大貫妙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大貫 妙子
出生名 大貫 妙子
別名 ター坊
生誕 (1953-11-28) 1953年11月28日(68歳)
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区[1]
ジャンル ニューミュージック
ワールドミュージック
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ピアノ
キーボード
ギター
活動期間 1971年 -
レーベル PANAM ⁄ CROWN
(1976年 - 1977年)
RCA ⁄ RVC
(1978年 - 1982年)
Dear Heart ⁄ RVC
(1983年 - 1984年)
Dear Heart ⁄ MIDI
(1984年 - 1990年)
EASTWORLD ⁄ TOSHIBA-EMI
(1991年 - 2003年)
SONY MUSIC
(2006年 - )
共同作業者 シュガー・ベイブ
1973年 - 1976年
坂本龍一
(1976年 - 1985年,1997年,2009年 - 2010年
公式サイト http://onukitaeko.jp/

大貫 妙子(おおぬき たえこ、1953年11月28日[2] - )は、日本の女性シンガーソングライター。愛称はター坊[2]東京都出身[3]

略歴[編集]

1953年、東京都杉並区久我山で生まれ育つ[3]

中学・高校時代にはアマチュアバンドを組み、フィフス・ディメンションママス&パパスをカヴァーしていた[4]。喫茶店でフロアのアルバイトをしていた時に、キッチンの同僚から店のレコードブースで唄う事を勧められ、キャロル・キングの「イッツ・トゥー・レイト」などをギターで弾き語っていた。1972年頃、楽譜を買いに訪れたヤマハの店頭で男性二人組に声をかけられたのをきっかけにフォーク・グルーブ「三輪車」を結成し[注釈 1]矢野誠をプロデューサーに迎えてデビューすることになったが、大貫の音楽性がグループに合わないと考えた矢野が四谷にあったロック喫茶「ディスクチャート」でセッションしていたミュージシャンを紹介。そこで山下達郎に出会い、1973年、山下、村松邦男らとシュガー・ベイブを結成した[3]

1976年からソロ活動開始。シュガー・ベイブ解散後、同年に初のソロアルバム『グレイ・スカイズ』を発売。レコード会社は日本クラウンRVCミディ東芝EMIと移籍して、現在はソニー・ミュージックダイレクト所属。

1998年、映画『東京日和』で第21回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞[5]

2006年11月2日任天堂のテレビゲーム『MOTHER3』の音楽CD『MOTHER3+』をリリース。『We miss you 〜愛のテーマ〜』を唄う[6]。2006年、『劇場版 どうぶつの森』の主題歌『森へ行こう』を唄う[7]2008年稲垣潤一のアルバム『男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-』にて、辛島美登里サイレント・イヴをデュエットにてカバー[8]2009年大瀧詠一トリビュートアルバム『A LONG VACATION from Ladies』で、1曲目の「君は天然色」をカバー[9]

父・大貫健一郎[編集]

父は特別攻撃隊(特攻隊)隊員であった大貫健一郎[10][11]。健一郎は1921年福岡県で生まれ、台湾で育ち基隆中学を卒業した[10]拓殖大学を卒業後、1942年10月に陸軍小倉歩兵第14連隊へ入隊[11]。翌1943年6月には特別操縦見習士官制度に志願して合格[11]、同年10月に大刀洗陸軍飛行学校本校へ入校[11]1944年8月に陸軍特攻隊の隊員となる[11]敗戦を目前とした1945年4月、知覧特攻基地から特攻機に乗り沖縄へ向けて飛び立ったものの、不時着して生き残る[11]。そのため振武寮に16日間軟禁された後[12]三重県菰野町にあった陸軍の秘匿飛行場で終戦を迎えた[11]。戦後は建設機械リース会社を開業し[11]、東京で長女の妙子ら子供をもうけた。

2009年7月11日NHKディレクター渡辺考との共著で『特攻隊振武寮 証言・帰還兵は地獄を見た』を刊行、生き残り特攻隊員としての体験を証言して振武寮の実態を告発した[11][12]。2012年3月に90歳で死去[11]。著書紹介では「父は特攻隊が美化されることを、常に危惧していました」という妙子の発言が引用されている[12]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

