吉村洋文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉村 洋文
よしむら ひろふみ
生年月日 (1975-06-17) 1975年6月17日(43歳)
出生地 日本の旗 大阪府河内長野市
出身校 九州大学法学部
前職 弁護士
税理士
所属政党大阪維新の会→)
(大阪維新の会/維新の党→)
(大阪維新の会→)
(大阪維新の会/おおさか維新の会→)
大阪維新の会/日本維新の会
公式サイト 大阪市長 吉村洋文

Flag of Osaka, Osaka.svg 民選第20代 大阪市長
当選回数 1回
在任期間 2015年12月19日 - 現職

選挙区 比例近畿ブロック大阪4区
当選回数 1回
在任期間 2014年12月15日 - 2015年10月1日

選挙区 北区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2011年 - 2014年
テンプレートを表示

吉村 洋文(よしむら ひろふみ、1975年6月17日 - )は、日本政治家弁護士税理士大阪市長(民選第20代)、大阪維新の会政務調査会長衆議院議員(1期)、大阪市会議員(1期)、おおさか維新の会政務調査会長(初代)[1]等を務めた。

2018年現在在職中の政令指定都市長の中では千葉県千葉市長の熊谷俊人に次いで2番目に若い。

来歴[編集]

大阪府河内長野市生まれ。大阪府立生野高等学校九州大学法学部卒業[2]1998年司法試験に合格し、2000年弁護士登録。

2011年大阪維新の会公認で大阪市会議員選挙に北区選挙区から出馬し、当選。2013年5月からは市議団政調会長を務めた[2]2014年、大阪市会議員を辞職。同年の第47回衆議院議員総選挙維新の党公認で大阪4区から出馬。大阪4区では自由民主党前職の中山泰秀に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、当選した[3]

衆議院議員在職中は維新の党政調副会長や、大阪維新の会の「都構想推進本部」(本部長:橋下徹)の局長も務めた[4]大阪都構想を推進した橋下徹大阪市長の信頼も厚く、都構想の制度設計では中心的な役割をになっていた[5]2015年9月26日には、橋下徹の引退に伴う大阪市長選挙に、大阪維新の会が吉村を擁立する意向が報じられる[6]10月1日に辞職願を大島理森衆議院議長に提出[7]し、同日許可された[8]。吉村の辞職に伴い、比例近畿ブロックで次点だった椎木保繰り上げ当選した。

11月22日投開票の大阪市長選挙に大阪維新の会公認で出馬し、自由民主党の推薦及び民主党大阪府連・日本共産党大阪府委員会の支援を受ける前大阪市議の柳本顕、元北区長の中川暢三らを破り、当選した[9]12月19日大阪市役所に初登庁し、正式に大阪市長に就任した[10]。史上初の大阪市会議員経験のある市長であり、中井光次以来の国会議員経験者の市長でもある。2017年、2025日本万国博覧会誘致委員会副会長就任[11]

政策・主張[編集]

大阪市長として[編集]

  • 「子どもの貧困対策や待機児童対策など、子どもへの投資にさらに力を入れていきたい」と述べ、子どもの成長を社会全体で支えるため、NPOや市民団体などと連携して、子どもの貧困対策を本格的に実施する事を明らかにした[16]
  • 「親の経済格差が子どもの教育格差につながることがあってはならない」と主張し、2016年度から5歳児の幼稚園・保育所の保育料を無償化する方針を示した[17]

教育[編集]

教員の新たな人事給与制度の導入を決定。吉村洋文は「頑張っている先生がきちんと評価され、昇給する制度が必要だ」と述べた[18]

健康対策[編集]

市民の健康寿命を延ばす協定を締結。「効率的な住民サービスのためには科学的な根拠や知見を踏まえた政策決定が重要だ」と述べた[19]

介護[編集]

特別養護老人ホームの建設費の助成に37億6500万円を計上。「真に支援を必要とする人々」への重点支援策の具体的な内容を明らかにした[20]

受動喫煙対策[編集]

  • 国が発表した健康増進法改正案よりも規制の厳しい受動喫煙防止条例を検討。「海外に比べて規制が緩い。国際都市を目指すと言いながら、受動喫煙対策がおろそかだったら、それは違う」と述べた[21]
  • 受動喫煙規制に消極的だった松井一郎大阪府知事に対し、「健康をテーマに万博を誘致しているのに、知事が国の基準で十分と言うのは違う」と非難したことにより、大阪市大阪府条例を一本化し、厳格化する意向を取り付けた[22]

