桜井和寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜井和寿
出生名 櫻井 和寿
別名 櫻井 和寿[1]
生誕 (1970-03-08) 1970年3月8日(48歳)
出身地 日本の旗 日本東京都練馬区
ジャンル ポップ・ロック
プログレッシブ・ロック
フォークロック
J-POP
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
ブルースハープ
ハーモニカ
ベース
ドラムス
ピアノ
キーボード
シンセサイザー
シタール
タンバリン
ホイッスル
活動期間 1987年 -
レーベル トイズファクトリー
事務所 エンジン
カズプロダクション
共同作業者 Mr.Children
小林武史
Bank Band
Reborn-Art Session
ウカスカジー
Salyu
GAKU-MC
公式サイト Mr.Children official site
浜田省吾
甲斐バンド
桑田佳祐
長渕剛など

桜井 和寿(さくらい かずとし、1970年3月8日 - )は、日本のミュージシャンシンガーソングライターロックバンドMr.Childrenボーカリストギタリスト。本名は櫻井 和寿(読みは同じ)。

東京都練馬区出身。アマチュア時代から一貫してMr.Childrenの楽曲のほぼ全ての作詞作曲を手掛けている。 Bank Band2017年からはコンセプトを変更した「Reborn-Art Session」名義としても活動。)のボーカル・ギター、ウカスカジーのボーカルとしても活動している。

来歴[編集]

1985年
1987年
1989年
  • 1月1日、バンド名を「Mr.Children」に改名。
1992年
1993年
  • 4月2日、テレビ神奈川|tvk『Mutoma World Friday』のVJとして久保田洋司加藤いづみと共にレギュラー出演(12月31日まで)。毎週金曜日16時45分から「横浜みなとみらい21スタジオ」より生放送。
  • 10月2日、AIR-G'「FM ROCK KIDS」のレギュラー・パーソナリティを務める(12月25日まで)。毎週土曜日26:00 - 27:55放送。
1994年
  • トイズファクトリーの元社員と結婚[3]。当時は必要がないと判断されて発表されていなかったが、数ヶ月後に公式に発表された。
  • 4月10日、FM802「MISIC GUMBO Sunday」のDJを担当(1995年12月10日まで)。隔週日曜夜10時、KANと交替で担当。
1997年
2000年
  • 5月、前妻と離婚[3][4]
  • 6月、不倫関係にあった吉野美佳と再婚[3][4]
2001年
2002年
  • 7月23日、小脳梗塞により入院加療中と報道され、約半年の間ライブツアーを含めた音楽活動を全て休止。
  • 12月21日、病気療養から復帰、音楽活動を再開し、一夜限りのライブ「TOUR 2002 DEAR WONDERFUL WORLD IT'S A WONDERFUL WORLD ON DEC 21」を成功させる。
2003年
2004年
  • 1月、ap bankの活動の一環として「Bank Band」を結成。
2005年
2006年
  • 5月31日、GAKU-MCとのコラボレーションシングル「手を出すな!」発売。
  • 11月、RED RIBBON LIVE 2006スピリチュアルソング「生まれ来る子供たちのために」に参加。ライブに先駆けてラジオやYahoo! JAPANの特設サイトで楽曲が配信された。
2007年
  • 9月12日、三宅伸治のトリビュート・アルバム『つづく』の3曲目「君が降りてきた夏」にボーカル参加[5]
2014年
2016年
2017年

ギター[編集]

アコースティックギター[編集]

  • Gibson J-180
  • Gibson J-200
  • Gibson J-45
  • Martin D-45
  • Martin D-28
  • YAMAHA LJ66 CUSTOM
  • Fender kingman
  • Larrivee L-10 MUSHA LADY
  • Versoul Buxom 6 Jumbo "Gold Label" Blue Custom

エレキギター[編集]

