山口県庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山口県の旗 山口県の行政官庁
山口県庁
Flag of Yamaguchi Prefecture.svg
Yamaguchi.jpg
役職
知事 村岡嗣政
副知事 藤部秀則
教育長 田邉恒美
組織
知事部局 総務部、総合政策部、地域振興部、環境生活部、健康福祉部、商工労働部、農林水産部、土木建築部、国体・障害者スポーツ大会局、会計管理局
外局 企業局、教育庁、議会事務局
行政委員会 教育委員会、選挙管理委員会、労働委員会、人事委員会、漁業調整委員会、収用委員会
概要
所在地 山口市滝町1番1号
北緯34度11分8.3秒
東経131度28分14.7秒
座標: 北緯34度11分8.3秒 東経131度28分14.7秒
定員 一般行政部門 4,157人
教育部門 12,339人
警察部門 3,528人
公営企業等会計部門 809人
総計 20,833
年間予算 6,880億円(2014年度)
設置 1871年8月29日
前身 長州藩
豊浦県清末県岩国県を編入
ウェブサイト
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/
テンプレートを表示

山口県庁(やまぐちけんちょう)は広域自治体たる山口県行政機関役所)である。

概要[編集]

知事をトップとする知事部局内に9部を有し、各部局のもとに課室を配する。2006年4月に大々的な機構改革が行われたが、そののちも随時見直しが行われている。

外局として工業用水道事業・電気事業を担当する山口県企業局地方公営企業)、議会事務局および各行政委員会事務局、県の教育行政を担当する県教育庁により組織されている。

特色ある部署
  • 岩国基地対策室 - 1985年に設置、総務部所管。在日米軍岩国基地の関連事業、在日米軍再編に関する業務を取り扱う。
  • 中山間地域づくり推進室 - 2006年設置、地域振興部→総合企画部所管。県域の多くを占める中山間地域の活性化を図る。
  • こども・子育て応援局 - 2015年設置、健康福祉部所管。子育て支援事業の強化のために従来の「こども未来課」を部内局に格上げ[1]
  • ぶちうまやまぐち推進課 - 2015年設置、農林水産部所管。旧・企画流通課を組織改編したもので、農林水産業の「6次産業化」「地産地消」を推進する[1]。「ぶちうま」は山口弁の「ぶちうまい」(とってもおいしい)に由来[2]
行財政の課題
財政状況が厳しさを増すなか、財政調整基金の残高が減少を続けており、支出のうち施策的経費の取捨選択を行うことで財政硬直化を解消する取り組みが行われている。

組織[編集]

以下は、山口県行政組織規則(昭和43年4月1日山口県規則第15号、平成29年4月1日一部改正施行)、山口県企業局の組織等に関する規程(昭和49年4月1日山口県企業管理規程第1号、平成28年4月1日一部改正施行)および山口県教育委員会行政組織規則(昭和45年6月1日山口県教育委員会規則第10号、平成29年4月1日一部改正施行)による。

[表示]をクリックすると一覧を表示

出先機関[編集]

県内各地に、知事部局各課の所管する出先機関が89機関ある。かつては郡部を含め県内全域に分散していた県出先機関は、近年の組織再編の流れの中で統廃合がすすめられ、県が設定する8つの地域における中心都市の『総合庁舎』[注 1] 内に大部分が集約されるようになった。

『総合庁舎』内には、各地域名を冠した県税事務所、県民局、健康福祉センター、土木建築事務所などの県出先機関が入居する[注 2]。なお、農林水産部の出先機関については総合庁舎外に集約されたものも存在する[注 3]

また、県財政が厳しい中、出先機関見直しの議論は知事部局所管機関に限定されず、教育庁の所管する県立高等学校 (分校含む) や県警本部の所管する警察署にも改革の波が及び、それらの統廃合が進められてきた。

外郭団体[編集]

