国立女性教育会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国立女性教育会館
Ranzan National Women's Education Center 1.JPG
本館
正式名称 国立女性教育会館
英語名称 National Women's Education Center
略称 NWEC、ヌエック
組織形態 独立行政法人
所在地 日本の旗 日本
〒355-0292
埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
北緯36度2分7.9秒
東経139度19分33.1秒
座標: 北緯36度2分7.9秒 東経139度19分33.1秒
法人番号 1030005011641
予算 6億5,218万円[1]
*運営費交付金 5億2,164万円
*入場料等収入 1億2,554万円
*受託収入 500万円
資本金 36億1,504万1,440円
人数 41人(2015年1月1日現在)
*役員数 4人
*常勤職員数 37人
理事長 内海房子
目的 男女共同参画社会の形成の促進
設立年月日 2001年(平成13年)4月
前身 国立婦人教育会館
所管 文部科学省
ウェブサイト http://www.nwec.jp/
テンプレートを表示

独立行政法人国立女性教育会館(こくりつじょせいきょういくかいかん)は、「独立行政法人国立女性教育会館法」で規定される文部科学省所管の独立行政法人である。

概要[編集]

愛称は「ヌエック」で、国立女性教育会館の英語名称「National Women's Education Center」の頭文字「NWEC」を読ませたものである。

目的は、「女性教育指導者その他の女性教育関係者に対する研修、女性教育に関する専門的な調査及び研究等を行うことにより、女性教育の振興を図り、もって男女共同参画社会の形成の促進に資することを目的とする」(独立行政法人国立女性教育会館法第3条)と定められている。

施設は埼玉県比企郡嵐山町にある。

所在地[編集]

〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地

沿革[編集]

  • 昭和52年7月 文部省の附属機関として国立婦人教育会館が設置される
  • 平成13年1月 名称を「国立女性教育会館」と改称
  • 平成13年4月 「独立行政法人国立女性教育会館」設立

施設[編集]

  • 本館
  • 宿泊棟
  • 研修棟
  • 実技研修施設
  • 体育施設
  • 駐車場

事業内容[編集]

  • 研修事業
  • 交流事業
  • 調査研究
  • 情報事業
  • 受入事業
  • 国際交流
  • ビデオ視聴
  • ボランティア

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]