森博幸 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
森 博幸
もり ひろゆき
生年月日 (1949-10-30) 1949年10月30日(67歳)
出生地 日本の旗 日本鹿児島県鹿児島市
出身校 横浜市立大学商学部
前職 地方公務員鹿児島市
所属政党 無所属

Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg 第20代 鹿児島市長
当選回数 4回
在任期間 2004年12月 - 現職
テンプレートを表示

森 博幸(もり ひろゆき、1949年10月30日 - )は、日本政治家鹿児島県鹿児島市長(第20代)。

概要[編集]

鹿児島県鹿児島市生まれ。ラ・サール高等学校横浜市立大学商学部卒業。1974年鹿児島市役所に就職。財政部長や総務部長、総務局長を務める[1]

2004年1984年から5期20年の長きにわたって鹿児島市長を務めてきた赤崎義則が6選不出馬を表明したため、同年11月の鹿児島市長選に自民民主社民3党の推薦を受けて無所属で出馬。3人の候補者を制し、初当選した。投票率は40.76%[2]

2008年の鹿児島市長選で再選。投票率は25.47%[3]

2012年の鹿児島市長選で3期目の当選。投票率は33.47%[4]

主な役職[編集]

  • 2004年(平成16年)12月 - 九州国道協会常任理事
  • 2004年(平成16年)12月 - (社)日本水道協会理事・鹿児島県支部長
  • 2005年(平成17年)1月- 鹿児島県市長会会長
  • 2005年(平成17年)6月 - 全国市長会理事
  • 2005年(平成17年)6月 - (社)日本下水道協会理事・鹿児島県支部長
  • 2006年(平成18年)5月 - 九州市長会副会長

不祥事[編集]

海外出張に公費で妻を7回同伴していたことが発覚した[5]。本人は正当性を主張していたが、その後、今後4年間は原則として行わない方針を示した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
赤崎義則
Shadow picture of Kagoshima city.svg 鹿児島市長 Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg
第20代:2004 -
次代:
(現職)