この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

Salyu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Salyu
生誕 1980年10月13日(35歳)
出身地 日本の旗 神奈川県横浜市港北区
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2000年 -
レーベル トイズファクトリー2004年 - )
事務所 烏龍舎
共同作業者 Lily Chou-Chou
小林武史2000年 - )
渡辺善太郎(2007年)
国府達矢(2007年 - )
CORNELIUS(2011年 - )
公式サイト http://www.salyu.jp/
JILL (PERSONZ)、ビョーク

Salyu(サリュ、サリュウ[1]1980年10月13日 - )は、日本の女性歌手ボーカリスト神奈川県横浜市港北区出身。トイズファクトリー烏龍舎所属。血液型O型。学歴は非公開だが、マクロビオティック系の料理学校に通っていたことを公言している[2]。兄は元ラグビー日本代表選手。

アーティストネームのSalyuはフランス語の「Salut」(乾杯の意、親しい間柄の挨拶の意)に由来している。命名は小林武史による[3]

プロ活動は17歳(1997年)より開始。メジャー活動はLily Chou-Chouのボーカル(2000-2001年、2010年-)、Salyuソロデビュー(2004年-)となっている。2011年1月19日にはソロプロジェクト「salyu × salyu」(サリュ バイ サリュ)を開始。

概要

略歴

幼い頃からピアノを習っていたのが音楽に関わるきっかけ[4][5]。歌い始めたきっかけは、小学生の頃に風邪をこじらせ肺炎になって入院した時に「体力をつけるために水泳か歌をしたらいい」と医師に勧められたことから。退院後、クラウン少女合唱団に所属し[6]童謡近代音楽賛美歌などを歌う。

1998年、高校生の頃、友人のバンドのライブに触発され歌手になることを決意。雑誌のオーディションを何度も受ける。秋元康のあるオーディションを受けた事もあった[7][8]。その中で、Sony MusicのSDオーディションを受け[9]、また同時期、同社の歌手養成機関に通い始め、音楽のスキルを身につける[10]。この時資料用に作成したビデオが音楽プロデューサー小林武史の目に留まり、小林プロデュースのもとデビューすることが決定する。当時、小林武史と、映画監督であり作家岩井俊二が『リリイ・シュシュのすべて』のプロジェクトを企画していたため、彼らとともに、Lily Chou-Chouとしての活動を開始する。Lily Chou-Chou名義の活動はそちらの項を参照。Lily Chou-Chouとしての活動終了後は、学校に通いながら、スターパインズカフェなど東京都内のライブハウスを中心に音楽活動をする[11]

2004年4月21日RIP SLYMEILMARIと共にIlmari×Salyuとしてシングル「VALON」を発表。2ヵ月後の6月23日には、シングル「VALON-1」でトイズファクトリーよりソロで再デビュー。同年は他1枚のシングルを発表する。

2005年6月15日にソロとしては初のアルバムlandmark』を発表。同年は他3枚のシングルを発表する他、ROCK IN JAPAN FESTIVALap bank fes'05を始め、数々の音楽フェスティバルに精力的に参加する。また、前年に発表した楽曲「Dialogue (ダイアローグ)」のPVが『SPACE SHOWER Music Video Awards 05』のBEST NEW ARTIST VIDEOを受賞するなど、映像の面においても注目が集まった。

2006年4月5日作詞一青窈を迎えたシングル「Tower」を発表。7月19日には、Bank Band with Salyuとしてシングル「to U」が発表され、各テレビ番組や雑誌に取り上げられた。以降、シングル「name」「プラットホーム」はオリコンチャートのトップ20以内にランクインし、「プラットホーム」は自身のシングル作品として最大の売上を記録する。同年は前年に引き続き、ap bank fes'06やCOUNTDOWN JAPAN 06/07等、様々なライブイベントにも出演した。

2007年1月17日に2枚目のアルバム『TERMINAL』を発表。同アルバムは2007年1月29日付のウィークリーチャートでは初登場2位と、全作品中自己最高を記録し、2007年2月には自身初のゴールドディスク認定(日本レコード協会)を受けた。 この年は、これまでの小林武史プロデュースから離れ、渡辺善太郎プロデュースの下でシングル2枚と初のPV集DVDを発表する。

2008年7月23日WISEのシングル「Mirror feat. Salyu」にフィーチャリングボーカルとして参加。11月26日には初のベスト・アルバムMerkmal』を発表。

