ボーイスカウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
float
  • スカウト(Scout)、ボーイスカウト(Boy Scout)はスカウト運動に参加する、通常10歳から18歳の少年少女のこと。↵発達段階上の観点から、多くのスカウト連盟ではこの対象年代をより年少・年長の部門に分割している。スカウトは成人指導者の下で20から30人規模の隊を形成する。隊は6人程度のスカウトによる班によって形成され、班単位でアウトドアなどの活動を実施する。エアスカウト、シースカウトライダースカウトなどの特色ある活動を導入している連盟も存在する。1970年以来、特にヨーロッパを中心としてコエデュケーション化が進んでおり、男女がともにスカウトとして活動している。日本では年齢別にビーバースカウト、カブスカウト、ボーイスカウト、ベンチャースカウト、ローバースカウトがある。詳しくはボーイスカウト日本連盟を参照。概要☃☃1907年の実験キャンプののち、1908年にロバート・ベーデン=パウエルがボーイスカウトを創設した☃☃。ベーデン=パウエルは南アフリカにおける従軍経験からこの運動の着想を得ていた。ベーデン=パウエルは『スカウティング・フォア・ボーイズ』を著し、青年の人格・市民性・肉体的発達を目的としたスカウト教育法について記述した。多くの少年たちがスカウティングに参加し、スカウティングは急速に世界最大の青少年団体へと成長していった☃☃。ボーイスカウトのプログラムは自信、率先、有機、他助、誠実、機知を持った青年を育むべく設計されている☃☃☃☃。活動スカウトはスカウト教育法の要であるスカウトのちかいとおきてを学ぶ。これらは野外活動を中心とするプログラムを通じて人格・市民性・適合性・リーダーシップを習得するよう設計されている☃☃☃☃。スカウト教育の実践には、各年代に適切な市民性と意思決定の強調と同様に、小グループで共に活動し経験を分かち合うことなどが含まれている。野外活動を行い自然への感謝の念を養うことは重要な要素である。重要な活動としてキャンプ、ウッドクラフト、応急処置、ハイキングなどがある。個人の発達活動の大半は個人の発達とかかわりがある。すべてのスカウティング組織はスカウトクラフト、地域への奉仕、リーダーシップ、関心分野の探求などによる進歩制度プログラムを設けている。このバッジシステムや個人の発達スキームは二つの要素から成り立っている。メリットバッジ(特修章)はスカウトに仕事や趣味に関する事項を学習させることを目的としていて、その細目はスカウティングに関係する者に限らず多くの活動を含んでいる。進級バッジは技能がより難しいレベル・到達度にいたっていることを示すものである。多くのスカウティング組織では、スカウト技能の修達、リーダーシップ、地域への奉仕を要件とする最高位の章を設けている。構成隊隊はスカウトの基礎的単位である。スカウトは隊に加入し、これを通じてキャンプ、ハイキングなどといったスカウト活動に参加する。隊の成人指導者が活動を提供・支援する。班隊は5から10人のスカウトによる班によって構成される。班の独立性は隊やその活動内容によって異なる。例えば、通常班を単位とした会議が行われる。班の自治はキャンプではより明確で、班ごとに自分たちのキャンプサイトを設営し、料理や活動をする。しかしながら、より高度な活動をする際には、班の区分がなくなることがある。班には班長と次長の役職がおかれる。グループほとんどの国では、スカウトグループと呼ばれる部門の垣根を超えた集団が組織されている。スカウトグループは男性のみか女性のみか両性で組織される。ボーイスカウトに関連する作品小説「ジャングルブック」:(著:ラドヤード・キップリング)カブ隊のモデルにもなっているとされる。ディズニーによりアニメーション映画化され、1967年10月18日に公開された。小説「それゆけ、ジーヴス」(P・G・ウッドハウス)「神のごとき」と賞賛される執事ジーヴズと、ちょっと間の抜けたご主人バーティーのコンビが主人公の連作ユーモア小説の1作。エドウィン少年がボーイスカウトである。エドウィンは「一日一善」のネタを四六時中探しているが、はた迷惑な行為ばかりしでかすため、家庭内の評価は著しく低い。小説「ジーヴスと朝の喜び」(P・G・ウッドハウス)上と同じく、ジーヴス&バーティー・シリーズの1作。エドウィン少年は本作において約20年ぶりに同シリーズに復帰するが、相変わらず「一日一善」が滞っているために、そのネタさがしに躍起になっており、バーティーの逗留するコテージの煙突掃除を買って出た結果コテージをすみやかに全焼させるなど、登場人物たちがこうむる苦難の連鎖において小さからぬ役割を果たす。加えて、エドウィンが実の父や姉の胸中にまで、こいつの尻を思いっきり蹴飛ばしてやりたい、というやみがたい欲求を惹起させていることが、プロット進行上も大きな意味を持っている。なお、本作でバーティーと友人たちはエドウィンをとある事件の犯人に仕立て上げようとするが、彼がたまたま同時刻に応急処置に関する講演会の実験台を務め、47人のボーイスカウトおよびその他関係者一同の観察下にあったことが明らかになるに及んで、この目論見は水泡に帰する。エドウィンは作中一度ならず(「一日一善」消化のために)バーティーに応急処置を施すことを提案するが、そのうちの1回は、彼がバーティーを夜盗と間違えて、その後頭部を「ボーイスカウト・ステッキ」でなぐった後でなされたものである。 小説「It(それ)と呼ばれた子」(デイヴ・ペルザー)作中にカブスカウト集会についての記載がある。がバーティーを夜盗と間違えて、その後頭部を「ボーイスカウト・ステッキ」でなぐった後でなされたものである。
  • 小説「It(それ)と呼ばれた子」(デイヴ・ペルザー
    作中にカブスカウト集会についての記載がある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]