ナゴムレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナゴムレコードは、1983年より断続的に活動している日本のインディーズレーベル。通称ナゴム。主宰者はケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)。

概要[編集]

  • 1980年代後半において、インディーズアーティストを専門に扱うレーベルとしてはキャプテンレコードトランスレコードなどと並ぶ最大手レーベルの一つであった。当時のサブカルチャーの一端を担い、1990年代以降に著名となった多くのミュージシャンクリエイター俳優を輩出したことで知られる。
  • レーベル作成当初は、ケラのバンド有頂天と、加藤賢崇岸野雄一らのバンド東京タワーズのみが所属しており、加藤・岸野らは2つのバンドのみの共同レーベルと考えていた。だが、ケラが独自に多くのバンドをスカウトしてレコード化していき、自然の流れでケラが主宰者となった。
  • 「ナゴムレコード」という名前を決めたのは岸野雄一と川勝正幸であるという[1]。先鋭的な活動をするからレーベル名くらいは「和む」がいいというのが、その理由。
  • メジャーレコード会社はもちろん、どのインディーズレーベルでも引っかからない個性の塊の様なバンド(ケラ曰く「はぐれものとか、弱者とかの為の音楽をやってる人達」)を積極的に取り上げた。在籍するミュージシャンの音楽性はさまざまだったが、いずれも外見・パフォーマンス面も含め異彩を放つ個性派と目された。
  • ジャケットイラストの多くは、同じく「異端者」の集まりであった漫画雑誌『ガロ』の漫画家が手掛けている。
  • 所属アーティストのライヴに来場するファンに多く見受けられた、奇抜なファッションをした女性たちを「ナゴムギャル」、男性を「ナゴムキッズ」と呼んだ。1990年代後半、石野卓球電気グルーヴ)プロデュースでデビューした篠原ともえの「シノラー」ファッションに共通点がみられ、彼女は「平成のナゴムギャル」といわれた。
  • 2013年7月24日、ケラがTwitter上で創立30周年を機に新生ナゴムレコードを立ち上げると発表した。ケラと鈴木慶一との共同運営体制となり[2]、第1弾作品として2人のユニットであるNo Lie-Senseのファースト・アルバムが11月6日にリリースされた[3]

所属アーティスト[編集]

過去の代表的な在籍アーティスト[編集]

※五十音順。詳細およびメジャーデビュー後の動向については、各バンド・人物項目を(存在するものは)参照

  • 有頂天ケラ(ソロ名義、Mr.ナゴム/ケラ&ジ・インディーズなど)
主宰者のケラがヴォーカルを務めるニュー・ウェイヴテクノポップ・バンド。ウィラードラフィンノーズと共にインディーズ御三家と呼ばれた。チューリップの「心の旅」のカヴァーで、インディーズ初のオリコンチャート入り。
1986年メジャーデビュー、1991年解散。2014年12月再結成。
筋肉少女帯の大槻ケンヂ内田雄一郎とケラの3人によるユニット。チープなカセット伴奏などに合わせた歌と、その間に挟み込まれる寸劇が特徴。
現在も正式に解散はしておらず、メンバーがメインで活動しているバンドのライブやイベントにゲストとして出演することが多い。2006年にはCD再発記念としてライブを行うなど、断続的に活動を行っている。
YMOの「ライディーン」に歌詞をつけた替え歌「来たるべき世界」は、本家YMO音源に対抗しエレクトーンでのチープな演奏にボーカルが乗っている。
大槻ケンヂ(当時・大槻モヨコ)、内田雄一郎、三柴理(当時・三柴江戸蔵)、みのすけ(当時・美濃介)、関口博史らによるバンド(メジャーデビュー時メンバー。メンバーの変遷はバンドの項目参照)。
1987年、ナゴムからEP盤「高木ブー伝説」を発表。1988年メジャーデビュー。
正式名称は「大日本帝国初代新所沢愚連隊死ね死ね団」。
ヴォーカル中卒の独特の世界観を持つ歌詞と、ハードかつストレートなパンク・ロックが特徴だったバンド。
ナゴム後期はBUCK-TICKの影響で、ビート・ロックへと移行。氣志團へ多大な影響を与えたバンドの一つ。
石野卓球(当時・卓球)、ピエール瀧(当時・畳三郎、ピエール畳)らによるニュー・ウェイヴ・ユニット。
テクノポップを打ち出した音楽性と、楽器を演奏しないメンバーによる奇怪なパフォーマンス、小学生感覚の下ネタを含む言葉選びに特徴がみられる歌詞が注目された。当時の卓球は顔に白塗りメイクをし、畳(瀧)はドラえもんゴルゴ13コスプレなどをしていた。
他のアーティストと比べ、曲の長さが短いものが多く、数秒で終わるような極端に短いものもある。
メンバー・おばば(ex. 分度器)の脱退に伴い、1989年事実上の解散を経て、瀧のパフォーマンスはそのままにハウスヒップホップなどの作風も取り入れたテクノ・バンド「電気グルーヴ」を結成、1991年メジャーデビュー。
石川浩司知久寿焼滝本晃司、柳原幼一郎(現・柳原陽一郎)によるバンド。
三宅裕司のいかすバンド天国」(イカ天)出場をきっかけに「さよなら人類」が一躍ブームとなる。ナゴムから発売されたLP「しおしお」・EP「でんご」の売上により、ナゴムレコードは抱えていた借金を完済した。1990年メジャーデビュー後、同年のNHK紅白歌合戦に出場した。2003年解散。
現在俳優として知られる田口トモロヲがヴォーカルを務める、初期はパンク、後期はファンクバンド。
1990年メジャーデビュー。その後、トモロヲの俳優活動本格化に伴い活動休止。
大槻ケンヂがソロ・メジャーデビューの際、代表曲「オンリーユー」をカヴァーしている。
人生」のファンクラブを母体として1986年に結成。
ナゴムギャルであったマユタンとサブリナの姉妹をボーカルとし、編成に大正琴を取り入れたガールズバンド
『イカ天』出場後、正式な解散はしないまま1994年活動休止。メンバーのうちサブリナ、カナンは逝去。
その後もマユタンは音楽活動の他、アニメ学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!NHK教育テレビうたってオドロンパ』等で、声優・楽曲提供を担当するなど様々な分野でマルチに活動中。