2009年、ベスト・アルバム『Merkmal』の発売記念として行われる全国ツアー『Salyu Tour 2009 Merkmal』の2月10日の初日公演で、自身初の日本武道館公演を行う。2月11日には、再び小林武史とタッグを組んだ初の両A面シングルコルテオ 〜行列〜/HALFWAY」を発表。自身初のオリコントップ10入りを記録する。

2010年3月10日リリースのシングル「新しいYES」は、ビルボード2010年3月22日付"Adult Contemporary Airplay"1位となる。2010年3月24日には3枚目のアルバム『MAIDEN VOYAGE』を発売し、週間初登場順位7位を記録するとともに、全国ツアー『Salyu Tour 2010 MAIDEN VOYAGE』を公演。最終日となる5月15日の人見記念講堂での追加公演トリで、LIFE (ライフ)を発表する。さらに秋には同年2度目の全国ツアー『Salyu Combo Tour 2010 following navigation』を公演。2010年11月5日の同ツアー初日となる札幌公演の終了後、突如、Lily Chou-Chouとしての新曲発表と活動再開が告知された[12]。Salyuの公式Webサイトのトップページも一時期ジャックされていた(詳細はLily Chou-Chouの項目を参照)。2011年7月13日には「青空/magic」をリリース。楽曲提供する桜井和寿とは「to U」以来のタッグとなる。

salyu × salyu

2011年1月19日、ソロプロジェクト「salyu × salyu」(サリュ バイ サリュ)の活動開始を発表した。[13][14]

Salyuボーカルの多重録音をコンセプトとしたソロプロジェクトであり、2011年4月13日にコーネリアスとのコラボレーションアルバム『s(o)un(d)beams』をリリース。[15]同年4月21日より全国ツアー(6ヶ所)『salyu × salyu tour s(o)un(d)beames』を開催。「s(o)un(d)beames」のライブパフォーマンスでは一部の曲で鍵盤ハーモニカをSalyuが演奏することがあった[16]

2012年6月14日~16日にバルセロナで開催された「Sonar 2012」 (en) Sonar fes、2012年6月15日にはロンドンの「JAZZ CAFÉ LONDON」[1]にて、Conrlius presents salyu x salyuとして出公演した。

活動

小林武史プロデュースのもとではボーカリストとしての活動を貫いており、作詞、作曲ないし編曲の工程に携わることは少なかった。

初めて作詞に関わった楽曲は「体温」(Lily Chou-Chou時代から存在し、後にシングル「彗星」カップリング収録曲として発表された)で、小林と共に歌詞を書いた。発表順では「Dialogue (ダイアローグ)」が初の、小林との共同作詞となる。

2007年にアルバム『TERMINAL』収録曲として発表された「I BELIEVE」で初めて自身が単独で作詞を手掛けて以降、次のシングル「LIBERTY」、「iris 〜しあわせの箱〜」でも、タイトル・カップリング共にほぼ単独作詞となるなど、作詞に関わる事が多くなった。

小林プロデュースで作曲の工程に携わることは一度もないが、シングル『EXTENSION』のカップリング『アイ(I)』で国府達矢と共作で作曲にも携わるようになっている。アルバム『MAIDEN VOYAGE』でも2曲ほど共作で作曲をしている。

自身の作品のみならず、他アーティストの作品にも数々参加している。(ゲストボーカルの章参照)また公式にはクレジットされていないが、GAKU-MC / 桜井和寿 (Mr.Children)のコラボレートシングル「手を出すな!」(2006年)でもコーラスを担当している[17]ことが小林武史によって明かされている[要出典]

歌手活動だけでなく、2007年にはニンテンドーDS用ゲームソフト『レイトン教授と悪魔の箱』では声優も務めている。

評価

歌声に関しては様々な評価を受けている。小林武史は「天に向かい地に響く声」「稀有な才能の持ち主」[18]「もっと全国区、ある意味世界区になっていい人」[19]Superflyの越智志帆は「強く記憶の中に残る歌声」[20]BEAT CRUSADERSのカトウタロウは「母なる大地のような包容力のある声」[21]スキマスイッチ大橋卓弥は「唯一無二」[21]小谷美紗子は「素直な歌い方」[22]、くるりの岸田繁は「天にも昇るかのような歌声」[23]とそれぞれ評した。特にカトウは歌声を「例えるなら日本のビョーク[21]と例えた。桜井和寿は「圧倒的」「本物ってすごいなぁと思った」[24]と評価し、「いいなぁその声」[20]と言った。

