友部正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
友部正人
生誕 (1950-05-25) 1950年5月25日(67歳)
出身地 日本の旗 日本
学歴 愛知県立熱田高等学校卒業
ジャンル フォークソング
フォークロック
ロック
職業 歌手
詩人
担当楽器 ギター
活動期間 1972年 -
レーベル ベルウッド・レコード
URC
ソニー・ミュージックレコーズ
ジャパンレコード
ミディ
クラウンレコードなど
公式サイト 友部正人オフィシャルホームページ
ビートルズ
ボブ・ディラン

友部 正人(ともべ まさと、1950年5月25日 - )は、日本のフォークシンガー詩人。本名 小野正人。

来歴[編集]

青森県出身の父の子として東京都下の吉祥寺に生まれ、各地を転々として育つ。愛知県立熱田高等学校時代から友人らとビートルズコピーバンドで(ギターが得意でなかったため)ベースなどを担当する。その後、ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」を聴き、衝撃を受けソングライティングにのめり込むようになる。ウッディ・ガスリーレッドベリーらが汽車の中で人々の感情を歌うスタイルを日本でやりたいと思い、高校卒業と同時に家を飛び出し、路上で歌い始める。やがて学生運動に参加し火炎瓶を投げ、鑑別所に入れられてしまう。1960年代末、名古屋市から大阪市に移住。西岡恭蔵大塚まさじらと出会い、高田渡を通して喫茶店に通い古書店で詩集を読む生活をする。1969年、京都フォークキャンプに参加。1971年中津川フォークジャンボリーに参加し、シバ岩井宏いとうたかお山本コータローらと、武蔵野タンポポ団セッションに参加。

1972年、『大阪へやって来た』でデビュー。1973年、代表作と言われる『にんじん』、『また見つけたよ』をリリース。同年、美輪明宏にコンサートへのゲスト出演を依頼し、共演を果たす[1]。半年間のアメリカ放浪を経て帰国後の1975年坂本龍一がピアノで参加した『誰もぼくの絵を描けないだろう』(「おしゃべりなカラス」収録)をリリース。1976年スカイドッグ・ブルースバンドをバックにレコーディングした『どうして旅に出なかったんだ』が、収録曲「びっこのポーの最後」のタイトルと歌詞に差別的表現があるとして回収の憂き目に遭う。(「ちびっこのポーの最後」に改題して乗り切ろうとしたが、駄目だったと述懐したことがあるが、真偽は不明。その後1983年までメジャーレーベルとは無縁となる。)1980年に『なんでもない日には』、1981年に「びっこのポーの最後」の新録版を含む『どうして旅に出なかったんだ』を『1976』と改題してそれぞれ自主リリース。1983年に『ポカラ』、1984年に『カンテ・グランデ』の二枚をリリース。

1990年代たまとのセッションアルバム『けらいのひとりもいない王様』(たまのメンバーであった知久寿焼は、高校生の頃から友部宅に出入りしていた[2])、矢野誠とのコラボ『雲のタクシー』を発表。この時期からニューヨーク市に頻繁に行くようになり、デイヴ・ヴァン・ロンクにギターを習う。ポエトリー・リーディングや『北海道新聞』の夕刊連載などでエッセイを発表した。

人物[編集]

「お客さんにはステージを見ずに目を閉じて聴いていてほしい」とテレビで述べた。また、ライブ終了後のサイン会では、「お客さんの自己紹介より歌の感想を聞きたい」としている。

現代人の入り込んだ心理状態を、分かりやすい言葉で説き起こしている。「ひとり部屋にいて」では引きこもりの青年を描き、「どうして旅に出なかったんだ」ではおれとおまえとあいつの三人の人物を使って場所についての考えを闘わせている。また、「熱くならない魂をもつ人はかわいそうだ」、「Speak Japanese,American」など、若い聴者に啓示的な作品もある。谷川俊太郎が高く評価している。 また、デビュー当時に流行していたわかりやすいメッセージソングとは一線を画した、解釈を聞き手のイマジネーションに委ねた歌詞で高い評価を得る。その真骨頂が「はじめぼくはひとりだった」である。「はじめはひとりぼっちだったぼく」は、「ひとりぼっちであることを楽しんでいた」しかし、人生を変える「ある言葉」に出会って、初めて「寂しさ」を知った・・・といった歌詞だが、その出会った「ある言葉」とは何かを一切言及せずに聞き手の解釈に委ねられている。 田村隆一金子光晴からの影響を受けたという。その他片桐ユズルら、多くの詩人と古くから直接に会っている。実在の人物をモチーフにした楽曲も多く、フォークシンガーでは、田中研二のことを歌った「田中さんとぼく」や豊田勇造のことを歌った「遠来」、高田渡のことを歌った「朝の電話」、その他に詩人である金子光晴のことを歌った「絵はがき」、伝説的漫画雑誌「ガロ」の創始者長井勝一のことを歌った「長井さん」などがある。