  • Fender Telecaster
  • Fender Stratocaster Eric Claptonモデル
  • Fender Japan Jazzmaster J.mascisモデル
  • Fender Japan TL-69 ブルーフラワー
  • G&L Asat special John Jorgensonモデル
  • Freedom RED PEPPER
  • Gibson ES-335 Diamond
  • Gibson ES-330
  • Gibson Les Paul jr DC
  • Gibson Les Paul Standard 黒、赤
  • Gibson Les Paul Custom タバコサンバースト
  • Gibson Les Paul Deluxe レッドスパークル
  • Gibson Les Paul Studio
  • Gibson FirebirdⅤ Nonreverse inverness green
  • Guitars・R・US Telecaster Type ブルーフラワー
  • Guitars・R・US Telecaster オールローズ
  • K&T Teagur
  • Crews Maniac Sound VINTAGE LINE ST-63
  • Crews Maniac Sound OSA-60Bg
  • Gretsch White Falcon
  • James Tyler
  • Versoul HENRY MODEL
  • Seymour Duncan Telecaster バタースコッチブロンド 50sタイプ
  • Sugi DS496

アンプ[編集]

  • Fender Twin Reverb
  • Vox AC-30
  • Bedrock bc-50
  • PETERSON P100G
  • Johnson JM150
  • KOCH モデル不明

音楽観[編集]

自身にとって音楽は「宗教みたいなもの」であるといい、反戦などのメッセージ性を込めた楽曲も制作されているが[6]、自身がMCなどでそうしたメッセージを表明をする事には「信頼されているのは音楽であってそれを歌う歌手ではない」という理由で否定的である[7]

影響を受けたミュージシャンは浜田省吾甲斐バンドサザンオールスターズ岡村靖幸ECHOESユニコーン長渕剛尾崎豊玉置浩二など。2010年6月26日に放送された「佐野元春のザ・ソングライターズ」(NHK教育)へのゲスト出演時には、浜田省吾甲斐バンドを挙げた。中でも浜田への憧れは相当なもので、子供の頃からコンサートに通って部屋にスポットライトを作って真似をしたエピソードを紹介したり、浜田との対談で「世界でいちばん浜田さんの物真似が上手いミュージシャン」を自称したり、ap bank fes '05でゲスト出演した浜田を"僕が中学の時から憧れてた人です"と紹介したりした[8]サザンオールスターズ桑田佳祐)に関しては、「サビへの盛り上げ方は桑田さんから」と、音楽性に多大な影響を受けたことを公言している[9]。ECHOESに関しては初期の曲をほとんどコピーし、THE WALLS時代の楽曲はその影響を色濃く受けている。ユニコーンはアマチュア時代に出たオーディションのゲストで観て「ユニコーンの"華"を自分なりに研究した」「アレンジ面で大きな影響を受けた」などと話している[10][11][12]

BUMP OF CHICKENスガシカオは熱心に聴いたり歌ったりするほど好きで[13]、特に(レーベルメイトでもある)BUMP OF CHICKENに関しては「メンバーに入りたいくらい好き[14]」「人生で最も好きになったバンド」などと発言しているほか、2000年代の自らを最も象徴する曲として「ロストマン」を挙げ、「いっつも、ことあるごとに歌ってる」と告白している[15]。他方、桜井本人との共演も多いスガシカオとは異なり、自身が楽曲をカヴァーすることに関しては「彼ら自身が演奏しないと意味を持たないし、説得力がなくなる」と否定的[16]に語っていた(その後、2016年のステージで「ロストマン」をカバーしている)。スガシカオとは2002年ミュージックステーション出演時に出会ったことを機に、公私共に親しくなった[17]。「ファスナー」はスガの作風を意識して作曲されており、スガのアルバム内にも共演したものが収録されている。

人生で聴いた音楽の傑作の一つにthe pillowsの「ストレンジカメレオン」を挙げており、Mr.ChildrenやBank Bandで同曲をカバーしている。なお、the pillowsとの親交もバンドを通じて深い。

参加・提供作品[編集]