NIAGARA(1974年 - 1975年)
  1. DOWN TOWN / SUGAR BABE1975年4月25日)- 7": NAS-001
PANAM ⁄ CROWN(1976年 - 1977年)
  1. 愛は幻(1976年)- 7": S-9(非売品)
    • 愛は幻
    • ONE'S LOVE
  2. 明日から、ドラマ(1977年3月5日)- 7": ZP-23
    • 明日から、ドラマ
    • Wander Lust
  3. サマー・コネクション(1977年7月5日)- 7": ZP-29
    • サマー・コネクション
    • 部屋
RCA ⁄ RVC(1978年 - 1982年)
  1. じゃじゃ馬娘(1978年9月21日)- 7": RVS-538
    • じゃじゃ馬娘
    • 海と少年
  2. CARNAVAL(1980年8月21日)- 7": RHS-503
    • CARNAVAL
    • 雨の夜明け
  3. ふたり(1981年1月21日)- 7": RHS-509
    • ふたり
    • 愛にすくわれたい
  4. 恋人達の明日(1981年6月5日)- 7": RHS-517
    • 恋人達の明日
    • 愛の行方
  5. チャンス(1981年7月21日)- 7": RHS-523
    • チャンス
    • 突然の贈りもの
  6. 黒のクレール(1981年10月21日)- 7": RHS-529
    • 黒のクレール - 日立マクセルカセットテープCM曲
    • アヴァンチュリエール
  7. ピーターラビットとわたし(1982年9月21日)- 7": RHS-539
    • ピーターラビットとわたし
    • 光のカーニバル
Dear Heart ⁄ RVC(1983年 - 1984年)
  1. 夏に恋する女たち(1983年8月5日)- 7": RAS-513
  2. 宇宙(コスモス)みつけた(1984年5月21日)- 7": RAS-521
Dear Heart ⁄ MIDI(1984年 - 1990年)
  1. ベジタブル(1985年2月5日)- 7": MIS-1
    • ベジタブル - 1985資生堂春のキャンペーンソング
    • シエナ
  2. 森のクリスマス(1985年)- 7": MDR-7 ※非売品
    • 森のクリスマス
    • 天使のオルゴール(インストゥルメンタル)
  3. ひとり暮らしの妖精たち(1986年11月21日)- 7": MIS-18
  4. 恋人たちの時刻(1987年2月11日)- 7": MIS-20
  5. 家族輪舞曲(1989年11月21日)- SCD: MDS-11
    • 家族輪舞曲 - 映画『家族輪舞曲』主題歌
    • ABSENCE
  6. 泳ぐ人(1990年6月21日)- SCD: MDS-17
    • 泳ぐ人
    • My Bravery
*は『MIDI SINGLES 3』(1992年3月21日発売 CD: MDC5-1083)、**は『MIDI SINGLES 4』(1992年3月21日発売 CD: MDC5-1084)にそれぞれ収録。
EASTWORLD ⁄ TOSHIBA-EMI(1991年 - 2003年)
  1. Dreamland(1991年10月23日)- SCD: TODT-2752
    • Dreamland - 全日空 ANA'S EUROPE“飛遊人”イメージソング
    • 恋におちて - TBS『風に吹かれて』エンディング・テーマ
  2. 静かな約束(1992年5月20日)- SCD: TODT-2829
    • 静かな約束 - 日本火災海上保険<100周年>CFイメージソング
    • 哀しみの足音 - 映画『ボンヌフの恋人』イメージソング
  3. 春の手紙(1993年2月3日)- SCD: TODT-2976
  4. しあわせのサンドウィッチ(1993年7月7日)- SCD: TODT-3057
    • しあわせのサンドウィッチ - カルピスウォーター93 TVCFイメージソング
    • サイレント メモリー
    • しあわせのサンドウィッチ(オリジナル・カラオケ)
  5. 美しい人よ(1994年8月31日)- SCD: TODT-3283
    • 美しい人よ - JR東日本「その先の日本へ」TVCFソング
    • 六月の晴れた午後 - 東芝LS総合TVCFソング
  6. はるかなHOME TOWN(1996年6月5日)- SCD: TODT-3750
  7. Happy-go-Lucky(1997年5月21日)- SCD: TODT-3962
  8. ひまわり(1997年10月8日)- CD-S: TODT-4091
    • ひまわり - 映画『東京日和』主題歌
    • 東京日和 (Orchestra Version)
    • 東京日和
  9. ただ(2000年10月25日)- CD-S: TODT-4246
  10. あなたを思うと(2001年11月16日)- CD-S: TOCT-4340
    • あなたを思うと
    • シアワセを探して