その他の過去在籍アーティスト(一時所属含む)[編集]

※五十音順

トランスレコードにも所属したプログレバンド。当時、痛郎のメンバーが前座を受け持っていた関係で町田町蔵(現・町田康)によりバンド名が決まる。メンバー交代による休止と復活を繰り返しつつも、解散。
  • エピークラブ
  • えろちか
  • オレンヂチューブ
現在も活動中。1984年にナゴムよりリリースしたEP盤「ORANGE TUBE」はケラによるとナゴムで一番売れなかったレコードであるという。
メンバーは直枝政広、大田譲(現在)。
ナゴムよりリリースしたシングル「夜の煙突」は、ナゴムの中で二番目に売れなかったレコードだったが、後に森高千里がカバーして有名になる。
大木知之(現・TOMOVSKY)がボーカルを務めていた。1989年メジャーデビュー、1993年解散。
ポスト・パンクの要素を入れつつ、ピアノ・バイオリン・ヴォーカルという編成と童話のような歌詞が特徴的な女性3人組バンド。1991年解散。ピアノ担当の磯部智子は作曲家として活動中。
青山陽一、西村哲也、大田譲らによるバンド。ナゴムよりシングル「流れ星老人」をリリース後、メトロトロンよりアルバムを2枚発表。1991年「大往生」と称して活動停止するが、2012年に21年ぶりにアルバムを発表した。
『イカ天』にも出場したナゴムきっての痛快ロックンロール・バンド。「ナゴム脱退宣言」をし、キャプテン・レコードへと移行。ポテトチップスディープ&バイツTheピーズと共に“バカロック”なるシーンを一時形成していた。1990年メジャー・デビュー、1993年解散。ボーカルのマモルは後にワタナベマモルに改名し活動中。
1995年、元有頂天のケラと三浦俊一を中心に結成。1998年、新生ナゴムの第1弾アーティストとして1stアルバムをリリース。
パンクバンド。1990年に解散したが、2001年よりゲンドウミサイルと名を変え現在も活動中。後の氣志團が影響を受ける。
ヴォーカル/ギター・今井勝彦(現・今井三弦)、ベース・栗原賢一、ドラム・橋口公平からなる3ピースバンド。今井のハイトーンボイスと、シュールな歌詞、複雑なリズム展開によって構成された、ハードなバンドサウンドで人気を博した。2005年に解散(厳密には、ナゴムレコードとTiNSTARレーベルのコラボレートである「ナゴムスタア」の所属)。
クラシック音楽を取り入れたパンクバンド。のちに筋肉少女帯に参加する三柴理(旧名・三柴“エディ”江戸蔵)が在籍していた。1985年解散。
  • スクーター
1998年に活動を再開した新生ナゴムよりアルバムをリリース。
  • 東京タワーズ
加藤賢崇がボーカルを務めた歌謡ロックバンド。
  • 東京遊民 Co,Ltd.
  • ドレミ合唱団
棚谷祐一、関島岳郎らによるユニット。棚谷はその後カーネーションに加入し、スピッツなどのプロデュースなども手がけながら2002年まで在籍。
  • Pickey Picnic
漫画家玖保キリコ在籍のポップスバンド。ナゴムでのデビューよりも先にドイツでデビューしていたノイエ・ドイッチェ・ヴェレなテクノ・ユニット。
  • 不思議なバレッツ
  • PEATERS
大阪発のプラスチックス的、ニューウェイヴ・バンド。サンプラーを駆使した時代を先取りしたサウンドと全曲英語詞が特徴。
  • マーガレット
  • ミシン
後に「THE GARDNERS」を結成するメンバーが在籍。
有頂天・筋肉少女帯にドラマーとして在籍し、ソロ活動も行う。現・劇団「ナイロン100℃」の俳優。2001年に2ndソロアルバムをナゴムから発表している。
  • ミンカパノピカ
男性ボーカルにバックメンバーは全員女性という構成のテクノポップバンド。『イカ天』出場。
1994年に活動休止するも、2005年からボーカルのエイジ以外メンバーを一新して再始動。
  • ミン&クリナメン
ボーカルに「セミを食う」「全裸で自傷」などの過激なパフォーマンスで話題となった泯比沙子、ベーシストに後にTHE HIGH-LOWSに参加する調先人が在籍。1987年のメジャーデビュー後、間もなく解散。
  • 木魚
1983年結成。リズムボックスにクラシックギターというダークな曲調にコミカルまたは哲学的な歌詞で支持される。現在も活動中。
  • モデルプランツ
ボーカルの安田理央を中心としたニューウェイブバンド。2009年12月、解散。
  • モノグラム
テクノポップバンド。現在も活動中。
  • モノクロームワールド
ナゴムで唯一の耽美系ポジティブ・パンクバンド。ボーカル、作詞・作曲の田沢智は現在、ナレーター、声優としても活躍。
  • ロシアバレエ団
後に漫画家となった中尊寺ゆつこがバレリーナのコスプレをして歌っていたバンド。メンバーが学生だったため、卒業とともに解散。

