下野竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下野竜也
生誕 (1969-12-25) 1969年12月25日(47歳)
出身地 日本の旗 日本
鹿児島県鹿児島市
学歴 鹿児島大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

下野 竜也(しもの たつや、1969年12月25日 - )は、日本クラシック音楽指揮者広島交響楽団音楽総監督京都市交響楽団常任客演指揮者、広島ウインドオーケストラ音楽監督。京都市立芸術大学教授。

来歴[編集]

鹿児島県鹿児島市出身。鹿児島市立田上小学校鹿児島市立武中学校鹿児島県立甲南高等学校鹿児島大学教育学部音楽科卒業。当初は音楽教師になろうと考えていたが指揮者になることを決意し、桐朋学園大学音楽学部附属指揮教室で指揮を学ぶ。イタリアキジアーナ音楽院指揮科ディプロマ取得。

1997年から1999年まで朝比奈隆音楽監督時代の大阪フィルハーモニー交響楽団で指揮研究員を務める。1999年文化庁派遣芸術家在外研修員に選ばれ、同年9月より1年間ウィーン国立音楽大学に留学、その後も2001年6月まで在籍した。

2000年に東京国際音楽コンクールで優勝。2001年には小澤征爾が優勝したことでも知られるフランスのブザンソン国際指揮者コンクールでも優勝した。

その後、2008年2月の定期演奏会NHK交響楽団を、同8月のサイトウ・キネン・フェスティバル松本サイトウ・キネン・オーケストラを指揮するなど(2010年9月の同フェスティバル、12月のニューヨークカーネギーホールでのコンサートでも小澤征爾の代役として一部演目で同オーケストラを指揮)、現在では国内の主なオーケストラを多く指揮している。また、イタリアやフランスを中心にヨーロッパでも活動している。

デビューCDである大栗裕作品集 / 大阪フィルハーモニー交響楽団(ナクソス)は、2003年にワールド・リリースされた。2004年9月には、川久保賜紀のヴァイオリン独奏、新日本フィルハーモニー交響楽団との協演でメンデルスゾーンチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲のCD(エイベックス・クラシック)をリリース。2006年7月には、大阪フィルハーモニー交響楽団とのブルックナー交響曲第0番のCD(エイベックス・クラシック)がリリースされた。

2006年11月、新設された読売日本交響楽団の正指揮者のポストに3年の契約で就任した。この就任披露演奏会のライブCD(バッハ/斎藤秀雄シャコンヌコリリアーノ交響曲第1番)が、2008年3月エイベックス・クラシックからリリースされている。正指揮者のポストは2013年3月まで延長されたのち、同4月からは首席客演指揮者の任にある。同オーケストラでは、2007年から2012年にかけて日本国内のオーケストラ・日本人の指揮者としては初となるドヴォルザークの交響曲全曲演奏に取り組んだ[1]

2007年4月、上野学園大学教授に就任(~2016年7月)。

2009年10月にはチェコ・フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会に客演し、そのライブ録音R・シュトラウス交響詩『英雄の生涯』が2010年6月にリリースされた。

2011年1月、広島市を拠点に活動する吹奏楽団である広島ウインドオーケストラの音楽監督に就任し、吹奏楽団の在り方に新たな風を吹かせそうだと期待されている。

2013年芸術選奨文部科学大臣賞受賞[2]

2014年4月、京都市交響楽団常任客演指揮者に就任。

2017年4月、広島交響楽団音楽総監督、京都市立芸術大学音楽学部教授に就任。

下野の音楽は、楽譜の丹念な読み込みと研究に定評がある[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 下野竜也指揮ドヴォルザークの交響曲全曲演奏が完結へ!”. 読売日本交響楽団 (2012年5月7日). 2016年11月30日閲覧。
  2. ^ 平成24年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁 (2012年). 2013年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  3. ^ 毬沙琳 (2012年1月8日). “希望を繋ぐ歓喜の歌!在京オーケストラの第9コンサートから”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/classic_concierge/2012/187/ 2016年11月30日閲覧。 
  4. ^ 伊藤制子「1月定期公演の聴きどころ」 (pdf) 、『Philharmony』、NHK交響楽団、2016年12月、 42頁、2016年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]