哀しみのアダージョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)
T'en va pas
エルザシングル
リリース
ジャンル フレンチポップス
時間
作詞・作曲 作詞:レジス・ヴァルニエ、カトリーヌ・コーエン
作曲:ロマーノ・ムスマッラ
プロデュース Georges Mary
テンプレートを表示

哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)」(かなしみのアダージョ(かれとかのじょのソネット)、原題:T'en va pas)はフランスの女性歌手、エルザシングルである。1986年リリースされた。作曲はロマーノ・ムスマッラ Romano Musumarra、作詞はレジス・ヴァルニエとカトリーヌ・コーエン。

概説[編集]

この曲はレジス・ヴァルニエ監督の映画『悲しみのヴァイオリンフランス語版』(1986年)の主題歌として制作された。当時13歳のエルザはこの映画に出演し、監督の薦めで主題歌を歌った。原題「T'en va pas」は「行かないで」という意味で、自分や母親を見捨てて出て行こうとする父親に行かないでと懇願する歌である。フランスでは、シングルとして発売されるとヒット・チャート連続8週間第1位を記録し、売り上げ130万枚を計上した[1]

日本では1987年の日本盤発売時に「哀しみのアダージョ」という日本語題が付けられた。その後、1994年のシングル再発売時に日本語の副題が加えられ、「哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)」となった。この副日本語題は、後述する原田知世大貫妙子の日本語詞によりカバーした際のタイトルである。エルザ自身による英語版のタイトルは「Papa please don't go」となっている。

1989年にリリースされたファーストアルバムや、その後にリリースされたレギュラー・アルバムには本曲は収録されず、またシングル自体も廃盤になったため、しばらくは入手困難な状態が続いていたが、1994年のシングル再発売や映画のサウンドトラック発売に続き、1997年にはベスト・アルバム『哀しみのアダージョ~ベスト・オブ・エルザ』が発売され、現在では容易に入手できるようになっている。このベスト盤には英語版や1997年リミックス・バージョンも収録されている。

日本ではジーンズ・メーカーのエドウインが、女性向けブランド「サムシング」のCMで使用したことでも知られる。

原田知世盤[編集]

彼と彼女のソネット
原田知世シングル
初出アルバム『Schmatz』
B面 泣いているのは星屑
リリース
ジャンル J-POP
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 日本語詞:大貫妙子
チャート最高順位
原田知世 シングル 年表
逢えるかもしれない
(1987年)
彼と彼女のソネット
(1987年)
太陽になりたい
(1988年)
テンプレートを表示

1987年原田知世が、大貫妙子の日本語詞により、「彼と彼女のソネット」の題名でカバーした(編曲は後藤次利)。オリコンチャートの登場週数は6週、チャート最高順位は週間19位、累計2.6万枚のセールスを記録した[2]

大貫自身もこの自らの日本語詞により、同年のアルバム『A Slice Of Life』でカバーした。この際、歌詞の一部が変更されており、原田盤と大貫盤は全くの同一の歌詞ではない。

原田は1994年、この曲の原語の歌詞によるカバーを発表している。(シングル『T’EN VA PAS』、フォーライフ

収録曲[編集]

  1. 彼と彼女のソネット
  2. 泣いているのは星屑


その他カバー[編集]

収録作品は初出のもののみ記載する。△…エルザ盤のカバー。◇…原田(大貫)盤のカバー。○…インストゥルメンタル、その他。

  • 富沢聖子:「彼と彼女のソネット」。アルバム『星の涙』(1987年) ◇
  • ピエール・ポルト:「哀愁のアダージョ」。アルバム『フライデーナイト・ファンタジー』(1994年) ○
  • CREOLE:「彼と彼女のソネット」。アルバム『彼と彼女のソネット』(1994年) ◇
  • T. YUMI:「哀愁のアダージョ 〜彼と彼女のソネット」。オムニバスアルバム『フレンチ・リップス』(1994年) ◇
  • 宮村優子:「彼と彼女のソネット」。アルバム『不意打ち』(1997年) ◇
  • 長谷川恵里:「彼と彼女のソネット」。アルバム『Flavor』(2002年) ◇
  • 坂本美雨:「彼と彼女のソネット」。シングル『THE NEVER ENDING STORY』(2005年) ◇
  • Sana:「T’en va pas」。アルバム『蜜月 〜honey moon〜』(2005年) △
  • 一十三十一:「彼と彼女のソネット」。オムニバスアルバム『Pure Voice 〜J-COVER〜』(2008年) ◇
  • プリシラ・アーン:「哀しみのアダージョ(T’en va pas)」。アルバム『ナチュラル・カラーズ』(2012年) △

脚注 [編集]

  1. ^ ファーストアルバム「エルザ(Elsa)」のライナーノーツより。
  2. ^ a b 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』 オリコン・エンタテインメント、2012年2月、612頁。ISBN 978-4-87131-088-8

参考文献[編集]

  • 柳沢直弥 (1997年). エルザ『哀しみのアダージョ~ベスト・オブ・エルザ』のアルバム・ノーツ. キングレコード (KICP 619).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]