また、楽曲またはアーティストとしての世界観に関しては、一青窈は「絵画みたいだ」[20]、岩井俊二は「素晴らしい音色の楽器に思えた」[20]とそれぞれ評した。木村カエラにおいてはライブを観た感想を「すごいキレイな景色を見た時の様な感動に似ている」[20]と述べている。LOST IN TIMEの海北大輔は、マキシマムザホルモンのダイスケはんとの対談において、アルバム『landmark』を引き合いに出した[25]

楽曲単体に関しては、大塚愛[26]中村中[27] 女優北乃きい[28]が、また、音楽以外の人柄の部分に関しても、風味堂の渡和久[21]マキシマムザホルモンのナヲ[21]LAST ALLIANCEのMATSUMURA、[29]Aqua Timezの太志[26]が論評を寄せている。

その他

  • ファーストライブツアー初日の打ち上げで飲み過ぎ、はしゃぎすぎて走りまわってる最中に足部を骨折。[30]ツアー2日目以降、足を吊るしたままライブ続行。[31][32]
  • かなりの酒好きで、酔った本人と仲良く飲んでいる親友達のレポートが散見される。ただし、本人は酒には強くないとの弁である。[33]
  • 2010年某月、洗顔の泡を誤って深呼吸して吸い込み、1時間自宅でむせて2時間遅刻した。[34]
  • Twitterを始めるがすぐ忘れ、1ヶ月後にMUSICA初代編集長・鹿野淳との対談時に思い出した[35]。なお、salyu×salyuのプロモーションではtwitterを活用している。

ディスコグラフィ

詳細は各作品の項目を参照のこと。なお、ここではSalyu、salyu × salyu名義の作品を記載するものとし、Lily Chou-Chou名義の作品は同項目を参照のこと。

シングル

発売日 タイトル 備考
1st 2004年6月23日 VALON-1 CD EXTRA
2nd 2004年10月27日 Dialogue (ダイアローグ) HDCD、CD EXTRA
3rd 2005年3月24日 Peaty HDCD
4th 2005年5月11日 彗星 HDCD
5th 2005年10月26日 風に乗る船 HDCD、CD EXTRA
6th 2006年4月5日 Tower
7th 2006年9月6日 name
8th 2006年11月1日 プラットホーム
9th 2007年10月17日 LIBERTY
10th 2007年11月28日 iris 〜しあわせの箱〜
11th 2009年2月11日 コルテオ 〜行列〜/HALFWAY
12th 2009年8月19日 EXTENSION
13th 2010年3月10日 新しいYES
14th 2010年8月25日 LIFE
15th 2011年7月13日 青空/magic
16th 2012年2月1日 Lighthouse
17th 2014年2月26日 アイニユケル/ライン

salyu × salyu名義タイトル

- 発売日 タイトル 備考
2011年8月10日 話したいあなたと 配信・通販・ライヴ会場限定
2013年1月23日 カラーマジック コーネリアス『NHK「デザインあ」』に収録
2013年11月27日 じぶんがいない 攻殻機動隊 ARISE O.S.T』に収録
2014年12月03日 アホイ! 『Why not clammbon!?〜クラムボン・トリビュート』に収録
2015年8月19日 Hammond Song
May You Always
CorneliusConstellations Of Music』収録

オリジナルアルバム

発売日 タイトル
1st 2005年6月15日 landmark
2nd 2007年1月17日 TERMINAL
3rd 2010年3月24日 MAIDEN VOYAGE
4th 2012年2月15日 photogenic
5th 2015年4月22日 Android & Human Being

コンセプトアルバム

発売日 タイトル 備考
1st 2011年4月13日[15] s(o)un(d)beams salyu × salyu名義

ベストアルバム

発売日 タイトル
1st 2008年11月26日 Merkmal

その他の盤

特別販売CD
  • 「Bootleg 2010.6.17 at Billboard live TOKYO」
    「Salyu Combo Tour 2010 following navigation」ツアー限定商品。各ライブ会場および特設のオンラインショップ限定発売。
  • 「Bootleg 2013.2.22 at OORONG STUDIO TOKYO」
    特設のオンラインショップ限定発売。

