MTVアンプラグド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MTVアンプラグドMTV Unplugged)は、MTVで放送されている音楽番組

概要[編集]

ボン・ジョヴィジョン・ボン・ジョヴィリッチー・サンボラの提案によって企画された、一流アーティストによるアコースティックを基調とするライブ番組。1989年に放送を開始。R.E.M.ニルヴァーナなど、普段のアーティストイメージとは異なる新たな側面の発見や、エリック・クラプトンキッスなど、ベテランのアーティストへの再評価などが好評を博し、一躍MTVの看板番組のひとつとなる。番組本編は、1999年コアーズアラニス・モリセットシャキーラの出演を持って終了。以降は、MTVやアーティストの要望に応じて不定期に企画、放送する形態をとっている。

日本では、1996年CHAGE and ASKAが、アジア人アーティストとして初の出演を果たし、ロンドンで収録を行なった。レギュラー放送に出演したアジア人ミュージシャンは、彼らのみである。2001年には、宇多田ヒカルがMTVジャパン開局記念番組として、同社制作によるアンプラグドに出演。2003年には、平井堅が日本人初の番組発祥の地であるニューヨークで収録を行なった。2005年には、矢井田瞳がMTVジャパン制作のアンプラグドに出演した。2008年には、TOKIOのヴォーカル長瀬智也が出演。布袋寅泰は海外での評価も高く、アジア・テレビジョン・アワード2007音楽番組部門 最優秀賞を受賞した。2016年には水樹奈々がMTVジャパン制作のアンプラグド30作目に出演、この回は4K収録され、MTVだけでなく「スカパー!4K総合」でも放送されることになっている。

エピソード[編集]

  • 1992年エリック・クラプトンの回を収録したアルバムが大ヒットとなり、この番組の知名度を一躍向上させた。
  • 1993年ニルヴァーナの回では、葬儀をイメージしたセットが組まれた。皮肉にも翌年、バンドのリーダーであるカート・コバーンが、自宅で猟銃自殺した。
  • 1995年に、キッスが出演した回では、元メンバーでオリジナル・メンバーであるエース・フレーリーとピーター・クリスがゲスト出演。これをきっかけに、バンドはオリジナル・メンバーで再始動することとなった。
  • 1996年オアシスの出演が予定されていたが、当日にリアム・ギャラガーがドタキャン。そのため、ノエル・ギャラガーが全曲でボーカルを務める異例の事態となった。このため、この回の出演名義は「ノエル・ギャラガー」となっている。ただし、リアム以外のメンバーも演奏に参加している。
  • 2009年、翌年から歌手活動を休止する絢香が、憧れの大阪城ホールでMTV史上最大規模のライブを行い、会場には夫の水嶋ヒロが見守っていた。
  • 2012年JUJUがアメリカのMTVからオファーを受け、タイムズスクエアMTVスタジオで、アジア人女性アーティスト初のライブを行った。この模様は、同時にブロードウェイにある複数のスクリーンに流された。

アンプラグドに出演した主なアーティスト[編集]

※…後にライブがCD、またはDVD化されたアーティスト。その他の公演も「Best of MTV Unplugged」など、オムニバス形式でCD音源化されているものがある。

など

MTVジャパン制作[編集]