ライディーン (YMOの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライディーン
YMOシングル
初出アルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー
B面 コズミック・サーフィン
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル テクノポップ
時間
レーベル アルファレコード
作曲 高橋幸宏
プロデュース 細野晴臣
チャート最高順位
YMO シングル 年表
テクノポリス
(1979年)
ライディーン
(1980年)
タイトゥン・アップ
(1980年)
ミュージックビデオ
「RYDEEN」(HD Remaster・Short ver.) - YouTube
「Rydeen」(Official Music Video) - YouTube
ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー 収録曲
A面
  1. 「TECHNOPOLIS」
  2. 「ABSOLUTE EGO DANCE」
  3. RYDEEN
  4. 「CASTALIA」
B面
  1. 「BEHIND THE MASK」
  2. 「DAY TRIPPER」
  3. 「INSOMNIA」
  4. 「SOLID STATE SURVIVOR」
テンプレートを表示

ライディーン』(雷電、RYDEEN)は、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の2枚目のシングル曲。1980年6月21日アルファレコードから発売された。

解説[編集]

テクノポリス」と並ぶYMOの代表曲[1]

メロディはバーで高橋幸宏が鼻歌で歌っていたところを、坂本龍一がメモに書き起こして作られたとされている[2]。ただし、髙橋の記憶では、スタジオでキーを完成させていたとしており、齟齬が発生している[3]

YMOの初代マネージャーであった日笠雅水は高橋が家でキーボードで作ってスタジオに持ってきたと明かしている[4][5]

高橋によると翌日アルファのスタジオのピアノでメロディを弾きながら坂本は「こんな音楽成立しない」という態度を全身から漂わせていたといい、坂本自身も「ドーレーミーで始まる曲などあり得ない」と考えていた[6]

イントロコードは高橋がすでにキーボードで考えていたもので、続きの部分は坂本が聞き取ったものである。坂本はその光景をはっきりと覚えているが、高橋は覚えていない[7]

元々のタイトルは江戸後期の伝説的な力士雷電爲右エ門」から『雷電』と表記された。坂本は「『雷電』には東海道五十三次のような浮世絵のイメージがあり、浮世絵が世界に影響を与えたように、自分達の音楽も世界に影響を与えることと重ね合わせた」と発言している。その後、細野の「アメリカで今『勇者ライディーン』っていうアニメがヒットしている」ので「じゃあ、『ライディーン』にしちゃおう」という発言で「ライディーン」となった[7]。ただし『勇者ライディーン』の英語表記はRAIDEENであり、綴りは若干異なる。

無機的な表現とするためあえて抑制したつくりだった「テクノポリス」に対して、「ライディーン」は逆に盛り上がるように作られている。また、細野は「遊びながら、当時の自分達では作れるとは思っていなかったサウンドができ、非常に楽しいレコーディングだった」と回想している[7]

映画『スター・ウォーズ』を黒澤明監督が撮ったらどうなるか、が発想の起点だった。その為、途中で戦闘ゲームや時代劇風の馬が走る音が入る。このことは作曲者の高橋幸宏が著作で明かしている[8]

録音[編集]

Aメロの音色は長年、アープ・オデッセイを使用して坂本が手弾きしたと言われていたが、藤井丈司の著書にて松武秀樹との対談においてトラックシートの表記やビブラートが掛かるタイミングと深さが同じことから、moogIIICでディレイ・ビブラートを設定し演奏していたと判明した[9]。イントロの「チッチキ...」にはハイハットの音にフランジャーをかけたものと、ピンクノイズが使われている。

Cメロで聞かれる馬の蹄は細野が得意としていたサウンド・エフェクトで、コルグPS-3100を使用している。

間奏のサウンド・エフェクトで聴かれる「ホワァー」という音は細野によるPS-3100、「ピュンピューン」という音は坂本によるアープ・オデッセイの音が使われている[10]。この部分は、立体音になっている。 ドラムの飛び跳ねるようなフィルは、高橋が影響を受けたビートルズリンゴ・スターの叩き方をまねている。

リリース[編集]

1980年6月21日アルファレコードより7インチレコードでリリースされた。

B面の「コズミック・サーフィン」はアルバム『イエロー・マジック・オーケストラ』収録曲。ライブ・アルバム『パブリック・プレッシャー』(1980年)からのライブテイクとなっている。『CUBIC - YMO CD Single BOX』(1993年)のシングルCDでは司会者のMCを丸ごとカットして演奏開始2秒前(演奏は3秒から始まる)の歓声からフェードインで始まっている。