先輩を呼び捨てにして後輩には「さん」付けするなど、独特の倫理基準を持っている。この点について井上陽水は、「名前の通り、ずっと正しい人だ」と評価している。政治的には、アメリカに追従する政治家、マスコミに怒っており、「アメリカの匂いのしない所へ」という詩を書いている。詩集・エッセイ集も多く出しており、イラクでお客さんとなった時のことも記している『パリの友だち』(1991年)などがある。息子でシンガーの小野一穂とは、国歌「君が代」についての考えで対立している。正人は、歌の中で「吐き気がする」としているに対し、一穂は、twitterで「自分が目指したい歌の理想の形」としている。

現在はマラソン練習を続けながら、アパートを所有するニューヨークと日本を行ったり来たりする生活を楽しんでいる。その様子をWeb日記に書いている。パンとビールとコーヒーが好きで、歌詞にたびたび出てくる。テレビに出ることが少ないため知名度は低いが、長渕剛真島昌利寺岡呼人佐野元春宮沢和史森山直太朗双葉双一らのミュージシャンは、友部から全人的影響を受けている[要出典]。また、マラソンランナーであるため、自転車の歩道運転に困っている。この点は自転車の歩道運転合法化を主張している田中研二と意見を異にしている。

同じ年に生まれ、名前の似ている友川カズキは、詩人的要素の強い歌手として並べられる。共に中原中也からインスパイアされた。中原の詩だけからなるアルバムを友川が作り、友部は「中原中也、失われた声」というタイトルの文章を國文學に寄せた。中原中也記念館を訪れた際に、友川の楽曲を聴いて感心した様子を本に書いた。資質として、中原の詩を入口に音楽に興味を持った友川に対し、むしろディランの音楽から詩に向かっていった。また友部は、初対面の永六輔に友川と勘違いされたことがあり、友部正人という名は他のもっとイメージの強烈な人と間違えられやすいようであるとしている[3]

音楽作品[編集]

アルバム[編集]

  • 大阪へやって来た(1972年1月、URC、URL-1022)
  • にんじん(1973年1月、URC、URL-1032)
  • また見つけたよ(1973年10月、CBSソニー、SOLL-50)
    • 収録曲「なんて酸っぱい雨だ」の「黒んぼさん」という歌詞がネックとなり、発売元のCBSソニーから再発売はされず、SHOW BOATから紙ジャケットで再発される。[4]
  • 誰もぼくの絵を描けないだろう(1975年3月、CBSソニー、SOLL-125)
    • 収録曲「長いうで」の歌詞中にある「4つ足」が問題になり、発売元のCBSソニーから再発売はされず、SHOW BOATから紙ジャケットで再発される。[5]
  • どうして旅に出なかったんだ(1976年8月、CBSソニー、25AH-79)
  • なんでもない日には(1980年4月、キューブ、NAS-987)
  • 1976(1981年4月、チューブ、JPR-1003)
    • 『どうして旅に出なかったんだ』改題。
  • ポカラ(1983年6月、ジャパンレコード、JAL-38)
  • カンテ・グランデ(1984年4月、ジャパンレコード、28JAL-8)
  • 6月の雨の夜、チルチルミチルは(1987年2月、テイトムセン、TF-001)
  • はじめぼくはひとりだった(1988年4月、友部正人オフィス、TM-001-002)
  • 夕日は昇る(1989年7月、ミディ、32MD-1052)
  • ライオンのいる場所(1991年2月、ミディ、MDC8-1145)
  • 友部正人'72〜'74(1991年4月、にんじん、NR-01)
  • ベスト・セレクション(1991年6月、ソニーレコード、SRCL-1906)
  • けらいのひとりもいない王様(1992年3月、クラウンレコードAXCR-4)
    • 「友部正人&たま」名義。
  • 遠い国の日時計(1992年5月、ミディ、MDC8-1176)
  • ぼくの展覧会(1993年3月、友部正人オフィス、TM-005-007)
  • 雲のタクシー(1994年6月、ミディ、MDCL-1278)
  • 奇跡の果実(1994年11月、ミディ、MDCL-1283)
  • 夢がかなう10月(1996年9月、ミディ、MDCL-1307)
  • 少年とライオン(1997年9月、ミディ、MDCL-1320)
    • メジャー版ベストアルバム。
  • イタリアの月(1997年9月、ミディクリエイティブ、CXMA-1028)
    • インディーズ版ベストアルバム。
  • ブルースを発車させよう(1997年11月、友部正人オフィス、TM-009-010)
  • 読みかけの本(1999年2月、ミディ、MDCL-1340)
  • no media 1(2000年1月、ミディ、MDCL-1365)
  • no media 2(2000年9月、ミディ、MDCL-1395)
  • 休みの日(2001年11月、ミディ、MDCL-1417)
  • LIVE! no media 2002(2003年1月、ミディ、MDCL-1436)
  • あれからどのくらい(2003年9月、友部正人オフィス、TM-011-012)
  • 何かを思いつくのを待っている(2004年5月、ミディ、MDCL-1460)
  • Speak Japanese, Amarican(2005年11月、ミディ、MDCL-1471)
  • 歯車とスモークド・サーモン(2008年3月、ミディ、MDCL-1486)
  • 二つの午後(2009年6月、LDK、daidoko-001)
  • ロックンロール、やってます(2010年2月、友部正人オフィス、TM-014)
  • クレーン(2010年9月、友部正人オフィス、TM-015)
  • ぼくの田舎(2013年5月、友部正人オフィス、TM-016)
  • ミディの時代(2015年12月、ミディ、MDCL-1551)
  • ブルックリンからの帰り道(2016年9月、友部正人オフィス、TM-017)

