鳥取県庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥取県の旗 鳥取県の行政官庁
鳥取県庁
Flag of Tottori Prefecture.svg
鳥取県庁本庁舎
鳥取県庁本庁舎
役職
知事 平井伸治
副知事 野川聡
組織
知事部局 統轄監、中部地震復興本部事務局、元気づくり総本部、危機管理局、総務部、地域振興部、観光交流局、福祉保健部、生活環境部、商工労働部、農林水産部、県土整備部、会計管理局
概要
所在地 鳥取県鳥取市東町一丁目220番地
北緯35度30分14秒
東経134度14分15.7秒
座標: 北緯35度30分14秒 東経134度14分15.7秒
定員 一般行政部門 3,058人(2010年[1]
警察部門 1,422人(2010年)
教育部門 6,000人(2010年)
設置 1871年7月14日(旧鳥取県)
改称 1881年9月12日
前身 島根県
ウェブサイト
http://www.pref.tottori.lg.jp/
テンプレートを表示

鳥取県庁(とっとりけんちょう)は地方公共団体である鳥取県行政機関役所)である。

概要[編集]

1999年鳥取県知事に就任した片山善博の下で、県政改革(行財政改革と予算編成の過程などの徹底した情報公開制度)が実施されてきた。中でも、片山が知事就任時に実施した代表的なものとして、県議会への根回し廃止や、人件費カットした財源を回し小学校1・2年生での30人学級の実施がある[2]

情報公開においては、鳥取県の各部局が年度目標や達成状況を示す「工程表」の公開を2008年度から実施している。

沿革[編集]

1885年竣工の鳥取県庁舎

主な組織[編集]

ここでは主な組織を記載する[4]

総合事務所等[編集]

鳥取県中部・西部地域については知事部局の組織の一つとして総合事務所が設置されており、保健福祉・県土整備などの部門が設けられている。なお、鳥取県東部地域(鳥取市岩美町若桜町智頭町八頭町)については知事部局の各部局の管轄となる。また、保健福祉・生活環境部門は一部を除いて鳥取県東部地域が管轄外となる(鳥取市保健所の管轄。4町については鳥取県から事務委託)。また、県税部門は総務部の下部組織である県税事務所の担当となる(ただし、県民税利子割・法人県民税法人事業税地方法人特別税県たばこ税については全域が東部県税事務所の担当、鉱区税・産業廃棄物処分場税(法定外目的税)については全域が中部県税事務所の担当、ゴルフ場利用税軽油引取税については全域が西部県税事務所の担当[5]。)。

  • 中部総合事務所(倉吉市
    • 地域振興局
    • 福祉保健局(倉吉保健所(福祉保健部門))
    • 生活環境局(倉吉保健所(生活環境部門))
    • 農林局
    • 県土整備局
  • 西部総合事務所(米子市
    • 地域振興局
    • 福祉保健局(米子保健所(福祉保健部門))
    • 生活環境局(米子保健所(生活環境部門))
    • 農林局
    • 県土整備局
    • 日野振興センター(日野郡日野町
      • 日野振興局
      • 日野県土整備局

脚注[編集]

  1. ^ 平成22年地方公共団体調査結果 (PDF) - 総務省自治行政局公務員部(2011年1月)
  2. ^ 知事発「変える」片山善博・鳥取知事 - 西日本新聞 2002年11月27日[リンク切れ]
  3. ^ とっとり県民の日 - 鳥取県協働連携推進課
  4. ^ 県の組織と仕事”. 鳥取県庁. 2019年1月2日閲覧。
  5. ^ 平成26年4月1日から県税の一部業務が集約化されます”. 鳥取県総務部税務課. 2019年1月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]