堀江美都子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
堀江美都子
ほりえ みつこ
出生名 堀江 美都子
生誕 1957年3月8日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県大和市
学歴 鶴見大学附属中学校・高等学校(鶴見女子高等学校)
ジャンル アニメソング
職業 歌手
声優
担当楽器
活動期間 1969年紅三四郎) -
※声優業は1978年宇宙魔神ダイケンゴー) -
レーベル 日本コロムビア
事務所 エディット
青二プロダクション
※後者は声優としてのみ
公式サイト ミッチ・ネット

堀江 美都子(ほりえ みつこ、1957年3月8日[1] - )は、日本歌手声優。本名、浅見 美都子(旧姓:堀江)。愛称は「ミッチ」。神奈川県大和市出身。血液型AB型

人物紹介[編集]

歌手業[編集]

声質は透き通った高音。アニメソングを中心とした活動を展開し、「アニメソングの女王」の異名をとる。また、ささきいさお水木一郎大杉久美子の3人[2]と共に、「アニソン四天王」と呼ばれている。

「キャンディ・キャンディ」等、ゆったりとした曲を担当することが多いが、パワフルな声量で「ふりむけばDanger!」などロック調の激しい曲や、「ペペロの冒険」等、低音を強調した勇壮な曲も担当することがある。海外に輸出されたアニメの主題歌を現地語吹き替えで歌っている例もある。また、ロボットアニメの主題歌は男性歌手が歌うものとされていた頃より、『超電磁マシーン ボルテスV』などでは単独で男子向けアニメの主題歌を歌っていた。特撮業界においても、ささきいさお・水木一郎等とのデュエットながら主題歌を歌った経験がある。

1980年以降は、アルバム『IMAGE(イマージュ)』などのオリジナル曲LPレコードも複数発表している。また、他の歌手に対して堀江が楽曲を提供したものも数曲ある。

後述の声優業も活発だった為、、『愛してナイト』、『ひみつのアッコちゃん(第2期)』や『私のあしながおじさん』など、主題歌・主演の双方を担った作品も多い。またヒルダ役で出演した『聖闘士星矢』では、担当キャラクターではない城戸沙織/アテナのテーマソング「アテナの子守唄」を歌唱している。

来歴[編集]

1966年に『日清ちびっこのどじまん』に出場し準優勝[1]。その後に、テレビ局系列の合唱団に所属していた。やがて、1969年に『紅三四郎』でコロムビアレコードよりアニメ歌手としてデビューする[1]

元々はいわゆる「学芸歌手」であり、比較的地味な存在だったが、アニメブームの最中の1977年に『キャンディ・キャンディ』の主題歌を担当、存在を広くアピールすることになる。1979年の『花の子ルンルン』もヒットし、以降も多数の作品で主題歌や挿入歌を担当することとなった。

50歳を迎えた後も第一線で活動しており、2007年の『風の少女エミリー』では久々に主題歌を担当した。

補足・エピソード[編集]

  • 公認ファンクラブ「トムボーイ」(tom-boy。「お転婆娘」の意)は、現在も会員募集中。
  • また、東京都内でボーカルスクール「堀江美都子シンガーズ・ラボ」を主宰している。
  • 夫は、元シグナルのメンバーで、現在は堀江の個人事務所「エディット」の代表もつとめるあさみあきお。仲人は、この2人とMBSヤングタウンでパーソナリティを共にやっていた笑福亭鶴瓶夫妻。1994年に、男児が誕生している。
  • かつてのアニメソングは、レコード会社では童謡などと同じ学芸部で扱われていたが、堀江が「キャンディ・キャンディ」のメガヒットを飛ばしたことを契機に、他のレコード会社でもアニメソング専門の部署を作り、プロモーションに力を入れるようになった。そのため、堀江は日本コロムビア社内では「美空ひばりの次に偉い人」として扱われているという[3]
  • 堀江を一躍メジャーにした『キャンディ・キャンディ』の主題歌だが、ライブなどで余りにもリクエストが多かったため「お客さんが歌手としての自分よりも、この曲を聞きに来たのではないか?」と疑問を持つようになり、一時期この曲を「自分にとって最大のライバル」とみなし自ら封印していた事がある。そのため、この曲を期待していた客がライブの途中で帰ってしまうことがあった。その後、歌手・堀江美都子が広く認識されていると感じるようになるに連れて、次第に抵抗なくこの歌を唄えるようになったという(青春ラジメニアにて証言)。
  • 1999年フィリピンで『ボルテスVの歌』が大ヒット。フィリピンでのライブでは走行する道路の信号がすべて青信号になるなど国賓並みの待遇を受けたという。

声優・俳優業[編集]

