコード移籍第1弾。レコーディングはアメリカで行われ、ブッカー・T&ザ・MG'sのメンバー等、アメリカ人のスタジオ・ミュージシャンが多数参加した。本作よりトム・ダウドがプロデュースを担当するようになる。

本作のA面は"Fast half"、B面は"Slow half"と表記されており、A面はロック色の強い楽曲が中心、B面はバラード・タイプの楽曲が中心という構成となっている。

本作からは、「セイリング」(全英1位[1]・全米58位[8])、「ジス・オールド・ハート・オブ・マイン」(全英4位[1]・全米83位[8])がシングル・ヒットした。また、1977年には、「もう話したくない」と「さびしき丘」の両A面シングルが全英1位に達した[1]

収録曲[編集]

Side 1
  1. スリー・タイム・ルーザー - "Three Time Loser" (Rod Stewart) - 4:03
  2. オールライト・フォー・アン・アワー - "Alright for an Hour" (R. Stewart, Jesse Ed Davis) - 4:17
  3. オール・イン・ザ・ネーム・オブ・ロックン・ロール - "All in the Name of Rock & Roll" (R. Stewart) - 5:02
  4. 明日なきさすらい - "Drift Away" (Mentor Williams) - 3:43
  5. ストーン・コールド・ソウバー - "Stone Cold Sober" (R. Stewart, Steve Cropper) - 4:00
Side 2
  1. もう話したくない - "I Don't Want to Talk About It" (Danny Whitten) - 4:47
  2. イッツ・ノット・ザ・スポットライト - "It's Not the Spotlight" (Barry Goldberg, Gerry Goffin) - 4:21
  3. ジス・オールド・ハート・オブ・マイン - "This Old Heart of Mine" (Sylvia Moy, Holland-Dozier-Holland, ) - 4:04
  4. スティル・ラヴ・ユー - "Still Love You" (R. Stewart) - 5:08
  5. セイリング - "Sailing" (Gavin Sutherland) - 4:37

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]