発売日 タイトル アーティスト名 備考 規格
1994年4月1日 女神 (エロス) 藤井フミヤ 「女神 (エロス)」を作曲。 CD
1995年11月1日 12月のメリーゴーランド 寺岡呼人 「12月のメリーゴーランド」を寺岡呼人と共に作曲。 CD
1996年2月21日 これが僕の愉快なヒューマンライフ 寺岡呼人 「これが僕の愉快なヒューマンライフ」を作詞。 CD
2001年4月25日 ZERO LANDMINE N.M.L. 「ZERO LANDMINE」にボーカルで参加。 CD
2001年11月28日 Bless you, Thank you SUNNY 「Bless you, Thank you」を作詞。 CD
2001年12月14日 Mother Acid Test 田原健一・小林武史らとのユニットでジョン・レノンの「Mother」をカバー。 MUSIC DELI
2002年2月16日 はじめの一歩 SUNNY 「はじめの一歩」をSUNNYと共に作詞。 CD
2003年11月17日 競走(はし)る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ 寺岡呼人 「競走(はし)る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ」を作詞。 CD
2006年5月31日 手を出すな! GAKU-MC / 桜井和寿 (Mr.Children) GAKU-MCとのコラボレーション。 CD
2007年7月11日 ミュージック Golden Circle featuring 寺岡呼人・松任谷由実ゆず 「ミュージック」を松任谷由実・寺岡呼人・ゆずと共に作詞。 CD
2007年9月12日 つづく 三宅伸治 「君が降りてきた夏」にボーカルで参加。 CD
2007年11月28日 RED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜 AIDS チャリティ Project 「RED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜」を小田和正RYO若旦那と共に作詞。 CD
2010年10月20日 Golden Circle Golden Circle of Friends 「フォーエバーヤング」を寺岡呼人と共に作詞。 CD
2011年7月13日 青空/magic Salyu 「青空」を作詞・作曲。 CD
2014年4月9日 バトン 寺岡呼人 「バトン」を寺岡呼人と共に作詞。 CD
2014年7月15日 忘れられぬミュージック ゆず/ももいろクローバーZback number大原櫻子 & 松任谷由実 「忘れられぬミュージック」を松任谷由実・寺岡呼人・ゆずと共に作詞。 配信
2014年12月10日 SONGS FOR THE STARLIGHT TRICERATOPS TRICERATOPSとのユニットQuattro Formaggiによる楽曲「STAND BY ME」を収録。 CD
2016年2月3日 6×9=53 KAN 「安息」を作詞。 CD
2017年12月20日 「ソングライター」三宅伸治トリビュートアルバム Various Artists 「ソングライター」をカバー。 CD

関連項目[編集]

出典・参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ <ap bank fes>2018年はつま恋で開催。第一弾にBank Band、Mr.Children”. BARKS (2018年4月13日). 2018年4月19日閲覧。
  2. ^ 『LIVE TOMATO』TVK、1993年2月25日
  3. ^ a b c d 古賀サチ子/清談社 (2016年2月19日). “なぜミュージシャンは売れると妻をポイ捨て&不倫?ゲス極、ミスチル、GLAY…”. business journal. http://biz-journal.jp/2016/02/post_13901.html 2016年6月9日閲覧。 
  4. ^ a b c messy (2016年5月13日). “ベッキー&ゲス極は最悪の結果も…GLAY・TERU&PUFFY・亜美、略奪愛から理想の夫婦に?”. excite ニュース. http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0518/mes_160518_5998570146.html 2016年6月9日閲覧。 
  5. ^ つづく [CD+DVD]/三宅伸治 | 三宅伸治 公式WEBサイト
  6. ^ Mr.Childrenの桜井和寿が政治的発言をしない理由 excite.ニュース
  7. ^ Mr.Childrenの桜井和寿が政治的発言をしない理由 excite.ニュース
  8. ^ 田家秀樹『J-POP列伝 音楽の中に君がいる』、シンコーミュージック、2009年、107-108頁
  9. ^ 『WHAT's IN?』ソニー・マガジンズ、2004年2月号
  10. ^ 奥田民生『FISH OR DIE』角川書店、1999年5月、89-91頁
  11. ^ 音楽サイト・バークス Mr.Childrenインタビュー
  12. ^ 別冊カドカワ 総力特集 奥田民生角川書店、2004年10月、119頁
  13. ^ papyrus 2007年11号
  14. ^ 2008年9月19日放送のフジテレビ系『僕らの音楽』より
  15. ^ musica さらば00年代 10年総括インタビュー、FACT、2009年12月、19頁
  16. ^ 「沿志奏逢 3」Release Special 櫻井和寿Interview(前編) - FEATURE - エコレゾ ウェブ
  17. ^ 『ミュージックステーション』2014年9月26日放送

外部リンク[編集]