白男川譲介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白男川譲介

白男川 譲介(しろおかわ[1] / しろおがわ[2] じょうすけ、1880年明治13年)1月[3] - 1951年昭和26年)[1])は、日本の内務警察官僚実業家。官選県知事鹿児島市長。旧姓・池田。

経歴[編集]

鹿児島県出身。池田休兵衛の四男として生まれ、1885年、母方の白男川渉の養子となる[1][2]第三高等学校を卒業。1906年京都帝国大学法科大学政治学科を卒業し、大阪市に入る。1909年12月、文官高等試験に合格。内務省に転じ沖縄県属となる[3][4]

以後、福井県三方郡長、富山県警察部長、新潟県警察部長、北海道庁土木部長、奈良県内務部長、京都府内務部長などを歴任[3]

1921年5月、床次竹二郎内務大臣により起用され福井県知事に就任[1]1924年6月、静岡県知事に転任したが、加藤高明内閣の成立により、同年7月、知事を休職となる[5]1926年から1928年まで鹿児島市長を務めた。

その後、薩摩興業社長、草津硫黄鉱業監査役を務めた[2]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『福井県大百科事典』480頁。
  2. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』475頁。
  3. ^ a b c 『人事興信録』第8版、シ108頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』195頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』568頁。
  6. ^ 『官報』第2937号・付録「辞令」1922年5月19日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『福井県大百科事典』福井新聞社、1991年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。
公職
先代:
上野篤
Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg 鹿児島市長
8代:1926 - 1928
次代:
樺山可也