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. Grey Skies〔グレイ・スカイズ〕(1976年9月25日
  2. SUNSHOWER〔サンシャワー〕(1977年7月25日
  3. MIGNONNE〔ミニヨン〕(1978年9月21日
  4. ROMANTIQUE〔ロマンティーク〕(1980年7月21日
  5. AVENTURE〔アヴァンチュール〕(1981年5月21日
  6. Cliché〔クリシェ〕(1982年9月21日
  7. SIGNIFIE〔シニフィエ〕(1983年10月21日
  8. カイエ(1984年6月5日
    同名の映像作品のサウンドトラック。収録曲の「カイエI」はコニカ(のちのコニカミノルタ)複合機「U-bix」CMソング[注釈 2]旭硝子(のちのAGC)CMソング
  9. copine〔コパン〕(1985年6月21日
  10. Comin' Soon〔カミン・スーン〕(1986年3月21日
  11. A SLICE OF LIFE〔スライス・オブ・ライフ〕(1987年10月5日
  12. PURISSIMA〔プリッシマ〕(1988年9月21日
  13. NEW MOON〔ニュー・ムーン〕(1990年6月21日
  14. DRAWING〔ドローイング〕(1992年2月26日
  15. Shooting Star in the Blue Sky〔シューティング・スター・イン・ザ・ブルー・スカイ〕(1993年9月22日
  16. TCHOU!〔チャオ!〕(1995年4月19日
  17. LUCY〔ルーシー〕(1997年6月6日
  18. ATTRACTION〔アトラクシオン〕(1999年2月24日
  19. ENSEMBLE〔アンサンブル〕(2000年6月21日
  20. note〔ノート〕(2002年2月20日
  21. One Fine Day〔ワン・ファイン・デイ〕(2005年2月16日
  22. UTAU ⁄ A PROJECT OF TAEKO ONUKI & RYUICHI SAKAMOTO〔ウタウ / ア・プロジェクト・オブ・タエコ・オーヌキ&リューイチ・サカモト〕(2010年11月10日
    大貫妙子 & 坂本龍一 名義
  23. Tint〔ティント〕(2015年6月10日
    大貫妙子と小松亮太 名義

セルフカバー・アルバム[編集]

  1. pure acoustic〔ピュア・アコースティック〕(1996年11月27日
    1987年に通信販売のみでリリース。1993年にボーナストラックを追加して『PURE ACOUSTIC PLUS』として一般発売された後、1996年にボーナストラックを変更して当初の『PURE ACOUSTIC』のタイトルで一般発売された[13]
  2. Boucles d'oreilles 〔ブックル・ドレイユ〕(2007年3月21日
  3. 音のブーケ(2008年3月2日)- 大貫妙子作詞・作曲の楽曲を本人がカヴァーしたアルバム

ライブ・アルバム[編集]

  1. LIVE'93 Shooting Star in the Blue Sky〔ライヴ 93 シューティング・スター・イン・ザ・ブルー・スカイ〕(1996年6月26日
    ライブ・アルバム。1993年11月15日に渋谷公会堂で行われたライブを収録。ボーナストラックとして1994年5月2日に行われた山下達郎のライブ「TATSURO YAMASHITA Sings SUGAR BABE」から大貫がゲスト参加した3曲が収録されている。
  2. TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU 〜 Symphonic Concert 2016〔タエコ・オーヌキ・ミーツ・アキラ・センジュ ~ シンフォニック・コンサート2016〕(2016年12月21日
    千住明編曲・指揮、東京ニューシティ管弦楽団演奏によるライブ・アルバム。
  3. Pure Acoustic 2018〔ピュア・アコースティック 2018〕(2018年9月18日
    ライブ・アルバム。

サウンドトラック[編集]

  1. アフリカ動物パズル(1987年6月21日
    大貫がケニア旅行の体験をつづったエッセイ『神さまの目覚し時計』をもとに、羽仁未央が監督した同名の映像作品のサウンドトラック。
  2. 東京日和(1997年10月8日
    同名映画のサウンドトラック。
  3. 映画『東京オアシス』オリジナル・サウンドトラック(2011年10月12日
    主題歌および劇中音楽を担当。