作品リスト[編集]

アーティスト『タイトル』 媒体 型番 発売日 備考
有頂天『1st』 ソノシート
EP
NG-001
NG-035
1983/05
1987/04
空手バカボン『バカボンのススメ』 ソノシート
EP
NG-002
NG-002
1983/09
1987/09
紫ジャケット
黒ジャケット
有頂天『土俵王子』 LP
12cmCD
NG-003L
NG-076
1983/11
1992/10
グレイトリッチーズ『パワーアップ』 ソノシート NG-004 1983/12
オレンヂチューブ『ORANGE TUBE』 EP NG-005TR 1984/03
木魚『幸福の条件』 LP NG-006L 1984/05
ケラ『(無題)』 ソノシート NG-007 1984/06 非売品
モノクロームワールド『MONOCHROME WORLD』 EP NG-007TR 1984/06
有頂天『鹿鳴館第二期最終演奏会』 VHS NG-008 1984/05 150本限定生産
カーネーション『夜の煙突』 EP NG-009 1984/11
V.A.『あつまり ナゴムオムニバス』 LP
12cmCD
NG-010L
NG-78
1984/12
1992/09
(参加バンド)
筋肉少女帯
東京遊民Co.Ltd
不思議なバレッツ
新東京正義乃士
カヌーズ
ドレミ合唱団
ばちかぶり『ばちかぶり』 EP NG-011L 1985/01
新東京正義乃士『不滅への挑戦』 EP+ソノシート NG-012 1985/09
V.A.『ナゴムレコードの黄金時代』 VHS
VHS
VHS
NG-013
NG-037
NG-085
1985/05
1987/03
1992/12
(参加バンド)
東京タワーズ
グレイトリッチーズ
新東京正義乃士
空手バカボン
カーネーション
木魚
モノクロームワールド
オレンヂチューブ
有頂天
ケラ『愛のまるやけ』 EP+ソノシート NG-014 1985/07
ケラ『アニマルカフェ』 EP+ソノシート NG-015 1985/07
空手バカボン『孤島の檻』 EP NG-016 1985/09
筋肉少女帯『とろろの脳髄伝説』 コンパクトLP NG-017 1985/08
ばちかぶり『一流』 EP NG-018 1985/09 初回盤はソノシート付属
ゲんドうミサイル『ゲんドうミサイル』 EP NG-019 1985/09
有頂天『ベジタブル』 EP NG-021 1986/03
ケラ『展開図』 EP NG-022 1986/03
死ね死ね団『Greatest Baka Hits』 EP NG-023 1986/04
ケラ『RECORD』 LP NG-024 1986/06
V.A.『はじまり ナゴムオムニバスII』 LP
12cmCD
NG-025
NG-081
1986/07
1992/12
(参加バンド)
空手バカボン
グレイトリッチーズ
オレンヂチューブ
木魚
有頂天
有頂天『ベジタリズム』 VHS
VHS
NG-026
NG-084
1986/07
1992/12
ロシアバレエ団『シンクーム』 EP NG-027 1986/07
ゲんドうミサイル『I・YA・DA!』 EP NG-028 1986/08 初回版はソノシート付属
Pickey Picnic『LOVELY WATER PEACEFUL』 ソノシート NG-029 1986/09
人生(ZIN-SAY!) 『9TUNES(FOR MIRAI)』 ソノシート NG-030 1986/09 卓球の勉強部屋で自宅録音された音源
ミシン『森に住む木菟』 ソノシート NG-031 1986/09
PEATERS『PEATERS』 ソノシート NG-032 1986/09
木魚『大明神』 ソノシート NG-033 1986/10
グレイトリッチーズ『ゴールデンヒッツ』 EP NG-034 1986/10 「パンチパーマはえらかった」を収録
筋肉少女帯『ノゾミ・カナエ・タマエ』 45回転12インチ盤 NG-036 1987/03 「ドリフター」を収録
ミン&クリナメン『世界によろしく』 EP NG-038 1987/04
『没中時代』 VHS
VHS
NG-039
