高田漣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高田漣
生誕 (1973-08-20) 1973年8月20日(43歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
職業 マルチ弦楽器奏者
担当楽器 弦楽器全般
活動期間 1990年 -
共同作業者 pupa
公式サイト TONE -高田漣
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

高田 漣(たかだ れん、1973年8月20日 - )は、東京都出身のマルチ弦楽器奏者で、pupaのメンバー。父はフォークシンガー高田渡

来歴[編集]

1970年代 - 加川良のアルバム『アウト・オブ・マインド』や、吉田拓郎の楽曲「彩たん」の歌詞、フォークシンガーである父・高田渡の『FISHIN ON SUNDAY』などの歌詞や、泣き声などでも登場していた。

1990年 - 17歳の時、西岡恭蔵のアルバム『トラベリン・バンド』に参加しセッション・デビュー。

1990年代後半 - 父・渡のバックを務める傍ら、ハナレグミ原田郁子畠山美由紀ポラリスアン・サリーサンディーハシケンなど数多くのセッションにも参加する。

2002年 - アルバム『LULLABY』でソロデビュー。

2006年 - 細野晴臣&東京シャイネスのメンバーとしてペダルスティールを担当。また同年の高橋幸宏ソロツアーもペダルスチール、マンドリン、アコースティックギターでサポート。

2007年 - Human Audio Sponge(細野晴臣・高橋幸宏・坂本龍一)のチャリティライブにサポートメンバーとして参加した他、夏には高橋幸宏、原田知世らとpupaを結成した。

2013年 - アルバム『アンサンブル』で、SPEEDSTAR RECORDSからメジャーデビュー。

人物[編集]

メイン楽器はペダル・スティールギター。その他にもラップスティールギター、アコースティックギター、マンドリン、ウクレレなどを弾きこなす。

少年時代はYMOのファンで、ペダルスティールを始めた動機は「キーボードみたいだったから」。ブライアン・イーノのアルバム『APOLLO』の中でダニエル・ラノワが演奏するスティールギターのサウンドが自身のルーツにあるとも語っている。

アコースティック楽器やペダルスティールのオーソドックスなフォーク/カントリースタイルのプレイの他、エフェクターを多用したペダルスティールで空間的なサウンドやシンセサイザーのようなエフェクティブな音も作り出している。また、独自の活動を始めて2007年現在、自身のソロアルバムも5作品リリースしている。

俳優・大杉漣の芸名は、高田に由来する。

作品[編集]

ソロ[編集]

  • LULLABY (CD 2002年6月26日 Nowgomix Records NGCA-1008)
  • Wonderful World (CD 2003年11月27日 Nowgomix Records NGCA-1014)
  • RT (CD 2004年11月25日 Nowgomix Records NGCA-1018)
  • 12 notes (CD 2006年11月1日 Videoarts Music VACM-1293)
  • Evening on this island (CD 2007年5月30日 Videoarts Music VACM-1308)
  • Ballads -anthology of early years- (CD 2007年5月30日 Nowgomix Records NGCA-1028/1029)
  • Official Bootleg Series “Folk Roots / New Routes” Vol. 001 with 中島ノブユキ (配信 2011年5月20日 OTOTOY TTCL-501/501H)
  • アンサンブル(CD 2013年6月19日 SPEEDSTAR RECORDS VICL-64037)
  • コーヒーブルース 〜高田渡を歌う〜(CD 2015年4月15日 キングレコード KICS-3178)

共作[編集]

  • HAWAII,HAWAII / KAMA AINA, RT, MOOSE HILL (CD 2005年6月12日 333 Discs 333D-15)
  • RAINBOW HAWAII / KAMA AINA, RT, MOOSE HILL (CD 2006年6月12日 333 Discs 333D-29)
  • 上海 / KAMA AINA, 高田漣, MOOSE HILL (CD 2007年6月12日 333 Discs 333D-34)
  • 27/03/03 / 高田渡/高田漣 (CD 2006年4月12日 Tonetone Records HRAD-00011)
  • ROSE / マイク眞木 meets 高田漣 (CD 2006年7月5日 Tuff Beats UBCA-1007)
  • ハワイ唄 / マイク眞木 meets 高田漣 (CD 2008年7月9日 Tuff Beats UBCA-1014)
  • BOW / 大友良英+高田漣 (配信 2010年9月 OTOTOY)

バンド、ユニット[編集]

  • HOME FAMILY LOVE / RAM (CD 2003年8月6日 CV Recordings CVRC-012)
  • Hands of Creation / Hands of Creation (CD 2006年6月21日 Videoarts Music VACM-1287)
  • トロピカル道中 / サケロックオールスターズ (CD 2006年8月9日 Chordiary HRAD-00017)
  • pupaの作品はpupaを参照のこと。

サウンドトラック[編集]

参加作品[編集]

  • 青い月 / ハシケン(CD 2005年12月7日 ヤマハミュージックコミュニケーションズ YCCL-10002)
  • Hug / ハシケン (CD 2007年10月24日 Long Scale Disc XBCD-3001)

CM出演[編集]

外部リンク[編集]