洗足学園音楽大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
洗足学園音楽大学
洗足学園正門(写真の建物は図書館および付属校)
洗足学園正門(写真の建物は図書館および付属校)
大学設置 1967年
創立 1924年
学校種別 私立
設置者 学校法人洗足学園
本部所在地 神奈川県川崎市高津区久本2-3-1
キャンパス 溝の口キャンパス(神奈川県川崎市
学部 音楽学部
研究科 音楽研究科
ウェブサイト 洗足学園音楽大学公式サイト
テンプレートを表示

洗足学園音楽大学(せんぞくがくえんおんがくだいがく、英語: Senzoku Gakuen College of Music)は、神奈川県川崎市高津区久本2-3-1に本部を置く日本私立大学である。1967年に設置された。大学の略称は洗足音大。 学校法人洗足学園が経営。併設校に洗足こども短期大学、同一敷地内に付属校として幼稚園から高等学校までを設置している。

いわゆるミッション系大学キリスト教主義学校)ではないが、創設者・前田若尾日本基督教会の教会員で敬虔なクリスチャンであったことから、新約聖書ヨハネによる福音書13章にあるイエス・キリストが弟子の足を洗ったことに因んで「洗足」の名が付けられている[1]。「我は主また師なるに、尚なんぢらの足を洗ひたれば、汝らも互に足を洗ふべきなり。(文語訳、ヨハネ13:14)」校歌はこの聖句からとられた「たがいに足を洗えとのりし み教え守るここの学びや」[1]である。

前身は1924年東京市(現:東京都品川区戸越に設立された「平塚裁縫女学校」である。1926年に現在の目黒区洗足に移転し、その際に「洗足裁縫女学校」と改名した。1946年(昭和21年)6月に川崎市久本に移転。

建学の精神は「理想高遠 実行卑近」。

概要[編集]

  • 大きくクラシック系とコンテンポラリー系(通称:ブラックホール)がある。
  • クラシック系コース(管楽器、打楽器、弦楽器、ピアノ、声楽、作曲、音楽教育、現代邦楽、ワールドミュージック)
  • コンテンポラリー系コース(音楽・音響デザイン、ジャズ、電子オルガン、ロック&ポップス、ミュージカル、バレエ、ダンス、声優アニメソング)
  • 演奏活動もオーケストラ(洗足学園音楽大学管弦楽団、レパートリーオーケストラ、ベーシックオーケストラ)、吹奏楽 (洗足ウインド・シンフォニー、ブルー・タイ ウインド・アンサンブル、グリーン・タイ ウインド・アンサンブル、フレッシュマン・ウインド・アンサンブル)、合唱室内楽などの他に、洗足音大の特徴でもある同族楽器アンサンブルとして金管バンド(ブリティッシュ ブラス、ファンファーレ オルケスト)やサクソフォーン オーケストラ、フルート オーケストラ、打楽器アンサンブル、ストリング オーケストラ等がある。
  • これまでに、秋山和慶(芸術監督・特別教授)、ウラディーミル・アシュケナージ(名誉客員教授)、ヘルベルト・ブロムシュテット(名誉客員教授)、シャルル・デュトワ、ロバート・チャイルズ(客員教授)、ヤン・ヴァン=デル=ロースト(客員教授)、ダグラス・ボストック(客員教授)、ジェイムズ・バーンズ、ティモシー・レイニッシュ、ベルト・アッペルモント、ジェリー・ジャンキン、ケヴィン・セダトール、青島広志(客員教授)、真島俊夫澤和樹(客員教授)、汐澤安彦井上道義下野竜也藤岡幸夫山下一史大井剛史 等の国内外の著名な指揮者や、作曲家本人により直接指導を受ける。
  • 芸術監督は秋山和慶特別教授。
  • 冬の音楽祭「FUYUON!」を例年11月下旬〜12月上旬に行っており、多くの来場者を集めている。
  • アカデミック・アドバイザー(AA)制度があり、各コース選出の教員が学生の履修アドバイジングや相談、クラスミーティングを行う。
  • 在学生用ポータルサイト「SENZOKUポータル」を使い、学校・教員からの連絡や授業資料の配布、授業の出欠席確認等が出来るようになっている。
  • 歌手平原綾香が「Jupiter」と「誓い」のプロモーションビデオを制作した際、その時点で自らが学生として在籍していた同大学の前田ホールで撮影している。
  • 2006年10-12月にフジテレビ系列にて放送されたテレビドラマのだめカンタービレ』のロケ地として、キャンパス構内やホール等が使われた。
  • 同じ川崎市内にある日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブの川崎フロンターレと協力関係を持ち、フロンターレの公式戦主催試合では同大学の学生がファンファーレ演奏などで参加する一方、フロンターレが毎年1月に報道陣やサポーターを招いて行う「新体制発表会」の会場として同大学の前田ホールが2005年から2013年の間に過去5回使用されている[2]
  • 放送大学学園と単位互換協定を締結している[3]
  • 1989年度、音楽・音響デザインコースの前身となるシンセサイザー専攻を設置。
  • 1996年度、日本の音大で初めてジャズコースを設置(当時:洗足学園短期大学。後に大学に)
  • 2006年度、ミュージカルコースを設置。
  • 2009年度、日本の音大で初めてロック&ポップスコースを新設。ポピュラー音楽の演奏、在り方、音楽業界の仕組みなどを体系的に学ぶことが出来る。数ある音楽大学の中でも前衛的な姿勢を見せ、入学試験では高い倍率を出している。
  • 2015年度、バレエコースを設置。「グローバルクラス(東京シティ・バレエ団)」「谷クラス(谷桃子バレエ団)」「牧クラス(牧阿佐美バレエ団)」の3クラスから選べる。1年次より公演に出演する機会を与えられたり、在学時から外部公演への出演も認められており、学生の活動を後押ししている。また他コースとのコラボレーションも多い。
  • 2015年度、日本の音大で初めて声優アニメソングコースを設置。NTV系「マツコ会議」等のメディアに多数紹介される。学生数の増加に伴い2018年に専用スタジオを増設。
  • 2018年度、日本の音大で初めてダンスコースを設置予定。 これに伴いダンススタジオ棟を新設。
  • 2018年度、ワールドミュージックコースを設置予定。 学べる楽器の数は27種類。 【鍵盤楽器】  ①オルガン ②チェンバロ ③バンドネオン ④アコーディオン 【弦楽器】  ⑤クラシックギター ⑥フラメンコギター ⑦二胡 ⑧マンドリン ⑨フラットマンドリン ⑩リュート ⑪ドブロギター ⑫シタール ⑬バンジョー(5弦) ⑭ウード ⑮ウクレレ 【管楽器】  ⑯リコーダー ⑰クロマティックハーモニカ ⑱オカリナ ⑲ケーナ ⑳サンポーニャ 【打楽器】  〈中近東〉 ㉑ダラブッカ ㉒レック ㉓タール  〈西アフリカ〉 ㉔ジェンベ ㉕ジュンジュン  〈インド〉 ㉖タブラ 【電子楽器】  ㉗モジュラーシンセサイザー
  • 卒業生には、シンガーソングライター「平原綾香」、ミュージシャン「SaoriSEKAI NO OWARI)」、ミュージカル女優「昆 夏美」、声優・歌手「新田恵海」、NHKうたのおねえさん「三谷たくみ」、NHKパント!のおねえさん「上原りさ」、NHK交響楽団コントラバス奏者「矢内陽子」、九州交響楽団主席オーボエ奏者「佐藤太一」、大阪フィルハーモニー交響楽団トランペット奏者「篠崎 孝」、作曲家「やまだ 豊」、作曲家「眞鍋昭大」等、様々なジャンルで活躍している。詳しくは、洗足学園音楽大学の人物一覧参照。