ベスト・アルバム[編集]

  1. EARLY TIMES 1976-77(1981年12月25日、GWP-1015)
  2. CLASSICS(1985年9月5日
  3. The very best of 大貫妙子(1986年12月5日)1991年8月21日再発
  4. 大貫妙子全曲集(1988年11月21日)
  5. 大貫妙子ベスト(1989年10月5日)
  6. PURE DROPS(1991年6月21日
  7. 時の始まり(1992年2月21日
  8. 素直な気持(1993年4月14日
  9. NEW BEST(1994年11月23日
  10. History 1978-1984(1999年6月23日
  11. セレクション ~Panam Years 1976-1977~(2003年5月21日
  12. Anthology Library ~Anthology 1973-2003~(2003年10月29日
  13. ゴールデン☆ベスト 大貫妙子 ~RCA Years 1978-1984(2005年4月20日
  14. palette(2009年4月29日
    大貫自身が歌う「懐かしい未来〜longing future〜」を収録
  15. GOLDEN☆BEST 大貫妙子 ~The BEST 80's Director's Edition~(2011年12月7日
  16. CM & TVテーマ集 TAEKO ONUKI WORKS 1983-2011 CM / TV Music Collection(2011年12月7日)

コンピレーション・アルバム[編集]

  1. 17 SONGS(1988年3月21日)
  2. ぼくの地球を守って(1988年8月21日)LP・CD

トリビュート・アルバム[編集]

  1. 大貫妙子トリビュート・アルバム ~Tribute to Taeko Onuki~(2013年12月18日

アルバム未収録曲[編集]

  • 祈り『We Wish You A Merry Christmas』MHCL-668 1983年(2005年再発)
    YMOムーンライダーズファミリーによるオムニバス・クリスマスアルバム。
  • 遥かなる想い『In The Pocket』中西俊博 FLCW-30091 1990年
  • チャールズ一世「オフ・オフ・マザー・グース」TOCT 9286 1996年
  • 金色の翼『アリーテ姫 — オリジナル・サウンドトラック』千住明 TOCT-24630 2001年/『Best Wishes』千住明 TOCT-24743 2002年
  • 金色の翼 (フィルム・ヴァージョン)『アリーテ姫 — オリジナル・サウンドトラック』千住明 TOCT-24630 2001年
  • 私のフランソワーズ『Queen’s Fellows〜yuming 30th anniversary cover album』TOCT-25001 2002年[* 1]
    荒井由実MISSLIM』収録曲のカバー。
  • いつまでも『SUNDAY BOX ドラマソング コレクション』TOCT-24908 2002年
  • The River Place(川の流れのように)『CMの達人 小林亜星とアストロミュージック 傑作CM音楽集』KICS-1197 2005年
  • Voyage (Orchestra ver.)『Best Wishes II〜Next Door』千住明 TOCT-25622 2005年
  • 明治チェルシーの歌
    オムニバスアルバム『明治チェルシーの歌』収録、TECH-20051 2005年
  • 金のまきば『みんなのうた ベストヒット コレクション』TOBF-5372 2005年 (DVD) [* 1]
  • We miss you 〜愛のテーマ〜『MOTHER3+』HOBO-4 2006年
  • 森へ行こう『劇場版「どうぶつの森」 オリジナル サウンドトラック』VPCG-84854 2006年[* 1]
  • やさしさにさようなら『Voice Colors〜あなたといたころ~』VICL-62319 2007年
  • 名前のない空を見上げて『Voice Colors〜あなたといたころ~』VICL-62319 2007年[* 1]
  • この道『にほんのうた 第一集』RZCM-45660 2007年
  1. ^ a b c d オフィシャル・セレクション・アルバム『palette』収録曲

未発売曲[編集]

番組・CM使用曲[編集]

主題歌・イメージソング[編集]

