浜松県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜松県(はままつけん。旧字体:濱松縣)は、1871年明治4年)に遠江国一円を管轄するために設置された1876年(明治9年)静岡県に吸収合併され廃止。 現在の静岡県西部にあたる。

概要[編集]

静岡県への編入後、明治政府に対して分県を求める運動が幾度も起こったが、いずれも却下されてしまった。なお、現在でも一部で「浜松vs静岡」の言葉が存在するが、これが由来であるとも言われている。

沿革[編集]

管轄地域[編集]

自治体

歴代知事[編集]

関連項目[編集]

先代:
堀江県
静岡県の一部(遠江国
行政区の変遷
1871年 - 1876年
次代:
静岡県