村岡嗣政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村岡嗣政
むらおか つぐまさ
生年月日 (1972-12-07) 1972年12月7日(46歳)
出生地 日本の旗 山口県宇部市
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員自治省総務省
総務省自治財政局財政課財政企画官
所属政党無所属→)
自由民主党
称号 学士(経済学)
公式サイト 村岡つぐまさ公式サイト

山口県の旗 民選第19-20代 山口県知事
当選回数 2回
在任期間 2014年2月25日 - 現職
テンプレートを表示

村岡 嗣政(むらおか つぐまさ、1972年12月7日 - )は、日本自治総務官僚政治家山口県知事(民選第19-20代)。

概要[編集]

山口県宇部市生まれ。宇部市立西岐波小学校、宇部市立西岐波中学校、山口県立宇部高等学校東京大学経済学部卒業。1996年4月、自治省(現:総務省)に入省。自治省、総務省での本省勤務の他、北海道庁や高知県庁、広島市役所への出向も経験する。2012年4月より総務省自治財政局財政課財政企画官を務め、同職を最後に2014年1月15日付で退官[1]

同年1月20日、山口県庁で記者会見を開き、山本繁太郎知事の辞任に伴う山口県知事選挙に出馬する意向を正式に表明。出馬会見では、前任の山本繁太郎による県政を継承する方針を示した(山本は3月15日に死去)[1]。選挙戦では自民公明両党及び連合山口の推薦を受け、生活の党の推薦を受けた次点の高邑勉にダブルスコアを上回る約17万票の大差をつけて圧勝し、初当選した[2][3]2月25日に山口県庁に初登庁し、正式に山口県知事に就任した[4]。2018年の知事選で大勝し、現在二期目。

年譜[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]