  • 裸のキリク(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:高野寛・大貫妙子)アニメ映画『キリクと魔女』イメージソング
  • The Wind Of My Heart(作詞・作曲:大貫妙子)、NHK総合『地球ファミリー』主題歌
  • 金色の翼(作詞:大貫妙子、作曲:千住明、編曲:千住明)アニメ映画『アリーテ姫』主題歌
  • 夏に恋する女たち(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一)同名TBSテレビドラマ『夏に恋する女たち』主題歌
  • 恋人たちの時刻(作詞・作曲:大貫妙子)同名映画の主題歌)
  • ピーターラビットとわたし(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一)『ピーターラビットとなかまたち』主題歌
  • 春の手紙(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:小林武史)TBSドラマ『家栽の人』主題歌
  • ひまわり(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一)竹中直人監督映画『東京日和』主題歌
  • Shall we dance?(作詞:OSCAR HAMMERSTEIN II、作曲:RICHARD RODGERS、編曲:周防義和)映画『Shall we ダンス?』主題歌
  • 天使のはしご(作詞:大貫妙子、作曲:岩代太郎)NHK総合『不惑のスクラム』主題歌)[14]
※このほか、TBS『愛の劇場』のオープニングを担当したことがある(楽曲名不明)。[要出典]

CM・キャンペーンソング[編集]

NHKみんなのうた[編集]

  • 金のまきば(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:森俊之
  • メトロポリタン美術館(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:清水信之)

楽曲提供[編集]

1979年まで[編集]

1976年
1977年
1978年
1979年
  • 竹内まりや
    • ブルー・ホライズン(作詞(作曲・編曲:山下達郎))
    • かえらぬ面影(作詞・作曲(編曲:細井豊 BAND))
  • RAJIE
    • 風の道[注釈 4](作詞・作曲(編曲:坂本龍一))

1980年代[編集]