NG-087
1987/02
1995/
ケラ監督の自主制作映画
人生(ZIN-SAY!) 『LOVE』 EP NG-040 1987/05 初回盤は短い3曲(ギャグ)入りソノシート付属
ミシン『彼はエンゼルフィッシュではなくグッピー』 EP NG-041 1987/07
筋肉少女帯『高木ブー伝説』 EP NG-042 1987/07 後に自主回収
人生(ZIN-SAY!) 『FASCINATION』 EP NG-043 1987/07 ポスター・ジャケット
加藤賢崇『THE COMPLEAT いぬちゃん』 ソノシート+BOOK NG-044 1987/10
クララサーカス『ANGEL ORPHAN』 ソノシート NG-045 1987/09
ばちかぶり『白人黒人黄色人種』 LP NG-046 1988/01
空手バカボン『バカボンの頭脳改革-残酷お子供地獄』 LP NG-047 1988/02
人生(ZIN-SAY!) 『顔として…』 LP付きソノシート NG-048 1988/01 おばば(ex 分度器)の屁入りのソノシートがメイン。LPはおまけ。
ケラ&ジ・インディーズ『シャイコナボックス』 LP
12cmCD
NG-049
NG-068
1988/01
1990/01
LPは『Mrナゴム&ジ・インディーズ』名義
V.A.『昔、ナゴムレコードがあった』 VHS
VHS
NG-050
NG-086
1988/03
1992/12
(参加バンド)
死ね死ね団
ゲんドうミサイル
人生(ZIN-SAY!)
木魚
筋肉少女帯
ケラ&ジ・インディーズ
ばちかぶり
有頂天『もっとサティスファイド』 ソノシート NG-051 1988/04 ナゴムFC『イゴール』特典
V.A.『おまつり ナゴムオムニバスIII』 LP
12cmCD
NG-052
NG-067
1988/04
1990/01
(参加バンド)
カステラ
えろちか
ミンカパノピカ
モノグラム
グランドファーザーズ
観客withナゴムオールスターズ
クララサーカス
エピークラブ
モデルプランツ
痛郎
たま
たま『でんご』 EP NG-053 1988/06
グランドファーザーズ『流れ星老人』 EP NG-054 1988/06
アルルカン『アルルカン』 EP NG-055 1988/06
ミンカパノピカ『LOVE SPY』 EP NG-056 1988/09
ミシン『走れ馬車馬』 EP NG-057 1988/11
痛郎『BUT I DID NOT WANT TO BE』 EP NG-058 1988/11
加藤賢崇『MORE!! COMPLEAT いぬちゃん』 ソノシート+BOOK NG-059 1988/11
ばちかぶり『SWIM-酔夢-』 EP NG-060 1989/07
死ね死ね団『LIVE AT BIG EGG』 EP NG-061 1989/05 ジャケットはBUCK-TICKのメジャー1stのパロディー
たま『しおしお』 LP NG-062 1989/10
マーガレット『月の裸』 EP NG-063 1989/10
筋肉少女帯『ナゴム全曲集』 12cmCD NG-064 1990/01 ベストアルバム
ケラ『ナゴム全曲集』 12cmCD NG-065 1990/03 ベストアルバム
空手バカボン『ベスト』 12cmCD NG-069 1990/02 ベストアルバム
クララサーカス『ミス・フラワー・バイスィクル』 EP NG-070 1990/
ミンカパノピカ『HECKELL JACKELL』 EP NG-071 1990/
マサ子さん『ムウ=ミサ』 EP NG-072 1990/
人生『SUBSTANCE III』 12cmCD NG-073 1992/08
人生『SUBSTANCE V』 12cmCD NG-074 1992/09
ミンカパノピカ『80'S SONGS』 12cmCD NG-075 1992/08 ベストアルバム
有頂天『ベジタブル 1984~1987』 12cmCD NG-077 1992/10 ベストアルバム
ばちかぶり『ザ・ベスト・オブ・ばちかぶり』 12cmCD NG-079 1992/12 ベストアルバム