コラボレーション・その他

Salyu feat. Yuka Honda & Sean Lennon
Ilmari×Salyu
  • 「VALON」(2004年4月21日
    CD-EXTRA仕様(「VALON」ビデオクリップ収録)
Bank Band with Salyu
  • to U」(2006年7月19日
    TBS系『筑紫哲也 NEWS23』のテーマソングに採用された。放映分では、Salyuのスキャットオンリーのインストゥルメンタルバージョン、ピアノバージョンなどが存在する。詳細はto U参照。なお、Salyuによるソロバージョン「to U (Salyu version)」が、『TERMINAL』、『Merkmal』に収録されている。
WISE[36]
  • 「Mirror feat. Salyu」(2008年7月23日
    初回盤DVD付(「Mirror feat. Salyu」ビデオクリップ収録)
BRADBERRY ORCHESTRA
スペシャルユニット「キャタピラー」(小林武史一青窈、Salyu、GAKU-MC、登坂兄弟、若旦那
Miss Monday
  • 「Life is beautiful feat. キヨサク from MONGOL800, Salyu, SHOCK EYE from 湘南乃風」(2010年6月23日
Salyu× 小林武史
その他のゲストボーカル、コーラス参加
  • 国府達矢 - 「うた」(2003年12月3日アルバム『ロック転生』収録曲)
  • Mr.Children
    • 」(2001年8月22日シングル『優しい歌』収録曲)
    • 「Wake me up!」「ポケット カスタネット」「SUNRISE」「通り雨」(2007年アルバム『HOME 』収録曲)
    • 映画『Mr.Children / Split The Difference』内楽曲で「虜」(2010年9月4日)
  • くるり - 「WIEN 5」(2007年7月25日シングル『言葉はさんかく こころは四角』収録曲)
  • 七尾旅人 - 「検索少年」、「one voice (もしもわたしが声を出せたら)」(2010年7月7日アルバム『billion voices』収録曲)
  • レキシ - 「武士ワンダーランド」(『レキミ』収録曲)
  • 「together tonight」(『佐藤タイジ presents A 100% SOLARS』収録曲) 
  • JAPAN UNITED with MUSIC - 『All You Need Is Love
  • L.E.D. - 「空水になる」(『in motion』収録曲) 
  • 細野晴臣 - 「I Love How You Love Me」(『Heavenly Music』収録曲) 
  • SALU - 「All I Want feat. Salyu」(アルバム『Good Morning』収録曲、2016年4月20日)[37]

DVD

ライブ

Salyu 主要バンドメンバー(2008年頃~2010年)
あらきゆうこ(Drs)、キタダマキ(B)、名越由貴夫(G)、Sunny(key)、清水ひろたか(G)、ロバン・デュプイ(Vc)、ヤマグチヒロコ(Chor)
salyu x salyu 主要ライブメンバー
ヤマグチヒロコ・山崎恵利子・木村圭見(以上Chor、Salyuを加えた4人で"salyu x salyu sisters")、小山田圭吾(G)、ASA-CHANG(Drs)、大野由美子(B、key)

ツアーは太字で示す。

2005年
FIRST SOLO LIVE(6月17日)※渋谷CLUB QUATTRO
CROSS FM presents「LAFORET MUSIC GRAFFITI」(6月19日)
AFTERNOON MUSE presents Salyu SPECIAL SALON LIVE(6月27日)
FM NORTH WAVE Dialogue presents Salyu Acoustic Live(7月2日)
Salyu First Tour 「landmark」(10月1日~10月13日)
Salyu SPECIAL LIVE “another landmark”(12月3日)
2006年
Salyu Acoustic Tour 2006 “close to you”(2月22日~4月2日)
追加公演(4月20日~4月23日)
Salyu'06 沖縄Acoustic Live(2月24日)
2007年
Salyu Tour 2007 TERMINAL(2月2日~2月26日)
追加公演(2月27日)
2008年
「my whereabouts」(9月17日)
2009年
Salyu Tour 2009 Merkmal(2月10日~4月19日)
追加公演(4月24日)
Hearty Christmas in Omotesando Hills 2009 点灯式ライブ(11月12日)
2010年
Salyu Tour 2010 MAIDEN VOYAGE(4月10日~5月13日)
追加公演(5月15日)
Salyu Billboard Live(6月16日~6月17日)
Salyu Combo Tour 2010 following navigation(11月5日~11月28日)
形態 タイトル 公演規模・会場
2011年 ツアー salyu × salyu tour s(o)un(d)beames
単発ライブ MTV Unplugged Salyu
対バンライブ salyu×salyu -話したいあなたと-
単発ライブ salyu×salyu s(o)un(d)beams+
単発ライブ a brand new concert issue "m i n i m a" -ミニマ- Salyu×小林武史
2012年 単発ライブ salyu x salyu + Salyu Release Live
ツアー Salyu Tour 2012 photogenic