1976年の特撮作品『宇宙鉄人キョーダイン』では俳優として出演。その後も幾つかオファーを受けたが、体力的な面で負担が大きかった為、原則として断っている(2013年の深夜特撮ドラマ『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』では約37年ぶりにドラマ出演をした)。

1978年には『宇宙魔神ダイケンゴー』(クレオ役)で声優業に初挑戦し、その後青二プロダクションに所属。こちらは本業の歌手業に次ぐ精力的な活動を見せ、『魔法少女ララベル』(ララベル役)、『ひみつのアッコちゃん(第2期)』(アッコ役)など主演作も多い。

特に世界名作劇場シリーズでは、『愛少女ポリアンナ物語』(ポリアンナ役)、『私のあしながおじさん』(ジュディ役)、『家なき子レミ』(レミ役)と、同シリーズ最多となる3度の主演歴を持つ。この為山田栄子潘恵子らと共に、シリーズを代表する声優としてしばしば名前が挙がる。

この他にも『Dr.スランプ アラレちゃん』(オボッチャマン役)、『プロゴルファー猿』(若葉役)、『宇宙船サジタリウス』(シビップ役)などのヒットアニメに出演。かわいらしいキャラクターを主とするが、『まじかる☆タルるートくん』(座剣邪寧代役)では不良少女、『聖闘士星矢』(ヒルダ役)、『美少女戦士セーラームーン セーラースターズ』(ギャラクシア役)などでは悪役を演じた。本業柄、ストーリー上で歌を歌うキャラクターに起用されることも多い。

経緯[編集]

元々堀江の声優業進出は、アニメ業界が「主題歌を歌っている人物が主役やヒロインをやれば、その番組のアイドルに出来るのでは」と考えたことによるものであり、堀江は演技の基礎を全く習わないまま、業界に放り込まれる結果となった。このためデビュー作『宇宙魔神ダイケンゴー』出演時には、音響監督本田保則から「まだ指導できるレベルにも達していない」と言われたという。

これらの環境の中で、「歌手として参加し続けるのでは居心地が悪く、他とのチームワークも上手くいかない」と考えた堀江は声優業にも力を入れるようになり、声優業を楽しいと感じるようになったと語っている。

当初は主題歌を歌う作品での出演が大半だったが、徐々に歌を歌わない作品での出演も増加。堀江はこのことについて「少しは認めて頂けたのかと思い、とても嬉しかった」と語っている。特に『愛少女ポリアンナ物語』については、「自分を救ってくれた作品」と称している。

エピソード[編集]

  • 活動の中でキャラクターソングを歌うこともあり、「キャラクターの声で歌う」ことを経験したことで、本業である歌手業での幅も広がったという。
  • 『ひみつのアッコちゃん(第2期)』では、主題歌を歌うことを前提にオーディション無しでアッコ役に抜擢された。現在でもアニソン関連のテレビ番組で同主題歌を歌う事が多く、「テクマクマヤコン テクマクマヤコン ○○になれ〜」のセリフと共に歌い出すのが通例である。
  • 覚悟のススメ』では、自身をモデルとしたキャラクターの掘江罪子を演じた。当初は過激な内容に難色を示していたが、原作者の山口貴由が堀江のファンクラブ会員であり、再三の熱烈なオファーの末に配役が実現[4]。後に山口作画の『シグルイ』にも「友情出演」という形で参加している。
  • 近年ではあまり声優業を行っていないが、堀江本人は「機会があればやりたい」という姿勢を示している。
  • 活動中の一時期、俳優として『クイズダービー』(TBSテレビロート製薬単独提供番組)のゲスト回答者として登場したことがある。
  • 「日清ちびっこのどじまん」司会者大村崑との久し振りの再会が 『オールスター家族対抗歌合戦』の決勝戦の場であった。

DJ[編集]

ラジオ番組『ミッチィの独言倶楽部』(MBSラジオ)、『オー!サンデー、ミッチとアキラの底抜け日曜拳銃』(ニッポン放送)、『ラジオころちゃんパック』(AM神戸)、『ラジオアニソン女子部』(同)、『ハローこちらミッチ放送局』(CBCラジオ)、『ミッチプレゼンツ・あしたがすき』(AM岐阜ラジオ 他)などにパーソナリティーとして出演。

MBSヤングタウン』(MBSラジオ)月曜日を担当

  • 1981年10月から1982年3月パーソナリティ:笑福亭鶴瓶、あさみあきお、堀江美都子
  • 1982年4月から1983年3月 パーソナリティ:明石家さんま、あさみあきお、堀江美都子
  • 午前零時台に“ドクターミッチ”がリスナーからの相談、悩みを解決するコーナーがあった。
  • 明石家さんま、あさみあきお、堀江美都子の特別ユニット「SAM-Sing」が歌う番組用の歌があった。
  • 1984年このラジオ番組が縁であさみあきおと結婚。番組のパーソナリティ同士の結婚は初めてだった。