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “【おおさか維新の会】橋下氏の結党大会あいさつ(1)「政治は捨て身、実行力、挑戦しかない」”. 産経新聞. (2015年11月1日). http://www.sankei.com/politics/news/151031/plt1510310028-n1.html 2015年11月9日閲覧。 
  2. ^ a b c d プロフィール
  3. ^ 読売新聞・衆院選2014開票結果
  4. ^ 都構想活動
  5. ^ “【大阪W選】橋下市長の後継候補に“右腕”吉村氏有力! 市議出身の衆院議員”. 産経新聞. (2015年9月18日). http://www.sankei.com/west/news/150918/wst1509180010-n1.html 2015年10月1日閲覧。 
  6. ^ “松井知事が再選出馬へ=ダブル選、市長候補は吉村氏-大阪維新”. 時事通信. (2015年9月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015092600264&g=pol 2015年10月1日閲覧。 
  7. ^ “大阪市長選出馬予定の吉村氏、衆院に議員辞職願提出”. 朝日新聞. (2015年10月1日). http://www.asahi.com/articles/ASHB13F4MHB1UTFK004.html 2015年12月29日閲覧。 
  8. ^ “維新・吉村議員が辞職”. 朝日新聞. (2015年10月1日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11994364.html 2015年12月29日閲覧。 
  9. ^ “大阪都構想再挑戦へ 大阪維新、ダブル選勝利”. 朝日新聞. (2015年11月23日). http://www.asahi.com/articles/ASHCN4GVMHCNPTIL00P.html 2015年12月29日閲覧。 
  10. ^ “仲間は絶賛、政敵はバッサリ 橋下劇場“キャスト”の「贈る言葉」”. 産経新聞. (2015年12月18日). http://www.sankei.com/west/news/151218/wst1512180118-n1.html 2015年12月19日閲覧。 
  11. ^ 「2025日本万国博覧会誘致委員会役員名簿(平成29年6月1日時点/敬称略)」2025日本万国博覧会誘致委員会
  12. ^ a b c d e f g “2014衆院選 大阪4区 吉村 洋文”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A27004002002&st=tk 2015年10月25日閲覧。 
  13. ^ 北朝鮮による弾道ミサイル発射に対する抗議及び要請について” (2017年3月6日). 2017年9月5日閲覧。
  14. ^ “新たな慰安婦像動き、吉村大阪市長「日韓合意の精神傷つける」 サンフランシスコ市長宛て公開書簡 ”. 産経新聞 . ( 2017-02-06  ). http://www.sankei.com/west/news/170206/wst1702060044-n1.html 
  15. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  16. ^ “大阪市 子ども貧困対策本格化へ”. NHK. (2017年9月11日). http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170911/3702601.html 2017年9月12日閲覧。 
  17. ^ “大阪市長 5歳児の保育料無償、16年度から 施政方針”. 毎日新聞. (2015年12月26日). http://mainichi.jp/articles/20151226/k00/00m/010/179000c 2017年8月12日閲覧。 
  18. ^ “能力に応じた給与制度に 大阪市教委、30年度から”. NHK. (2017年7月12日). http://www.sankei.com/west/news/170712/wst1707120021-n1.html 2017年7月25日閲覧。 
  19. ^ “認知症アプリを共同開発…大阪市と市大が健康寿命延伸へ包括連携”. 産経新聞. (2017年3月1日). http://www.sankei.com/west/news/170301/wst1703010034-n1.html 2017年8月25日閲覧。 
  20. ^ [ http://www.sankei.com/west/news/160219/wst1602190097-n2.html “【大阪市予算】キーワードは「選択と集中」、子育て・教育を〝超〟重視…一般会計4年ぶりに前年度比減で1兆6509億円(2/3ページ)”]. 産経新聞. (2018年4月27日).  http://www.sankei.com/west/news/160219/wst1602190097-n2.html 2018年4月30日閲覧。 
  21. ^ “喫煙店規制、国より厳格に「店舗面積30平方メートル以下」...大阪市が独自条例案検討”. 読売新聞 (読売新聞社). (2017年3月1日). https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0427514119/ 2017年8月25日閲覧。 
  22. ^ “大阪府も受動喫煙で厳格な条例 愛煙家の松井知事、消極一転”. 東京新聞 (東京新聞社). (2018年4月27日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018042701002156.html 2018年5月1日閲覧。 
  23. ^ “後継候補有力視の吉村氏を「素晴らしい政治家で優秀」橋下氏、大阪市長選の打診まだ”. 産経新聞. (2015年9月24日). http://www.sankei.com/west/news/150924/wst1509240048-n1.html 2015年10月22日閲覧。 
  24. ^ “橋下市長の後継候補、吉村氏は「覚悟を持った政治家」と松井府知事”. 産経新聞. (2015年9月18日). http://www.sankei.com/west/news/150924/wst1509240048-n1.html 2015年10月22日閲覧。 
  25. ^ “中川家「ベストファーザー賞」受賞し「家族のために一生懸命漫才をやってます」”. スポーツ報知. (2016年6月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160613-OHT1T50146.html 2016年6月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
橋下徹
Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市長
民選第20代:2015年 -
次代:
(現職)
党職
先代:
(創設)
おおさか維新の会政務調査会長
初代:2015年
次代:
浅田均
先代:
浅田均
大阪維新の会政務調査会長
第2代:2015年 -
次代:
(現職)