1980年
  • 秋ひとみ
    • 想い(作曲(作詞:佐藤真由美、編曲:若草恵))
  • RAJIE
    • 真昼の舗道(作詞・作曲(編曲:高橋幸宏))
    • アパルトマン(作詞・作曲(編曲:高橋幸宏))
    • 秋の風(作詞(作曲:鈴木慶一、編曲:坂本龍一))
    • 忘却(作詞・作曲(編曲:高橋幸宏))
  • YUKI
    • 雨の街(作詞(作曲:竹内まりや、編曲:清水信之))
    • 恋のジャック&クイーン(作詞・作曲(編曲:清水信之))
  • 山下達郎
    • 夜のシルエット(仮題)(作詞(作曲・編曲:山下達郎))※未発表[注釈 5]
1981年
  • 杏里
    • Am I Afraid?(作詞(作曲・編曲:岡田徹))
    • いつの日かHappy End(作詞(作曲・編曲:岡田徹))
  • 石川セリ
    • 星くずの街で抱きしめて(作詞・作曲(編曲:清水信之))
  • 金井夕子
    • Wait My Darling(作詞(作曲・編曲:細野晴臣))
    • I'm In Love With You(作詞・作曲(編曲:後藤次利))
  • 倉橋ルイ子
    • トワイライト・カフェ(作曲(作詞:竜真知子、編曲:井上鑑))
    • Afternoon(作詞・作曲(編曲:井上鑑))
    • A DAY(作曲(作詞:竜真知子、編曲:清水信之))
    • Heart Break Highway(作曲(作詞:岡田冨美子、編曲:清水信之))
  • 竹内まりや
    • ラスト・トレイン(作詞(作曲・編曲:山下達郎))
    • 雨に消えたさようなら(作詞・作曲(編曲:乾裕樹))
  • 兵藤まこ
    • テレフォン・コール(作詞・作曲(作詞は竜真知子と連名)(編曲:船山基紀))
  • 宮本典子
    • 白い砂の恋人(作詞・作曲(編曲:加藤和彦・清水信之))
  • 矢野顕子
    • いらないもん(作曲(作詞:矢野顕子・Peter Barakan、編曲:坂本龍一・矢野顕子))
  • RAJIE
    • リラの日曜日(作詞(作曲:高橋幸宏、編曲:井上鑑))
1982年
  • 伊藤つかさ
    • さよなら こんにちは(作詞・作曲(編曲:清水信之))
    • 春風にのせて(作詞・作曲(編曲:大村憲司))
    • ボーイ・フレンド(作詞・作曲(編曲:青木望))
  • 岩崎良美
  • 大空はるみ
    • WEEKEND(作詞・作曲(編曲:清水信之))
    • ROMANCER(作詞・作曲(編曲:清水信之))
  • 桂木文
    • 21番目の悲しみ(作曲(作詞:浅野裕子))
  • 熊谷真実
    • 恋人とよばせて(作詞・作曲(編曲:清水信之))
  • 倉橋ルイ子
    • さよならの微笑(作詞・作曲(編曲:萩田光雄))
  • SAIL AWAY
    • 遠く渚から(作詞(作曲:筒美京平、編曲:萩田光雄))
    • もう一度抱きしめたい(作詞(作曲:筒美京平、編曲:萩田光雄))
    • 離れていても(作詞(作曲:筒美京平、編曲:萩田光雄))
    • This Guy -朝が来る前に-(作詞(作曲:筒美京平、編曲:萩田光雄))
  • 竹下景子
    • 愛のレッスン
    • ベッドサイドの子守唄
    • 気まぐれSATURDAY
  • 真鍋ちえみ
    • Good・by-Good・by(作詞・作曲(編曲:清水信之))
  • 宮崎美子
    • 愛のアンブレラ(作詞・作曲(編曲:大村憲司))
    • はるかなめぐりあい(作詞・作曲(編曲:清水信之))
1983年
  • 麻倉未稀
    • SOMEDAY(作曲(作詞:麻倉未稀、編曲:清水信之))
    • LOVE TRIP(作曲(作詞:麻倉未稀、編曲:清水信之))
  • 伊藤麻衣子
    • 私は彼のシャボン玉(作曲(作詞:売野雅勇、編曲:川村栄二))
    • 心呼吸(作曲(作詞:売野雅勇、編曲:川村栄二))
    • X'masまでセンチメンタル(作曲(作詞:売野雅勇、編曲:川村栄二))
  • 白石まるみ
    • 翼をつけてラブ・ソング(作詞・作曲(編曲:椎名和夫))
  • つちやかおり
    • 紅い糸(作詞・作曲(編曲:山田秀俊))
  • 堀江美都子
    • 美しい秘密(作詞・作曲(編曲:馬飼野康二))
    • 愛はロンリー・ウィークエンド(日本語詞(作詞・作曲:NICK KARVELAS、編曲:矢野立美))
  • 徳丸純子
    • 恋はシーソーゲーム(作詞(作曲・編曲:清水信之))
    • あなたの胸に、もう一度(作詞・作曲(編曲:清水信之))
    • 夢でさよなら(作詞(作曲・編曲:清水信之))
  • 原田知世
    • 地下鉄のザジ Zazie dans metro[注釈 6](作詞・作曲(編曲:清水信之))
1984年
  • 安部恭弘
    • 砂色の夜明け(作詞(作曲:安部恭弘、編曲:清水信之))
  • 石川セリ
  • 石川秀美
    • ロマンチック・ハウス(作曲(作詞:SHOW、編曲:清水信之))
    • スターデイト(作曲(作詞:鈴木博文、編曲:清水信之))
  • 倉橋ルイ子
    • 軌跡(作詞・作曲(編曲:船山基紀))
  • 香坂みゆき
  • つちやかおり
    • 春の雨(作詞・作曲(編曲:山田秀俊))
  • 原田知世
    • 星空の円型劇場(アンフィシアター)(作詞・作曲(編曲:坂本龍一))
  • 薬師丸ひろ子
    • 白い散歩道(作詞・作曲(編曲:清水信之))
    • 月のオペラ(作詞・作曲(編曲:清水信之))
1985年
  • 小林麻美
    • ひき潮(作詞・作曲(編曲:井上鑑))
    • 幻惑(作詞・作曲(編曲:井上鑑))
1986年
1987年
1988年
  • 安田成美
    • 思い出のロックンロール(日本語詞(作詞・作曲:Serge Gainsbourg、編曲:大村憲司))
    • 浜辺のポートレイト(作詞・作曲(編曲:大村憲司))
    • 夢は夢の中へ(作詞・作曲(編曲:小林武史))
    • MOMO(作曲(作詞:葉山陽子、編曲:大村憲司))
    • 夜のパティオで(作曲(作詞:麻生圭子、編曲:大村憲司))
    • 初めての街(作曲(作詞:麻生圭子、編曲:大村憲司))
    • 星の降る夜(作詞・作曲(編曲:小林武史))
1989年
  • 工藤静香
  • 野村宏伸
    • 微笑(ほほえみ)(作曲(作詞:川村真澄、編曲:萩田光雄))
    • せつなさ(作曲(作詞:川村真澄、編曲:萩田光雄))

