静岡県庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
静岡県の旗 静岡県の行政官庁
静岡県庁
Flag of Shizuoka Prefecture.svg
Shizuoka Prefectural Government Office Main Building.JPG
役職
知事 川勝平太
副知事 難波喬司、土屋優行、吉林章仁
組織
知事部局 (知事直轄組織、)危機管理部、経営管理部、くらし・環境部、文化・観光部、健康福祉部、経済産業部、交通基盤部
概要
所在地 静岡県静岡市葵区追手町9番6号
北緯34度58分36秒
東経138度22分59秒
座標: 北緯34度58分36秒 東経138度22分59秒
定員 一般行政部門5,607人[1]
教育部門24,944人
警察部門6,990人
設置 1876年8月21日
前身 静岡県浜松県、および足柄県の一部
ウェブサイト
www.pref.shizuoka.jp
テンプレートを表示

静岡県庁(しずおかけんちょう)は地方公共団体である静岡県行政機関役所)である。庁舎は静岡市葵区にあり、本館、東館、別館、西館で構成される。

防災体制[編集]

第49-52代静岡県知事石川嘉延は、静岡県庁の防災体制の強化を積極的に進めていた。兵庫県南部地震での兵庫県庁の初動体制の不備に危機感を強めた石川知事は1996年4月、静岡県庁総務部防災局の配下に「緊急防災支援室」(英語Shizuoka Prefectural Emergency Coordination Team、通称:SPECT)を創設し、地震発生直後から機動的に対応する特別部隊を整備するなど、震災時の遺漏のない初動体制の整備に尽力していた[2][3][4]

その後も石川知事は、防災体制の強化を図り続けた。2009年には、静岡県庁総務部防災局を発展的に解消した危機管理局を設置した[5]。この危機管理局は、従来の防災行政だけでなく、テロ対策、伝染病食の安全など、さまざまな危機に包括的に対処する部局となった[5]2010年4月、静岡県庁は組織再編を行い、総務部の危機管理局を局から部に昇格させ、危機管理部とした[6][7]

静岡県の組織[編集]

2018年4月1日現在の組織を次に示す[8][9]
※以下、右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。

県行政関連施設[編集]

しずおかネットテレビ[編集]

「しずおかネットテレビ」は静岡県が運営するインターネットテレビ放送である。知事記者会見、県庁ミニ情報、県政ニュースなど7系統のチャネルを用意して県政の広報に努めている[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 総務省 (2015年12月25日). “平成27年地方公共団体定員管理調査結果 > (1) 平成27年4月1日現在 都道府県データ”. 2016年4月1日閲覧。
  2. ^ 「地震対策情報――静岡県の地震対策――地震対策のあゆみ」『地震対策のあゆみ』静岡県地震防災センター。
  3. ^ フジテレビジョン広報部「空白域〜東海地震対策の25年〜」『FNSドキュメンタリー大賞フジテレビジョン2002年10月31日
  4. ^ 小川弘子ほか「静岡県緊急防災支援室の発足とその活動」『災害医学・抄読会 990305』救急医療・情報研究会。
  5. ^ a b 「防災局を拡充、来年度『危機管理局』創設――静岡」『防災局を拡充、来年度「危機管理局」創設 静岡 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年2月12日[リンク切れ]
  6. ^ 静岡県 「平成22年2月 県議会定例会知事提案説明要旨
  7. ^ 静岡県部設置条例の一部を改正する条例 (平成22年静岡県条例第4号)
  8. ^ 平成18年(2006年)12月26日静岡県条例第58号(静岡県部設置条例)及び平成30年(2018年)3月28日静岡県条例第1号(静岡県部設置条例の一部を改正する条例)
  9. ^ 平成19年(2007年)3月30日静岡県規則第29号(静岡県行政組織規則)及び平成30年3月30日静岡県規則第10号(静岡県行政組織規則の一部を改正する規則)
  10. ^ しずおかネットテレビ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]