少年自然の家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
社会教育施設 > 少年自然の家

少年自然の家(しょうねんしぜんのいえ)は、日本国内では、1970年以降、政府が積極的に国庫補助金を支出して、地方自治体で設置した青少年のための社会教育施設である。

もともとは義務教育の諸学校に在籍している少年対象であったが、一部その上の年齢層も含めて、青少年自然の家または青年の家と称している施設もある。

独立行政法人国立少年自然の家が運営していた国立の施設は、2006年、独立行政法人国立青少年教育振興機構への統合を機に、すべて「国立○○青少年自然の家」の名称に統一された。

各都道府県立の少年自然の家については、都道府県直轄、もしくは指定管理者が入り、民営化がすすんでいる施設もある。

目的[編集]

児童、青少年を自然に親しませ、自然の中での集団宿泊生活を通じてその情操社会性を豊かにし、心身を鍛練し、もって健全な少年の育成を図ることがその目的である。そのため、自然環境の良い高原湖畔海岸などに設置されている(そのため、同じ市内であっても、市街地とは違う場所に設置されている)。ただし、自然環境の良いところといっても、学業の休みになる夏休み冬休みのような長期休暇の時期にのみ開催される臨海学校林間学校と決定的に異なり、年間を通じて運営されるというのが大きな特徴である。なお、青少年教育施設(少年自然の家などの名称を用いる社会教育施設)で、専用の宿泊施設が併設されている場合は、あくまでも社会教育法に規定する社会教育施設(「団体宿泊訓練」施設)に該当するので、旅館業法に規定する宿泊施設(ホテルなど)感覚での利用はできない。


活動の主要な目標は次の3点である。

  • 自然の恩恵に触れ、自然に親しむ心や自然に対する謙虚で畏敬の念を育てること。
  • 集団で宿泊生活を送ることによって、規律協同友愛奉仕の精神を養うこと。
  • 野外活動を通じて、心身を鍛練すること。

主な活動[編集]

少年自然の家で行われる主な活動としては以下のようなものがある。

非宿泊型の集団対応型研修施設(日帰り型青少年教育施設)[編集]

  • 「少年自然の家」などの公的な集団対応型研修施設(青少年教育施設)には、前述のように、専用の宿泊施設が併設されている場合[1]もあれば、その一方で専用の宿泊施設が併設されていない場合[2]がある。特に、公的な集団対応型研修施設(青少年教育施設)のなかには、専用の宿泊施設を併設しない場合[3]もあり、このような青少年教育施設は公民館並みの設備にとどまっており、利用形態も公民館とほぼ変わらない。また、高知県立高知青少年の家のように、ほかの施設(青少年スポーツセンター)と連携して宿泊施設が併設されていても、専用の宿泊施設が併設されていないものとみなされることがある。当然、専用の宿泊施設が併設されていない公的な集団対応型研修施設(青少年教育施設)で開催される主催事業(イベント)も宿泊を伴わない(日帰り)ものだけである。こうした形態は、「都市青年の家」などによくあるという。このほか、近年の行政改革等により、専用の宿泊施設が併設されていない公的な集団対応型研修施設(青少年教育施設)が、施設の形態を公民館に変更されたところもある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特に、国立と都道府県立の青少年教育施設の場合。しかし、例外として、都道府県立の青少年教育施設であっても、高知県立高知青少年の家青少年体育館を含む)や高知県立塩見記念青少年プラザのように、専用の宿泊施設が併設されていない場合もある。特に、高知県立高知青少年の家青少年体育館を含む)は、ほかの施設(青少年スポーツセンター)と連携していも、高知県立高知青少年の家は専用の宿泊施設が併設されていないものとみなされていると考えられる。ちなみに、埼玉県などでは、都道府県立の青少年教育施設であっても、専用の宿泊施設が併設されていない公的な集団対応型研修施設(青少年教育施設)は次々と廃止していった経緯がある。
  2. ^ 特に、一部の市町村立の施設の場合。
  3. ^ 特に、一部の市町村立の施設の場合。また、都道府県立の青少年教育施設であっても、高知県立高知青少年の家青少年体育館を含む)や高知県立塩見記念青少年プラザのように、専用の宿泊施設が併設されていない場合もある。

外部リンク[編集]