1990年代[編集]

1990年
1991年
  • 中山美穂
    • メロディー(作詞・作曲(編曲:林有三・ATOM))
    • Crazy moon(作詞・作曲(編曲:ATOM))
    • ひとりごと(作曲(作詞:中山美穂、編曲:ATOM))
  • 牧瀬里穂
    • あいたい気持ち I dream you(作詞・作曲(編曲:中村哲))
  • 薬師丸ひろ子
    • DESTINY(作詞(作曲:坂本龍一、編曲:坂本龍一・成田忍))
    • 星の王子さま(作詞(作曲:矢野顕子))
1992年
1993年
1994年
1995年
  • 安達祐実
    • 風の中のダンス(作詞・作曲(編曲:千住明))
  • 坂本龍一
    • 愛してる、愛してない featuring 中谷美紀(作詞(作曲・編曲:坂本龍一))
    • Tango[注釈 8](作詞(スペイン語詞:Fernando Aponte、作曲・編曲:坂本龍一))
1996年
  • 中谷美紀
    • my best of love(作詞・作曲(編曲:坂本龍一))
1997年
  • 中谷美紀
    • corpo e alma BODY AND SOUL(作詞(作曲・編曲:坂本龍一))

2000年 -[編集]

2000年
2001年
  • 八代亜紀
    • あなたとふたり(作詞(作曲:平沢厚士、編曲:平沢厚士・佐々木康綱))
2003年
2006年
  • 尾崎亜美
    • Sweet Breath(作曲(作詞・編曲:尾崎亜美))
  • 冨田ラボ
    • しあわせのBlue feat.YOSHIKA(作詞(作曲・編曲:冨田恵一))
2008年
2009年
2013年
2014年
  • 手嶌葵
    • ちょっとしたもの(作曲(作詞:手嶌葵、編曲:TATOO))
2017年

参加作品[編集]

コラボレーション[編集]

テレビドラマ[編集]

ビデオ・DVD等[編集]

出演[編集]

コンサート[編集]

テレビ番組[編集]

  • GROOVE DYNASTY 2000(2001年、WOWOW)
  • 大村憲司トリビュートコンサート~よみがえるスーパーセッション(2001年、NHK衛星第2)
  • 精進料理大全「永平寺~自然の恵みをいただく心」(2005年、NHK衛星第2)
  • BSふれあいホール・出会いのコンサート(2005年、NHK衛星第2)

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

著作[編集]

  • 『神さまの目覚まし時計』角川書店、1986年11月
  • 『散文散歩』角川書店、1992年4月
  • 『ベッドアンドブレックファスト』ロッキング・オン、1999年4月 ISBN 978-4947599650
  • 『ライオンは寝ている』新潮社、1996年6月
  • 大貫妙子(文)・坂井治(絵)『金のまきば』新風舎、2004年10月
  • 『私の暮らしかた』新潮社、2013年10月

その他[編集]

  • ジョニ・ミッチェル 紙ジャケット SHM-CD コレクション 発売コメント[18]2011年4月20日

エピソード[編集]