ばちかぶり『ザ・ワースト・オブ・ばちかぶり』 12cmCD NG-080 1992/12 ベストアルバム
木魚『幸福の条件』 12cmCD NG-082 1992/12 ベストアルバム
ザ・シンセサイザーズ『ザ・シンセサイザーズ』 12cmCD RRCN-1001 1998/04/05
スクーター『ガッタブル』 12cmCD RRCN-1002 1998/05/21
みのすけ『たまゆら』 12cmCD NG-090 2001/07
ケラ『ナゴムコレクション』 12cmCD×2 DDCH-2501/2 2005/08/24 ベストアルバム
空手バカボン『ナゴムコレクション』 12cmCD×2 DDCH-2503/4 2005/08/24 ベストアルバム
たま『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2505 2005/08/24 ベストアルバム
マサ子さん『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2506 2005/08/24 ベストアルバム
ミンカパノピカ『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2507 2005/08/24 ベストアルバム
有頂天『ナゴムコレクション』 12cmCD×2 DDCH-2508/9 2005/12/07 ベストアルバム
木魚『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2510 2005/12/07 ベストアルバム
ゲんドうミサイル『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2511 2005/12/07 ベストアルバム
死ね死ね団『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2512 2005/12/07 ベストアルバム
人生『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2513 2006/03/23 ベストアルバム
V.A.『ナゴムポップスコレクション』 12cmCD DDCH-2514 2006/03/23 (参加バンド)
カーネーション
グランドファーザーズ
クララサーカス
ドレミ合唱団
Pickey Picnic
カヌーズ
筋肉少女帯『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2515 2006/06/21 ベストアルバム
グレイトリッチーズ『ナゴムコレクション』 12cmCD DDCH-2516 2006/06/21 ベストアルバム
ばちかぶり『ナゴムコレクション』 12cmCD×2 DDCH-2517/8 2007/03/21 ベストアルバム
No Lie-Sense『First Suicide Note』 12cmCD CDSCL-1542 2013/11/06
直枝政太郎 『東京ゴジラ』 12cmCD CDSOL-1544 2013/12/18
ケラ&ザ・シンセサイザーズ 『BROKEN FLOWER』 12cmCD CDSOL-1634 2015/6/17
有頂天 『lost and found』 12cmCD CDSOL-1653 2015/6/17

参考図書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ばるぼら「NYLON 100% 渋谷系ポップカルチャーの源流」アスペクト(ISBN 978-4-7572-1449-1)収録のケラへのインタビューより。
  2. ^ 鈴木慶一とKERAの二人によるユニット、No Lie-Senseの11/6のリリースに伴い新生ナゴムレコードを立ち上げ”. ロッキング・オン (2013年7月24日). 2013年7月24日閲覧。
  3. ^ 新生ナゴム第1弾アルバムは鈴木慶一×KERA新ユニット”. ナタリー (2013年11月6日). 2013年11月6日閲覧。

外部リンク[編集]