現在も「アニソン女子部」の部長としてアニメソングを広めようと展開している。

主な歌手活動[編集]

アニメソング[編集]

特撮ソング[編集]

ドラマソング[編集]

ゲームソング[編集]

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

その他[編集]

声優業[編集]

太字は主役・メインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1970年

1978年

1979年

1980年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1992年

1996年

1997年

1998年

1999年

2002年

2003年

2005年

2007年

2008年

2009年

OVA[編集]

1985年

1987年

1988年

1989年

1990年

1993年

1996年

2001年

Webアニメ[編集]

2015年

劇場アニメ[編集]

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1991年

2010年

ゲーム[編集]

オーディオブック[編集]

特撮[編集]

吹き替え[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 12歳の神話 C-3101
  • わたしの恋人/去年の今日はなにをしてたの C-3107
  • Coffee AH-267
  • だれかが私を待っている CK-584
  • 夕焼けのふたり CK-518
  • ピュア・モーニング CH-104
  • 素直になれなくて AH-356
  • 恋の花占い CK-553
  • 茅ヶ崎メモリー(ラジオっ娘〜茅ヶ崎サンライズ、新田一郎〜サンライズ・サンセットとの競作 「Ready MADONNA」の中の一曲:シングルカットあり)
  • あふれる想い〜Affair of the Heart〜/愛はロンリー・ウィークエンド AH-297
  • 素直になれなくて/愛さずにいられない AH-356
  • 愛しい人へ/何でもない日〜Unspecial day〜 CODC-907
  • 堀江美都子 SONG OF SEIYA 15CC-8051

アルバム[編集]

  • オリジナル・アルバム
発売日 タイトル 規格品番
1 1980年11月25日 EMOTION CX-7006
2 1981年8月25日 IMAGE CX-7027
3 1983年6月21日 Ready MADONNA AF-7128
4 1984年1月21日 Weekend AF-7176
5 1984年7月21日 素直になれなくて AH-356
6 1985年2月21日 Live in Egg-man AF-7344
7 1986年2月21日 IN MY HEART AF-7414
8 1986年12月1日 SING IT! 33CA-1290
  • ミニ・アルバム
発売日 タイトル 規格品番
1 1981年12月25日 ミッチの独言倶楽部 CX-7045
発売日 タイトル 規格品番
1 1971年5月10日 テレビ主題歌ヒットアルバム 堀江美都子とともに KKS-20065
2 1977年3月25日 堀江美都子 テレビアニメーションの世界 CW-7117
3 1978年5月25日 堀江美都子 アニメロマンの世界 CS-7057
4 1978年11月21日 堀江美都子 ベスト24 CW-7192/3
5 1979年12月21日 堀江美都子 ニューヒットベスト16 CS-7152
6 1980年6月10日 ミッチの部屋 CS-7196/7
7 1981年10月21日 堀江美都子 アニメ・ベスト・ヒット CQ-7068
8 1982年9月 熱唱! アニメ・ヒロイン 堀江美都子 アクションアニメを歌う CZ-7186
9 1984年6月21日 堀江美都子 オリジナルベスト12 35C31-7170
10 1989年6月21日 デビュー CC-3596
11 1989年8月21日 堀江美都子 20周年記念リサイタル Vol.1:48HC-351
Vol.2:48HC-352
12 1993年10月21日 MITSUKO HORIE ORIGINAL BEST ALBUM COCC-11007
13 1995年8月19日 堀江美都子 Best & Best COCC-12813/4
14 1996年6月21日 堀江美都子 〜ハートフルコンサート〜 COCC-13490/1
15 1997年11月21日 回帰骨董音楽箱 COCC-14590
16 1999年6月19日 堀江美都子 30th Anniversary MICCHI 100% 〜あしたがすき〜 COCX-30415/7
17 2004年10月20日 心のうた 〜癒しの歌声〜 堀江美都子BEST COCX-32945
18 2009年3月4日 MITSUKO HORIE 40th ANNIVERSARY BEST COCX-35373
19 2009年12月29日 40th Anniversary 〜ミッチの独言倶楽部2009〜 COZX-413/4
20 2010年3月17日 MITSUKO HORIE 40th Anniversary 〜Encore〜 COZX-429/30
21 2014年11月19日 堀江美都子 レア・グルーヴ・トラックス COCX-38855
22 2015年4月1日 ベスト・オブ・ベスト 堀江美都子 COCX-39014
  • テレビまんが主題歌のあゆみ
発売日 タイトル 規格品番
1 1987年7月21日 堀江美都子 テレビまんが主題歌のあゆみ 56CC-1676/7
2 1987年12月1日 堀江美都子 テレビまんが主題歌のあゆみII 56CC-2021/2
  • 歌のあゆみ

