ピープル・ゲット・レディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピープル・ゲット・レディ
インプレッションズシングル
初出アルバム『ピープル・ゲット・レディ
B面 アイヴ・ビーン・トライング
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1964年10月26日 イリノイ州シカゴ[1]
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル ABCパラマウント
作詞・作曲 カーティス・メイフィールド
プロデュース ジョニー・ペイト
チャート最高順位
  • 14位(アメリカ[2]
インプレッションズ シングル 年表
エイメン
(1964年)
ピープル・ゲット・レディ
(1965年)
ウーマンズ・ガット・ソウル
(1965年)
テンプレートを表示

ピープル・ゲット・レディ」(People Get Ready)は、アメリカ合衆国R&Bグループ、インプレッションズ1965年に発表した楽曲。作詞・作曲はメンバーのカーティス・メイフィールドにより、歌詞は公民権運動を題材としている[3]。アルバム『ピープル・ゲット・レディ』(1965年)からシングル・カットされた。

背景[編集]

ゴスペルからの影響を反映して作られた曲で、メイフィールド自身は1993年のインタビューにおいて「僕が書いてきた幾つかのゴスペル・ソングは、単にゴスペルとみなされるかもしれないけど、例えば"People Get Ready"のように、僕自身はより神霊感応的な曲と捉えていた」と語っている[4]。メイフィールドはソロ転向後のライヴでも「ピープル・ゲット・レディ」を歌っており、アルバム『ライヴ!』(1971年)には1971年1月のニューヨーク公演の音源が収録された[5]

反響・評価[編集]

アメリカのBillboard Hot 100では14位、『ビルボード』のR&Bシングル・チャートでは3位を記録し[2]、更に、シングルB面に収録された「アイヴ・ビーン・トライング」もR&Bシングル・チャート入りして最高35位を記録[3]。また、シカゴではリリースから間もなく、本作が多数の教会で歌集に加えられた[6]

本作は1998年にグラミーの殿堂英語版入りを果たした[7]。『ローリング・ストーン』誌が選出したオールタイム・グレイテスト・ソング500では24位[6]、『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』誌が選出した「1960年代のベスト・トラック100」では51位にランク・イン[8]

他メディアでの使用例[編集]

カヴァー[編集]

ジェフ・ベック&ロッド・スチュワート[編集]

ピープル・ゲット・レディ
ジェフ・ベック&ロッド・スチュワートシングル
初出アルバム『フラッシュ
B面 バック・オン・ザ・ストリート(1985年盤)
ユー・ノウ、ウィ・ノウ(1985年盤、12インチのみ)
トレイン・ケプト・ア・ローリン(1992年盤)
リリース
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
CDシングル
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウル
時間
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲 カーティス・メイフィールド
プロデュース ジェフ・ベック
チャート最高順位
ミュージックビデオ
「People Get Ready」 - YouTube
テンプレートを表示
ピープル・ゲット・レディ
ロッド・スチュワートシングル
初出アルバム『アンプラグド
B面 ただのジョークさイギリスの旗
リーズン・トゥ・ビリーヴ日本の旗
リリース
規格 7インチ・シングル
CDシングル
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウル
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 カーティス・メイフィールド
プロデュース パトリック・レナード
チャート最高順位
  • 45位(イギリス[16]
ロッド・スチュワート シングル 年表
リーズン・トゥ・ビリーヴ
(1993年)
ピープル・ゲット・レディ
(1993年)
オール・フォー・ラヴ(with ブライアン・アダムススティング
(1993年)
テンプレートを表示

ジェフ・ベックロッド・スチュワートが録音した「ピープル・ゲット・レディ」のカヴァーは、ベックのアルバム『フラッシュ』(1985年)に収録され、シングル・カットされた。カーマイン・アピスベック・ボガート & アピスでベックと共演した後、スチュワートのバンドでも活動)とデュアン・ヒッチングス(スチュワートのバンドのキーボーディスト)がアレンジやレコーディングに協力しており、アピスによれば、ベックのヴァージョンで追加されたギター・リフはヒッチングスのアイディアとのことである[17]。完成されたヴァージョンでは、アピスはドラムマシンのプログラミングを担当し、更にアピスの声のサンプリングがバックグラウンド・ボーカルとして使用されている[17]。1992年には、カップリング曲を「トレイン・ケプト・ア・ローリン」(映画『ツインズ』のサウンドトラックに提供された1988年の録音)に変更したイギリス盤シングルもリリースされ[18]、同年に全英シングルチャートでオリジナル・リリース時を上回る49位を記録した[16]