シングル[編集]

  • 一本道/まちは裸ですわりこんでいる(1972年4月、ベルウッド・レコード、OF-2)
  • もう春だね/乾杯(1972年7月、URC、URT-70)
  • 月夜の盗賊たち/雪の砂漠(1983年、ジャパンレコード、JAP-1007)
    • プロモート盤。
  • グッドモーニングブルース(1991年2月21日、友部正人オフィス、TM004)
  • ラブミーテンダー/DON'T THINK TWICE, IT'S ALRIGHT/JERSEY GIRL(1992年2月1日、ミディ、MDDS-55)
  • すばらしいさよなら/銀の汽笛(1992年9月21日、ミディ、MDDS-56)
  • 朝は詩人/私の踊り子/夜は言葉(1994年8月21日、ミディ、MDDS-66)
  • 夜よ、明けるな/ゆうれいなんていかしてる(1995年1月21日、ミディ、MDDS-68)

DVD[編集]

  • ディレクターズカット版 BS-NHK/伝説のフォークライブシリーズ VOL.3 友部正人&なぎら健壱(2004年11月26日、AMJ、ABBA-5004)
  • 音楽のちから〜吉野金次の復帰を願う緊急コンサート(2007年4月25日、Green Door、XQCH-92001)
    • Track-10.「一本道」、Track11.「Speak Japanese, American」で参加。
  • FFA FOLK DAYS DVD vol.4「ひとりぼっちのふたり」〜何故か初顔合わせ〜(2007年12月19日、Life Goes On、XQDL-2004)
  • LIVE! no media 2006草原編(2008年2月1日、友部正人オフィス、NMV-01)

ビデオ[編集]

  • 船乗りたち(1990年3月、宝島社)
  • 六月の橋、七月の窓(1990年、自主製作)
  • ブルースを発車させよう1&2(1998年11月、ジュゴン企画

その他[編集]

著書[編集]

詩集[編集]

エッセイ集[編集]

絵本[編集]

その他[編集]

テレビ出演
映画出演
ラジオドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 『生活が好きになった』
  2. ^ 『イタリアの月』ライナーノーツ
  3. ^ 『生活が好きになった』
  4. ^ http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=fs-wZOoE6qMJ&p=%E5%8F%8B%E9%83%A8%E6%AD%A3%E4%BA%BA%E3%82%88%E3%82%8A+%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%93+%E5%9B%9B%E3%81%A4+%E7%99%BA%E5%A3%B2&u=www5a.biglobe.ne.jp%2F~hanao%2F001-tomobe%2F001tomobe-image%2Ftherequesttimes%2Ftherequesttimes_log030_050.html
  5. ^ http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=fs-wZOoE6qMJ&p=%E5%8F%8B%E9%83%A8%E6%AD%A3%E4%BA%BA%E3%82%88%E3%82%8A+%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%93+%E5%9B%9B%E3%81%A4+%E7%99%BA%E5%A3%B2&u=www5a.biglobe.ne.jp%2F~hanao%2F001-tomobe%2F001tomobe-image%2Ftherequesttimes%2Ftherequesttimes_log030_050.html

外部リンク[編集]