タイアップ

発表年 曲名 タイアップ 収録作品
2004年 Dialogue (ダイアローグ) テレビ東京JAPAN COUNTDOWN』2004年11月度エンディングテーマ 「Dialogue (ダイアローグ)」
landmark
2005年 風に乗る船 テレビ朝日ブレスト〜女子高生、10億円の賭け!』主題歌 「風に乗る船」
TERMINAL
Merkmal
2005年 Dramatic Irony SANYOW32SA』CMソング 『landmark』
『Merkmal』
2005年 landmark / 彗星 ◆映画『人魚姫と王子』挿入歌 「彗星」
『landmark』
『Merkmal』
2006年 Tower チョーヤ梅酒「ウメッシュ」CMソング 「Tower」
『TERMINAL』
Merkmal
2006年 プラットホーム ◆映画『地下鉄(メトロ)に乗って』主題歌 「プラットホーム」
『TERMINAL』
『Merkmal』
2007年 iris 〜しあわせの箱〜 ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と悪魔の箱」テーマ曲 「iris 〜しあわせの箱〜」
MAIDEN VOYAGE
2009年 コルテオ 〜行列〜 シルク・ドゥ・ソレイユ第8弾公演「ダイハツ コルテオ」イメージソング コルテオ 〜行列〜/HALFWAY
『MAIDEN VOYAGE』
2009年 HALFWAY ◆映画『ハルフウェイ』主題歌 「コルテオ 〜行列〜/HALFWAY」
『MAIDEN VOYAGE』
2010年 新しいYES TOYOTA ハイブリッド・セダン”SAI”CMソング 「新しいYES」
『MAIDEN VOYAGE』
2010年 夜の海に遠い出会いに ◆映画『BANDAGE』挿入曲 「プラットホーム」
『TERMINAL』
『Merkmal』
2010年 VOYAGE CALL iida broadcast powered by MTV 『MAIDEN VOYAGE』
2010年 Cure The World J-WAVEJam the WORLD」エンディング曲 「LIFE」
2010年 magic フジテレビめざにゅ〜」テーマソング(2010年10月14日~2011年3月) 「青空/magic」
photogenic
2011年 話したいあなたと iida INFOBAR
2012年 旅人 テレビ東京系列/BSジャパンワールドビジネスサテライト」エンディング曲(2012年4月~9月) 『photogenic』
2013年 ライン ◆映画『ゆるせない、逢いたい』主題歌 「ライン」
2014年 アイニユケル ◆映画『家路』主題歌 「アイニユケル/ライン」
Android & Human Being
2015年 青空 ◆映画『ちえりとチェリー』主題歌 「青空/magic」
『photogenic』

出演

テレビ

音楽番組への出演は除く。

CM

ラジオ (レギュラー)

雑誌 (レギュラー)

  • MUSICA - 「Salyuの手の内でよければ」連載(終了)

ゲームソフト

その他

  • エトヴァス・ボネゲ 「デザイナーとミューズ展」写真モデル  (2010年9月)[38]
  • 森ガールvalon vol.1/vol.2 (タツミムック)

ミュージックビデオ

監督 曲名
大喜多正毅 トビラ」「LIBERTY」「iris 〜しあわせの箱〜」「青空
児玉裕一 EXTENSION
小林武史 新しいYES」(森千裕と共作)「アイニユケル
田向潤 camera
丹下紘希 VALON-1」「Dialogue (ダイアローグ)」「Peaty」「彗星」「name」「プラットホーム
辻川幸一郎 ただのともだち」「Sailing Days」「話したいあなたと」「じぶんがいない」(Salyu×Salyu)
永戸鉄也 THE RAIN
袴田晃司 「Dramatic Irony」
番場秀一 Tower」「I BELIEVE
平野文子 コルテオ 〜行列〜」「LIFE」「Lighthouse
武藤真志 風に乗る船
不明 続きを」(Salyu×Salyu)