スチュワートは1993年2月5日、MTVアンプラグドの撮影を行った際に「ピープル・ゲット・レディ」を歌唱した。その模様はMTVでオン・エアされたのに加えて、ライヴ・アルバム『アンプラグド』にも収録され、シングル・カットもされている。スチュワートは更に、ハリケーン・カトリーナの被災者支援を目的としたチャリティ・アルバム『Hurricane Relief: Come Together Now』(2005年)に、ジェリー・ローソン&トーク・オブ・ザ・タウンとコラボレーションした「ピープル・ゲット・レディ」のゴスペル・ヴァージョンを提供した[19]

また、「ピープル・ゲット・レディ」はベックのライヴでも度々演奏され、ライヴ・アルバム『ライヴ・ベック!』(2003年)にはインストゥルメンタル・ヴァージョン[20]、映像作品『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラブ』(2009年)にはジョス・ストーンのボーカルをフィーチャーしたヴァージョンが収録された[21]

その他の主なカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ピープル・ゲット・レディ』日本盤CD(MVCM-22033)ライナーノーツ(鈴木啓志)p.6
  2. ^ a b The Impressions | Awards | AllMusic
  3. ^ a b People Get Ready - The Impressions | AllMusic - Song Review by Ed Hogan
  4. ^ The Impressions, "People Get Ready" | American Songwriter - article by Rick Moore - 2015年1月9日閲覧
  5. ^ Curtis Live - Curtis Mayfield | AllMusic
  6. ^ a b The Impressions, 'People Get Ready' - 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone - 2015年1月9日閲覧
  7. ^ GRAMMY Hall Of Fame | GRAMMY.org - 2015年1月9日閲覧
  8. ^ 100 Best Tracks of the 1960s | #51 The Impressions - People Get Ready | NME.COM - 2015年1月9日閲覧
  9. ^ Get on the Bus (1996) - Soundtracks - IMDb
  10. ^ Glory Road (2006) - Soundtracks - IMDb
  11. ^ swedishcharts.com - Jeff Beck And Rod Stewart - People Get Ready
  12. ^ ultratop.be - Jeff Beck And Rod Stewart - People Get Ready
  13. ^ Jeff Beck And Rod Stewart - People Get Ready - hitparade.ch
  14. ^ charts.org.nz - Jeff Beck And Rod Stewart - People Get Ready
  15. ^ Flash - Jeff Beck | Awards | AllMusic
  16. ^ a b c d ROD STEWART | Official Charts Company - 2015年4月4日閲覧
  17. ^ a b Vanilla Fudge Interview: Carmine Appice - 05/26/97 - Page 3 - 2015年1月9日閲覧
  18. ^ Jeff Beck & Rod Stewart - People Get Ready (Vinyl) at Discogs
  19. ^ Hurricane Relief: Come Together Now - Various Artists | AllMusic - Review by Stephen Thomas Erlewine
  20. ^ Jeff Beck Live: BB King Blues Club & Grill, New York - Jeff Beck | AllMusic - Review by Steve Leggett
  21. ^ Jeff Beck - Performing This Week... Live At Ronnie Scott's (DVD, Album) at Discogs
  22. ^ Everly Brothers - Beat & Soul (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  23. ^ Vanilla Fudge - Vannilla Fudge | AllMusic
  24. ^ First Listen: Bob Dylan, 'The Basement Tapes Complete: The Bootleg Series Vol. 11' : NPR - article by Tom Moon - 2015年1月9日閲覧
  25. ^ Lady Soul - Aretha Franklin | AllMusic - Review by John Bush
  26. ^ Soulful - Dionne Warwick | AllMusic - Review by Joe Viglione
  27. ^ Memphis - Petula Clark | AllMusic - Review by Bruce Eder
  28. ^ Glee Uses Bob Marley Classic To Teach Tolerance - MTV - artile by Aly Semigran - 2015年1月9日閲覧
  29. ^ Higher Plane - Al Green | AllMusic - Review by Jason Elias
  30. ^ Maceo Parker - Roots Revisited (CD, Album) at Discogs
  31. ^ The Meters Jam - The Meters | AllMusic
  32. ^ People Get Ready: A Ttibute to Curtis Mayfield - Various Artists | AllMusic - Review by Steve Leggett
  33. ^ Human Nature - Telling Everybody (CD, Album) at Discogs
  34. ^ australian-charts.com - Human Nature - People Get Ready
  35. ^ Beautiful World - Take 6 | AllMusic
  36. ^ Bring It on Home… The Soul Classics - Aaron Neville | AllMusic - Review by Al Campbell
  37. ^ Soul - Seal | AllMusic - Review by John Bush
  38. ^ ハナレグミ / あいのわ (紙ジャケット仕様) - CDJournal.com - 2015年1月9日閲覧
  39. ^ 綾戸智恵、あらためて自らのルーツに向き合った新作 - CDJournalニュース - 2015年1月9日閲覧