山口県の外郭団体は合計18団体ある[注 4]。代表的なものは以下のとおり。(以下に挙げたものはすべて財団法人

  • やまぐち産業振興財団 - 産業技術振興のための調査研究、活動支援
  • 山口県ひとづくり財団 - 山口県セミナーパーク(山口市)など県内研修施設の管理運営。2004年に山口県教育財団、自治研修所、社会福祉研修所、生涯教育センターなどを統合して成立。
  • 山口県国際総合センター - 山口県国際総合センター(海峡メッセ下関、下関市)の管理運営
  • 山口県ニューメディア推進財団 - 市町村向け高度情報化支援、ニューメディアプラザ山口(山口市)の管理運営など
  • 山口県文化振興財団 - 地域文化活動支援、秋吉台国際芸術村(美祢市)の管理運営など
  • 山口県施設管理財団- 維新百年記念公園(山口市)の管理運営

なお、県が100%出資する公社は3公社が存在していた(山口県土地開発公社、山口県住宅供給公社、山口県道路公社)が、2016年3月末ですべて廃止されている[3]。また、外郭団体の中には中国電力の筆頭株主を務め、配当金の運用を行っていた山口県振興財団があったが、これも2012年3月末に解散している[4]

関連施設[編集]

山口県が設置・運営するなどした主な施設は以下の通りである。近年指定管理者制度の導入や地方独立行政法人化が進められており、県が直接運営する施設は少なくなっている。

[表示]をクリックすると一覧を表示

関連人物[編集]

  • 濱村秀雄 - 陸上競技選手(マラソンランナー)。県教育委員会に在籍。
  • 大泉博子 - 衆議院議員(民主党)。元副知事。
  • 桝屋敬悟 - 元衆議院議員(公明党)。元民生部高齢福祉課長補佐。
  • 渡辺純忠 - 山口市長。元水産部長。
  • 池田豊 - 防府市長。元総務部長。

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ ここでいう中心都市とは、岩国市柳井市周南市山口市萩市宇部市長門市下関市の8市を指す、長門市には『総合庁舎』がない。機関によっては、岩国が柳井の、山口が宇部(厚狭)の、萩が長門の業務を担当することもある。なお、防府市にも防府総合庁舎があるが、防府の出先機関は2010年4月に廃止、山口総合庁舎内の各機関に統合される予定。
  2. ^ 最近建設された『総合庁舎』には以下のように文化施設を併設するものがある。
  3. ^ 下関農林事務所(下関市豊田町)や柳井地区の田布施農林事務所(田布施町)など
  4. ^ 外郭団体の定義は自治体によって異なるが、山口県では「その事業内容が、県行政と密接な関連を有し、県単独又は市町村や民間との共同出資により設立された団体で、県が基本財産等の4分の1以上出資又は出捐している団体及びそれに準ずる団体」としている。1995年には44団体があった。昨今の行政改革により、外郭団体の整理統合、県からの財政支援額の抑制、県職員出向人数の減少がはかられ、業務の外部委託や施設管理の指定管理者制度の導入が進められていることもあり、外郭団体のあり方は大きく変化してきている。2018年4月現在の外郭団体一覧は行政管理班・外郭団体一覧、または外郭団体の概要・出資状況(PDFファイル)を参照。

出典[編集]

  1. ^ a b “県組織改編 子育て応援局新設へ”. 山口新聞. (2015年2月18日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2015/0218/2.html 2018年2月12日閲覧。 
  2. ^ 「ぶちうま」って?”. ぶちうま!やまぐち.net. やまぐちの農林水産物需要拡大協議会. 2018年2月12日閲覧。
  3. ^ 三公社の廃止”. 山口県土木建築部監理課 (2017年2月16日). 2018年2月12日閲覧。
  4. ^ “山口県財団、中国電1550万株を売却へ”. 日本経済新聞. (2012年2月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASJB02027_S2A200C1LC0000/ 2018年2月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]