『タイムスリップグリコ 青春のメロディーチョコ』において、「ライディーン」のみ収録で、8cmシングルとしてジャケットも含め復刻された。

ミュージック・ビデオ[編集]

本作のミュージック・ビデオはメンバー3人が演奏する姿と、キーボードを弾く手元のみを写すシーン、キーボードにエフェクトを掛けた映像、3人が銃撃戦を行うシーンとで構成されている。ミュージック・ビデオ集『COMPUTER GAME』(1983年)にVHSで初収録され、『YMO Giga Clips』(1998年)にて初DVD化された[11][12][13]

メディアでの使用[編集]

カバー[編集]

  • 1988年、インディーズユニットであった空手バカボンが「来たるべき世界」というタイトルで事実上のカバー[14]。しかし当時ナゴムレコードから発売された『バカボンの頭脳改革 -残酷お子供地獄-』『空手バカボン ベスト』のクレジットでは作詞・大槻KENZI(大槻ケンヂ)、作曲・空手バカボンというクレジットになっている。2005年に発売された『空手バカボン ナゴムコレクション』には、著作権者からの使用許可が下りなかったため収録されていない[15]
  • 1991年、森丘祥子がアルバム『夢で逢えたら』で歌詞をつけてカバー(作詞は小西康陽)。
  • 1991年、松武秀樹ロジック・システムのアルバム「To・Gen・Kyo」にて中国語歌詞付きでカバー。
  • 1997年、Balanescu Quartetがアルバム『East meets East』でカバー。
  • 2000年、THE HONG KONG KNIFEがシングル『LOVE ME』の4曲目でロックアレンジでカバーしている。
  • 2004年、『TRIBUTE TO YMO』でLOW IQ 01がカバーした。
  • 2004年、清心がアルバム『清心』で「RYDEEN(マンドリン&ヴォーカルバージョン)」として歌詞をつけてカバー。
  • 2005年、aminが「雷電」というタイトルで歌詞をつけてカバーしている。
  • 2007年キリン ラガービールのCMにて、この曲のセルフカバーに当たる「RYDEEN 79/07」が新たに録音された。当初ネット配信のみで、ネット配信時の名義は「YMO」の略称ではなくカタカナ表記の「イエロー・マジック・オーケストラ」だった。2007年8月22日にYellow Magic Orchestra名義でCD化された。カップリングはHASYMO名義の『RESCUE』。
  • 2010年、monobrightがシングル『雨にうたえば(初回版)』でカバーしている。
  • 2011年、渡辺香津美がアルバム『TRICOROLL』でカバーしている。
  • 2013年、Sensationがアルバム『Sensation II』でカバー。
  • 2014年、E-girlsのアルバム『COLORFUL POP』にリード曲として、同曲をサンプリングし歌詞とボーカルをつけた「RYDEEN 〜Dance All Night〜」が収録。
  • 2015年、フレッシュマン・ウインド・アンサンブル(洗足学園音楽大学の1年生で編成されたバンド)がテレビアニメ響け!ユーフォニアム』の劇中曲としてカバー[注釈 2]。同作のサウンドトラック・アルバムに収録[注釈 3]

シングル収録曲[編集]

全編曲: イエロー・マジック・オーケストラ。
#タイトル作詞作曲時間
1.ライディーン(RYDEEN) 高橋ユキヒロ
2.コズミック・サーフィン(COSMIC SURFIN') 細野晴臣

リリース履歴[編集]

No. 日付 国名 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1980年6月21日 日本 アルファレコード 7インチ ALR-701 15位
2 1982年 イギリス アルファレコード 7インチ ALFA 2145
3 1993年7月21日 日本 アルファレコード 7インチ ALKA-2 - 『YMO ANALOG SINGLE BOX』収録
4 1993年9月21日 日本 アルファレコード CD ALDA-92 - CUBIC - YMO CD Single BOX』収録
5 2003年 日本 アルファレコード CD AR-GO13 - タイムスリップグリコ「青春のメロディー」付録
「ライディーン」1曲のみ収録

