キャロル・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャロル・キング
Carole King
CaroleKingHWOFDec2012.jpg
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのイベントにて (2012年12月)
基本情報
出生名 Carol Klein
生誕 (1942-02-09) 1942年2月9日(75歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク市ブルックリン
ジャンル ポップス
ブルー・アイド・ソウル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1958年 - 現在
レーベル Ode Records
キャピトル・レコード
アトランティック・レコード
Rhythm Safari
Rockingale
公式サイト Official Website

キャロル・キングCarole King, 1942年2月9日 - )は、アメリカ合衆国出身の女性シンガーソングライター

16歳でデビューし、挫折を味わいながらも30歳を過ぎた1970年代に大きく開花。母国の代表的歌手に昇り詰めた。

1972年2013年度『グラミー賞』受賞。1990年ロックの殿堂』入り。2015年度『ケネディ・センター名誉賞』受賞。

概要[編集]

本名キャロル・ジョーン・クライン(Carol Joan Klein)。ニューヨーク市ブルックリン生まれ、1958年に歌手デビュー。1人目の夫、ジェリー・ゴフィンとの間に生まれた長女のルイーズ・ゴフィンも、シンガーソングライターとして活動している。離婚歴2回(最初の夫はジェリー・ゴフィン、2番目の夫はベーシストチャールズ・ラーキー)。1977年には3人目の夫となるリック・エヴァーズと結婚したが、翌年リックの麻薬禍により死別している。

ニール・セダカのヒット曲「おおキャロル」は、キャロル・キングのことを歌ったもので、お返しに彼女は、アンサーソング「おおニール」を発表したエピソードがある。

経歴[編集]

空母ハリー・S・トルーマン艦内でのライブ (2000年12月)
NY公演にてジェームス・テイラーと共演 (2010年6月)

大学生時代に、ポール・サイモンからデモ・テープの作り方を教わった彼女は、自分で作ったデモ・テープを売り込み、1958年にABCパラマウント・レコードからシングル・デビュー。しかしながら、その後ABCやRCAなどに残した4作のシングルは何れも失敗に終わり、一旦歌手としてのキャリアは頓挫することとなる。

1960年代には、当時の夫ジェリー・ゴフィンとのソングライター・コンビで、「ロコ・モーション」「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」「ゴー・アウェイ・リトル・ガール」「ワン・ファイン・デイ」「サヨナラ・ベイビー」など、後々まで歌い継がれている数々の作品を生み出した。1960年から1963年にかけての3年間で、2人は延べ20曲あまりの全米トップ40ヒットを世に送り出している。

彼女自身も、シンガーソングライターとして1曲だけ1962年に「イット・マイト・アズ・ウェル・レイン・アンティル・セプテンバー」により全米チャート22位[1][2]全英シングルチャート3位を記録している。しかし、飛ぶ鳥を落とすような勢いもビートルズの全米進出を機に翳りを見せ始め、仕事上の不和がプライベートにまで影響を及ぼしたらしく、1968年にゴフィンと離婚(仕事上では、その後も度々パートナー関係を続けている)。

1968年、ダニー・コーチマー、チャールズ・ラーキーらとザ・シティというグループを結成しアルバム『夢語り』を発表。

1970年代に入ってからは、シンガー・ソングライターとしての活動に本腰を入れ、1970年にアルバム『ライター』で再びソロ・デビュー。翌1971年のソロ・アルバム『つづれおり( Tapestry )は、全米アルバムチャートで15週連続1位、その後も302週連続でトップ100に留まるロングセラーとなり、グラミー賞でも4部門制覇、現在まで約2200万枚を売り上げている。先行シングル「イッツ・トゥー・レイト」は、全米シングルチャートで5週連続1位、年間チャートでは第3位を記録。ジェームス・テイラーが、収録曲「きみの友だち」をカバーし、シングルチャート1位を獲得している。その後も、アルバム『ミュージック』『喜びにつつまれて』、シングル「ジャズマン」など、順調にヒットを連発。1970年代前半から中期を代表するヒットメーカーの一人となり、2つの年代に渡って天下を取った。

また、『つづれおり』が大ヒット中の1972年には、五輪真弓のデビュー・アルバム『少女』の制作をサポート。その後、1974年までの3年間、五輪真弓のアルバム3作品を手掛けたことでも知られている。

1977年に、キャピトル・レコードに移籍後の最初のアルバム『シンプル・シングス』( Simple Things )もゴールド・ディスクを獲得。しかし、それ以後これといった大きなヒットはなく、今に至っている。1990年には初の来日公演が実現し、ジェリー・ゴフィンと連名でロックの殿堂入りも果たした。

1990年代以降は、映画主題歌やセリーヌ・ディオン、ザ・ウィルソンズなどへの曲提供などマイペースで音楽活動を継続し、2作のオリジナル・アルバムと1枚のライブ・アルバムを発売。2004年には「リビングルーム・ツアー」と題した北米コンサートツアーを行い、翌年には同ツアーの音源を記録したライブ盤が発売され、なかなかの好評を集めている。

ケネディ・センター名誉賞』授賞式にて小澤征爾らと (2015年12月)