  • ニューヨークに住んでいた頃、極真空手出身の在ニューヨークの空手家中村忠が起こした誠道塾空手道場が気に入って通うようになる。誠道塾は極真空手とはかなり異なり「尊敬」「愛」「従順」を基本理念とした「人間空手」を標榜し、老若男女や障害を問わず生涯を通じて学べる空手を追求していた。帰国すると誠道塾の日本にある支部道場に行ったが、極真空手に近く激しい空手だったため行かなくなったが、その後、中学時代の同級生で養神館合気道出身の三枝誠が起こした東京都青梅市にある御互道の道場が気に入り、しばらく通っていた[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この「三輪車」は、男性3人組の「三輪車」とは別のグループである。
  2. ^ 小西六写真工業末期から使われていた。
  3. ^ 『LOFT SESSIONS VOL.1 fraturing female vocalists』(1978年5月発売 LOFT LP: LOF-20002)に“竹内マリヤ”名義で参加。
  4. ^ Cliché』、『UTAU』にてセルフ・カヴァー。
  5. ^ THE RCA ⁄ AIR YEARS LP BOX 1976-1982』「SPECIAL BONUS DISC」(2002年2月20日発売 RCA ⁄ AIR ⁄ BMG FUNHOUSE LP: BVJR-17009)に収録。
  6. ^ 『COMIN' SOON』でセルフ・カヴァー。
  7. ^ 『A SLICE OF LIFE』でセルフ・カヴァー。
  8. ^ 『Lucy』でセルフ・カヴァー。
  9. ^ オフィシャル・セレクション・アルバム『palette』でセルフ・カヴァー。
  10. ^ オフィシャル・セレクション・アルバム『palette』にボーナス・トラックとして“オフコース featuring 大貫妙子”名義で収録。
  11. ^ 西武百貨店主催の豪華客船ツアー "TASTEFUL TOUR AT OCEAN" のイベント出演。なお、このコーラル・プリンセス号とは1962年就航の英国船籍の客船であり、現在就航中の同名船舶とは異なる[16]

出典[編集]

  1. ^ 湘南PEOPLE VOL.16 大貫妙子さん ブリッサ 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ a b 「作家で聴く音楽」第二十回 大貫妙子”. 一般社団法人日本音楽著作権協会. 2007年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月19日閲覧。
  3. ^ a b c St. Michel, Patrick (2017年12月22日). “大貫妙子:長い旅”. Red Bull Music Academy. オリジナルの2020年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://archive.vn/WOap6 2019年11月20日閲覧。 
  4. ^ インタヴュー 大貫妙子[ミュージシャン]”. 記憶の記録 LIBRARY. 一般社団法人音楽制作者連盟. 2018年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  5. ^ 第21回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2020年9月16日閲覧。
  6. ^ 大貫妙子、『愛のテーマ』を歌う。”. ほぼ日刊イトイ新聞. 株式会社ほぼ日. 2007年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  7. ^ “劇場版『どうぶつの森』サントラ登場! 大貫妙子の歌う主題歌も収録”. CDJournal ニュース. (2006年11月28日). オリジナルの2020年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200916061831/https://www.cdjournal.com/main/news/-/13519 
  8. ^ DISCOGRAPHY”. 稲垣潤一 Official Site. 2018年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  9. ^ “女性アーティストが集結、大滝詠一の『A LONG VACATION』”. BARKS. (2009年10月25日). オリジナルの2009年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091026015042/https://www.barks.jp/news/?id=1000054458 
  10. ^ a b 大貫妙子『私の暮らしかた』新潮社、2013年、74-85頁。ISBN 978-4-10-412302-5
  11. ^ a b c d e f g h i j 大貫健一郎『特攻隊振武寮 証言・帰還兵は地獄を見た』BOOK著者紹介情報、日外アソシエーツ
  12. ^ a b c 『特攻隊振武寮 証言・帰還兵は地獄を見た』講談社BOOKクラブ、講談社
  13. ^ pure acoustic 大貫妙子ディスコグラフィー”. 記憶の記録 LIBRARY. 一般社団法人音楽制作者連盟. 020-08-23時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  14. ^ 久しぶりのドラマ主題歌『天使のはしご』創作秘話 ~音楽家・大貫妙子~”. NHKラジオ らじる★らじる. 日本放送協会. 2020年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  15. ^ 小林聡美主演、「かもめ食堂」の群ようこが脚本を手がけるドラマが12月に放送”. 映画ナタリー (2015年9月29日). 2015年9月29日閲覧。
  16. ^ ミュージック・ステディ」1983年10月号
  17. ^ a b c d e 大貫妙子『大貫妙子 デビュー40周年 アニバーサリーブック』河出書房新社、2014年、138-141頁。ISBN 978-4-309-27473-7
  18. ^ ジョニ・ミッチェル - 紙ジャケット コレクション|JONI MITCHELL - SHM-CD Collection”. ワーナーミュージック・ジャパン. 2013年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  19. ^ 三枝誠『大和なでしこ整体読本 身体を取りもどす“七つの力”』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2010年、153-167頁。ISBN 978-4-480-42703-8

外部リンク[編集]

インタビュー関連