情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

情報公開(じょうほうこうかい)とは、などの機関が自らの業務上の記録等を広く一般に開示することである。狭義には公文書を公に開示することである。

情報公開の理念[編集]

情報公開には政治や行政における決定プロセスが不透明だと、非効率な事例や不公正な事例が生じるおそれがあるため、誰がどのような根拠で決定を行ったか国民やマスコミが監視することができるようにして透明性を高めるという目的がある[1]

国民の知る権利が存在する一方で、文書を公開することにより「プライバシーの侵害」が引き起こされる恐れもある。公文書を扱うアーキビストは情報公開する前に、情報の内容が公開に相応しいものであるかを審査する義務がある。また、文書の内容が国家機密や国家安全に関わるものについては、慎重にならざるを得ない。

年毎に増えていく膨大な電子媒体による文書(電子メールや添付ファイルや公式サイト)を残らず収集し、保存していくことが大きな課題となっている。

各国の情報公開制度[編集]

スウェーデン[編集]

情報公開制度の先駆けとなったのはスウェーデンとされている。スウェーデンでは民主主義の確立よりも情報公開制度の発達のほうが早く、1776年の出版自由法で検閲の禁止とあわせて民衆の請求による公文書の公開の制度が定められた[1]

日本[編集]

日本で情報公開法(行政機関の保有する情報の公開に関する法律)が制定されたのは2001年のことである。

そもそも情報公開の観念がなかったため、日本政府の各官庁で作成された公式文書を保管する国立公文書館ができたのも1971年である。日本初の公文書館は1959年山口県文書館であるが、情報公開のためではなく歴史資料の保存目的で設立されている。一般的に、公文書館は古文書など純粋に歴史的価値の高い資料を保存する「書類の博物館」的な役目と、県政などの重要な公文書を保管する「書類の金庫」的な役目を持つ。

1988年昭和63年)に公文書館法が施行され、日本国政府地方公共団体に対して、公文書の保存と一般公開の義務があることが明文化された。四半世紀以上経った2016年平成28年)現在も、まだ都道府県の半分程度しか公文書館が設立されていない。

近年は、頻繁に平成の大合併が行われていることから、公文書の移管や管理予算について意見の一致を見ず、合併前にあった公文書室が、存亡の危機に遭うこともある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 高岡望『日本はスウェーデンになるべきか』PHP新書、45頁

関連項目[編集]