出典・脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 発音はサリュのほか、サリュー、サリュウも聞かれる。表記はサリュが多く、本人も「さりゅ」と署名する(公式サイト "From Salyu" など)が、一時期は「サリュウ」と表記していた(excite blogなど)。
  2. ^ 総力特集 Vol.5 Salyu 徹底解剖”. excite MUSIC. 2009年2月15日閲覧。
  3. ^ http://fr.blouinartinfo.com/node/857037
  4. ^ TOKYO FM|ASAHI SUPERDRY MUSIC FLAG”. TOKYO FM (2008年11月23日). 2009年2月10日閲覧。
  5. ^ Salyu (2005年11月10日). “051110”. salyu.jp. 2009年2月15日閲覧。
  6. ^ Salyu (2005年12月24日). “051224”. salyu.jp. 2009年2月15日閲覧。 また、"salyu x salyu sisters"の山崎恵利子・木村圭見も同団に所属した。
  7. ^ 僕らの音楽 Salyu×秋元康 2007年放送
  8. ^ https://plus.google.com/u/0/113474433041552257864/posts/fukLcyCKY1f
  9. ^ Sony Music Online Japan : Audition”. Sony Music Online Japan. 2009年2月10日閲覧。(出身者の2000年の部分にLily Chou-Chouの記述が確認できる)。
  10. ^ 梶原有紀子 (2005年6月15日). “Salyu、1stアルバム・リリース記念インタビュー / BARKS 特集”. BARKS. 2009年2月10日閲覧。
  11. ^ in the city TOKYO 2003「あいのうた」 SHBUYA-AX
  12. ^ リリイ・シュシュが9年ぶり復活、12月に新曲&ライブ - ナタリー 2010年11月6日
  13. ^ Salyu新作はCORNELIUSプロデュース、作詞に坂本慎太郎ら - ナタリー 2011年1月19日
  14. ^ Salyuの新作はコーネリアスがプロデュース! 坂本慎太郎や七尾旅人ら参加 - TOWER RECORDS MUSIC NEWS 2011年1月19日
  15. ^ a b トイズファクトリーより「s(o)un(d)beams」リリース延期を発表し、新しいリリース日は2011年4月13日に決定。(元々は3月23日にリリースする予定だった。)
  16. ^ 本人はピアノを弾けると公言している。
  17. ^ ap bank'06 のライブではSalyu、一青窈ともにコーラスを担当している
  18. ^ 日本テレビズームイン!!SUPER』「エンタ太鼓判」、2005年6月21日。
  19. ^ 「Salyuとミーティング」 - メッセージ フロム 小林武史 2010.08.04 01:25
  20. ^ a b c d e ベスト・アルバム『Merkmal』販売促進用フライヤー記載コメント。
  21. ^ a b c d e 総力特集 Vol.5 Salyu Salyuな人々”. excite MUSIC. 2009年2月12日閲覧。
  22. ^ 小谷美紗子 (2006年9月7日). “odani misako official web / diary リキッドルーム晴れ”. HIP LAND MUSIC CORPORATION. 2009年4月6日閲覧。
  23. ^ 岸田繁 (2006年8月5日). “くるり on WEB 岸田日記 2006年8月5日(土)”. quruli.net. 2009年4月28日閲覧。
  24. ^ 『SWITCH』VOL.23 NO.9、スイッチ・パブリッシング、2005年8月20日。
  25. ^ 「ダイスケはん(マキシマム ザ ホルモン)×海北大輔(LOST IN TIME)の名盤対決」『STREET ROCK FILE Vol.18』、宝島社、2005年6月18日。
  26. ^ a b 特集『Salyu』|エキサイトミュージック(音楽) Salyuへゆかりのある著名人からメッセージ”. excite MUSIC. 2009年2月12日閲覧。
  27. ^ 中村中 (2007年9月19日). “BLOG|恋愛中毒 中村 中 Official Website 色々ありました。”. avex marketing. 2009年6月16日閲覧。
  28. ^ Message to HALFWAY”. TOY'S FACTORY. 2009年2月13日閲覧。
  29. ^ 荒金良介「LAST ALLIANCEに15の質問」『DVD INDIES ROCK MAGAZINE』、たかだ書房、2006年12月22日。
  30. ^ 公式サイト "From Salyu"
  31. ^ 音楽ば〜か 」2010年8月放送
  32. ^ /69475970809212928 2011年5月15日3時56分に投稿したTwitterの記録。
  33. ^ /69458859537866752 2011年5月15日2時47分に投稿したTwitterの記録。
  34. ^ 新しい旅立ちを果たしたSalyuへのはなむけの歌 - excite MUSIC 2010年8月24日
  35. ^ /17537417435160576 2010年12月22日20時10分に投稿したTwitterの記録。
  36. ^ 公式サイトでは「WISE×Salyu」名義として紹介
  37. ^ SALUニューアルバムにSalyu、中島美嘉、水カンKenmochiら参加” (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  38. ^ エトヴァス・ボネゲが、Salyuのツアー衣装をトータルプロデュース - FASHION PRESS 2010年11月9日

外部リンク