堀江の持ち歌を、初出音盤の発売順に収録するという企画。1983年9月、4枚組のLPレコードBOXとして発売。シリーズ化され、合計3組のLPレコードBOXが発売された。

1988年から1996年にかけ、各3枚組のCD-BOXとして、合計7組が発売。その後、長らく途絶えていたが、2009年8月発売のデビュー40周年BOXに『歌のあゆみ8』が含まれ、同12月には『歌のあゆみ8』が単独(3枚組)で発売された。

発売日 タイトル 規格品番(CD)
1 1988年11月21日 歌のあゆみ1 少女期の想い出 72CC-2965/7
2 1989年1月21日 歌のあゆみ2 はつらつ青春時代 72CC-3094/6
3 1989年3月10日 歌のあゆみ3 スター誕生!! 72CC-3260/2
4 1988年9月21日 歌のあゆみ4 輝けるアニメの女王 72CC-2651/3
5 1990年3月21日 歌のあゆみ5 歌は心にこだまする CC-4677/9
6 1992年3月21日 歌のあゆみ6 今日から明日への前奏曲 COCC-9687/9
7 1996年5月21日 歌のあゆみ7 Heartful COCC-13415/7
8 2009年8月5日
2009年12月23日
MITSUKO HORIE 40th〜ANNIVERSARY BOX〜
歌のあゆみ8(『...〜ANNIVERSARY BOX〜』より分割)
COZX-396/408
COCX-35931/3
  • Dear Friend

水木一郎とのデュエット曲ばかりを集めたアルバムで、一部新曲も収録。

発売日 タイトル 規格品番
1 1993年4月21日 Dear Friend COCC-10599
2 2007年12月26日 水木一郎・堀江美都子/Dear Friend 2007 〜ふたりのアニソン〜 COCX-34641

その他、『ジムボタン』『キャンディ♥キャンディ』『魔法少女ララベル』『花の子ルンルン』『ハロー!サンディベル』など、主題歌・挿入歌LPのほぼ全曲を堀江が歌っている場合も多い。

映像作品[編集]

DVD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1 2000年4月21日 30th Anniversary MICCHI 120%〜あしたがすき〜 COBC-4029
2 2013年3月27日 堀江美都子TV主題歌大全集 COBC-6428/9

VHS[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1 1982年11月21日 Mitsuko Horie 1982 ONE GIRL CONCERT 98C61-9008
2 1983年8月21日 '83 堀江美都子 きらめきの瞬間 98C61-9526
3 1983年10月21日 '83 Micchi One Girl Concert 128C61-9033

女優業[編集]

コマーシャル[編集]

著書[編集]

  • ミッチの独白倶楽部-堀江美都子エッセイ集 1981年10月 近代映画社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c OFM仮面ライダー7 2004, p. 27, 早川優「仮面ライダー音楽考 第10回 ライダーソングの歌い手たち 堀江美都子」
  2. ^ 大杉ではなく、子門真人もしくは影山ヒロノブとするケースもある。
  3. ^ 「アニメソングの謎のヒット歌手たち」、『AERA』1994年6月13日号。
  4. ^ WEBアニメスタイル 特別企画ミニインタビュー あの声、あのキャラ、あの作品 堀江美都子と『魔法少女ララベル』(3)
  5. ^ 堀江は「声変わりが終わって、急に声が通るようになった時の作品として『けろっこデメタン』に思い入れがある」と、BSの『アニメ主題歌大全集』やCD「MICCHI 100% -あしたがすき-」(コロムビアミュージックエンタテインメント、COCX-30415/7)のライナーノーツで述べている。
  6. ^ オズの魔法使いは、劇場アニメとして制作されながらも、劇場公開の企画がつぶれたため、オリジナル曲のスタイルで発売された。アニメはCSで放送されたことはある。
  7. ^ 「アキラ」は神谷明のこと。
  8. ^ 宇宙船サジタリウス”. 日本アニメーション. 2016年6月7日閲覧。
  9. ^ 小公子セディ”. 日本アニメーション. 2016年6月4日閲覧。
  10. ^ ひみつのアッコちゃん2”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  11. ^ シグルイ”. マッドハウス. 2016年6月25日閲覧。
  12. ^ 超人ロック ロードレオン”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  13. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。

関連人物[編集]

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.7 仮面ライダーストロンガー』 講談社2004年8月25日ISBN 4-06-367095-3

外部リンク[編集]

先代:
わしづなつえ
幼稚園・保育所向けの時間
音楽番組のお姉さん
1972年
次代:
小原初美
先代:
森田英津子
NHK学校放送小学1・2年
音楽番組のお姉さん
1978年,1981年
同代:山崎睦子(1975~1978年),大和田りつこ(1979~1981年)  
次代:
ラブリーズ