2007年11月、キッコーマン北米進出50周年記念イベントの一環で、1990年以来17年振りの来日公演が実現。メアリー・J. ブライジブラック・アイド・ピーズファーギーと共演した。13日の日本武道館公演が、2008年4月11日NHK-BShiにて放映された。

2013年2月、長年の音楽界の功績によりグラミー賞の功労賞を受けた。同年3月には女性作曲家として初のガーシュウィン賞受賞者となった[3]

2013年には彼女の半生をその名曲とともに描いたミュージカル『ビューティフル英語版』がサンフランシスコで上演、2014年にブロードウェイ公演を行うとトニー賞主演女優賞をはじめ、グラミー賞やローレンス・オリヴィエ賞を受賞するなど好評を博し、ロンドン公演や全米ツアーも行われ、各地でロングラン公演が続けられている。日本でも2017年7月から帝国劇場で、キャロル・キング役に水樹奈々平原綾香のダブルキャストで上演されている。

2015年、長年の業績を評価され、母国の栄誉である『ケネディ・センター名誉賞』受賞した[4]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Right Girl / Goin' Wild (1958/ABC-Paramount 9921)
  • Under The Stars / Baby Sittin' (Dec.1958/ABC-Paramount 9986)
  • Short Mort / Queen Of The Beach (1959/RCA 47-7560)
  • Oh Neil / A Very Special Boy (1959/Alpine 57)
  • It Might As Well Rain Until September / Nobody's Perfect (Jun.1962/Companion 2000)
  • It Might As Well Rain Until September / Nobody's Perfect (1962/Dimension 2000)
  • School Bells Are Riging / I Didn't Have Any Summer Romance (1962/Dimension 1004)
  • He's A Bad Boy / We Grew Up Together (1963/Dimension 1009)
  • A Road To Nowhere / Some Of Your Lovin' (1966/Tomorrow 7502)

オリジナル・アルバム[編集]

  • 『ライター』 - Writer (1970)
  • つづれおり』 - Tapestry (1971)
  • 『ミュージック』 - Music (1971)
  • 『喜びは悲しみの後に』 - Rhymes and Reasons (1972)
  • 『ファンタジー』 - Fantasy (1973)
  • 『喜びにつつまれて』 - Wrap Around Joy (1974)
  • 『サラブレッド』 - Thoroughbred (1975)
  • 『シンプル・シングズ』 - Simple Things (1977)
  • 『ウェルカム・ホーム』 - Welcome Home (1978)
  • 『タッチ・ザ・スカイ』 - Touch the Sky (1979)
  • 『パールズ』 - Pearls (1980)
  • 『ワン・トゥ・ワン』 - One To One (1982)
  • 『スピーディング・タイム』 - Speeding Time (1983)
  • 『シティ・ストリーツ』 - City Streets (1989)
  • 『カラー・オヴ・ユア・ドリームス』 - Colour Of Your Dreams (1993)
  • 『ラヴ・メイクス・ザ・ワールド』 - Love Makes The World (2001)
  • 『ラヴ・メイクス・ザ・ワールド:デラックス・エディション』 - Love Makes the World: Deluxe Edition (2007)
  • 『ホリデイ・キャロル』 - A Holiday Carole (2011)
The City名義
  • 『夢語り』 - Now That Everything's Been Said (1968)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『イン・コンサート』 - In Concert (1994)
  • 『カーネギーホール・コンサート』 - The Carnegie Hall Concert June 18,1971 (1996)
  • 『リビング・ルーム・ツアー』 - Living Room Tour (2005)
  • 『リビング・ルーム・ツアー』 - Live at the Troubadour (2010)

コンピレーション[編集]

  • Dimension Dolls (1963/Dimension LP 6001)
  • 『おしゃまなロージー』 - Really Rosie (1975) - サウンドトラック
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Her Greatest Hits -Songs Of Long Ago (1978)
  • 『私花集』 - A Natural Woman -Ode Collection 1968-1976 (1994)
  • 『タイム・ゴーン・バイ』 - Time Gone By (1994)
  • 『ナチュラル・ウーマン~ヴェリー・ベスト・オブ』 - A Natural Woman -The Very Best Of- (1999)
  • 『ブリル・ビルディング・レジェンズ』 - Brill Building Legends - Complete Recordings 1958-1966 (1999)

代表作[編集]

日本公演[編集]

3月7日,8日 NHKホール、9日 名古屋市民会館、10日 大阪厚生年金会館
  • 2007年 50 Years in the USA KIKKOMAN presents 「3 Great American Voices」
(共演:メアリー・J. ブライジファーギー
11月5日,6日 大阪城ホール、10日 さいたまスーパーアリーナ、12日,13日 日本武道館
  • 2008年 WELCOME TO MY LIVING ROOM TOUR JAPAN 2008 - HER BEST HITS LIVE
11月10日,11日 Bunkamuraオーチャードホール、14日,15日 大阪厚生年金会館大ホール、17日 名古屋国際会議場センチュリーホール、21日,22日 東京国際フォーラム・ホールA、24日 神戸国際会館こくさいホール

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]