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、ヤクルトに入団した2019年からの1年間は「テクノポリス」を登場曲として使用していた。
  2. ^ 編曲 - 和田直也[18]
  3. ^ 劇場版でも使われているが、そちらのサウンドトラック・アルバムには未収録。

出典[編集]

  1. ^ 【輸入盤】 SOLID STATE SURVIVOR - イエロー・マジック・オーケストラ - 4571222047198 : CD”. 楽天ブックス. 楽天. 2021年7月11日閲覧。
  2. ^ 坂本龍一 (2011年5月2日). “【忘れないうちに集団記憶とするため】ライディーンは、録音が終わったある夜、幸宏と西麻布の裏のバーに飲みに行き、幸宏が鼻歌で歌ったものを、ぼくが紙ナプキンに書き取り「明日、これ録音しよう!」と盛り上がったのでした。そのバーはもうとっくになくなり、名前も覚えていません。”. Twitter. 2014年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  3. ^ 高橋幸宏 (2011年3月3日). “@skmt09 ライディーンはいつも教授がそう言うんだけれど、アルファのスタジオであそこのピアノに向かって初め、Am,Fmaj7っていうキーで考えた記憶があるんだよね。教授が書きとめてくれたのは、中国女じゃない?か、ライディーンのBの部分じゃなかった?バーは、青山です。名前?”. Twitter. 2016年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月5日閲覧。
  4. ^ 日笠雅水 [@maaco3] (2011年3月3日). "ライディーンは幸宏さんがお家でキーボードで作ってスタジオに持ってきました。アレンジしたあと「こんな普通の曲を僕が手を入れるとこんなふうになる」と少し自慢なさいました" (ツイート). Twitterより2023年1月18日閲覧
  5. ^ 【追悼】高橋幸宏さん YMO『ライディーン』巨額の印税を生んだドコモ携帯着信音への採用”. Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]. 光文社 (2023年1月16日). 2023年1月18日閲覧。
  6. ^ 細野晴臣高橋幸宏坂本龍一 著、後藤繁雄 編 『TECHNODON(テクノドン)』小学館、1993年6月1日。ISBN 978-4-0936-3171-6OCLC 673859945 
  7. ^ a b c 『Yellow Magic Orchestra』 2007, p. [要ページ番号].
  8. ^ 安藤健二 (2023年1月16日). “高橋幸宏さん死去。YMOの名曲「ライディーン」の元ネタは『スターウォーズ』だった”. ハフポスト. 2023年1月17日閲覧。
    高橋幸宏 『心に訊く音楽、心に効く音楽 私的名曲ガイドブック』PHP研究所、東京〈PHP新書〉、2012年8月11日、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-569-80640-2OCLC 808339005 
  9. ^ 藤井丈司 『YMOのONGAKU』アルテスパブリッシング、2019年3月25日、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-8655-9202-3 
  10. ^ 「キーボード・スペシャル」1999年11月号
  11. ^ YMO 『COMPUTER GAME』(VHS)ビクターエンタテインメント、1983年3月5日。ASIN B000064VVI 
  12. ^ YMO 『Giga Clips』(DVD)東芝デジタルフロンティア、1998年8月22日。EAN 4947127500111 
  13. ^ YMO 『Giga Capsule〜20th ANNIVERSARY King of Techno〜』(DVD)東芝デジタルフロンティア、1999年1月25日。EAN 4947127500319 
  14. ^ 大槻ケンヂ“死ぬまでハードロック?” 「筋肉少女帯」再結成10周年の心境を語る (2016年11月23日)”. エキサイトニュース. TOKYO FM+ (2016年11月23日). 2021年7月11日閲覧。
  15. ^ 空手バカボン ナゴムコレクション”. ナゴム再生委員会 (2005年7月16日). 2021年7月11日閲覧。 ただし、サイト上の曲名表記は「来るべき世界」であることに注意。
  16. ^ 【ライブレポート】<WORLD HAPPINESS 2015>、全8時間全13アクトに歴史と未来”. BARKS (2015年8月27日). 2021年7月11日閲覧。
  17. ^ 【詳細レポ】<WORLD HAPPINESS 2015>、真の意味での“YMOフェス”へ”. BARKS (2015年9月14日). 2021年7月11日閲覧。
  18. ^ RYDEEN”. ウィンズスコア. 2021年7月11日閲覧。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]