沿革[編集]

平塚裁縫女学校 1924年
  • 1924年 平塚裁縫女学校設立
  • 1930年 財団法人洗足高等女学校設立
  • 1951年 学校法人洗足学園に組織変更
  • 1962年 洗足学園短期大学音楽科設置
  • 1964年 洗足学園短期大学専攻科音楽専攻設置
  • 1967年 洗足学園大学音楽学部設置
  • 1971年 洗足学園大学音楽専攻科設置
  • 2000年 洗足学園大学大学院音楽研究科設置
  • 2003年 洗足学園音楽大学と改称

学部[編集]

専攻科[編集]

  • 音楽専攻科

大学院[編集]

  • 音楽研究科

キャンパス及び併設校[編集]

また、1981年から2002年までは、富山県魚津市洗足学園魚津短期大学があった(建物は現在、新川学びの森天神山交流館として活用している)。

前田ホール[編集]

学内に所在する音楽ホール。

  • 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)[地下1階・地上5階]
    • 設計 - 三上祐三 MIDI綜合設計研究所
    • 設計協力・構造 - 武藤構造力学研究所
    • 音響 - 東京大学生産技術研究所 石井・橘研究室
    • 照明 - 永原浄デザイン研究所
    • 客席 - 1階371席・2階418席・3階225席・3階サイド100席(片側50席)/合計 1,114席

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

校歌[編集]

作詞 前田若尾 / 作曲 柴田すゑ

互いに足を洗えとのりし
 み教え守るここのまなびや
胸にかがやく真澄の鏡
 朝な夕なに照らしうつさん 
 心の鏡を

おのずからなる心の真玉
 倦まず撓まず磨きみがかん
 清く正しく
互いに足を洗えとのりし
 み教え守るここのまなびや

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 前田若尾作詞、柴田すゑ作曲
  2. ^ 川崎フロンターレ公式サイト2012年11月26日付リリース、「「2013新体制発表会見in洗足学園音楽大学」参加者募集のお知らせ」、2013年2月14日閲覧
  3. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

外部リンク[編集]