熊谷俊人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
熊谷俊人
くまがい としひと
生年月日 (1978-02-18) 1978年2月18日(38歳)
出生地 奈良県天理市
出身校 早稲田大学政治経済学部経済学科
前職 NTTコミュニケーションズ従業員
所属政党 民主党→)
無所属
称号 学士(経済学)早稲田大学2001年
公式サイト 熊谷俊人(くまがいとしひと)公式Webサイト

Flag of Chiba, Chiba.svg 第26代 千葉市長
当選回数 2回
在任期間 2009年6月14日 - 現職

選挙区 稲毛区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年4月23日 - 2009年5月
テンプレートを表示

熊谷 俊人(くまがい としひと、1978年〈昭和53年〉2月18日 - )は、日本政治家奈良県天理市生まれ、兵庫県神戸市育ち。千葉市長(2期)。元千葉市議会議員(1期)。

来歴[編集]

奈良県天理市生まれ。父親の転勤に伴う転居の多い少年時代を経て、兵庫県神戸市で育つ。白陵高等学校在学中の1995年1月17日阪神・淡路大震災で被災した。早稲田大学政治経済学部経済学科に入学し、2001年に卒業。同年、NTTコミュニケーションズ株式会社に就職。

2006年経営コンサルタント大前研一が主宰する一新塾に入塾(第18期生)。小中学校や市議会に働きかけ、小中学生が政治教育に触れやすくすることを目指す「子どもと議会の架け橋」と呼ばれるプロジェクト活動を自ら立ち上げる[1]。同年、民主党が実施した千葉市議会議員選挙の候補者公募に合格。2007年の千葉市議選に稲毛区選挙区から出馬し、トップ当選した。

2009年4月、同年6月の千葉市長選に出馬せず、引退の意向を表明していた千葉市長の鶴岡啓一収賄容疑で逮捕され、5月1日付で千葉市長を辞職。NTTコミュニケーションズの先輩にあたる民主党衆議院議員田嶋要から千葉市長選への出馬を要請され、千葉市議を辞職して出馬を表明。6月14日、事実上の鶴岡前市長の後継候補である前副市長の候補者、元千葉市議の候補者(共産党公認)らを破り、千葉市長に当選した。投票率は43.50%[2]

31歳5ヶ月での市長就任は、同年2月に当選した三重県松阪市長の山中光茂(当選時33歳)を抜いて現職最年少。また、政令指定都市の市長としては神奈川県横浜市長の中田宏(初当選時37歳)による記録を更新した。

2010年12月27日稲毛区役所に婚姻届を提出したと2011年1月4日の千葉市年賀名刺交換会の挨拶で報告。相手はNTTコミュニケーションズ時代の同僚30代女性。現在2児の父親。出産時には「平日に早く帰るなどして育児参加したい」と育児に意欲を見せた。

2013年5月26日の千葉市長選挙に出馬し[3]、再選[4]。投票率は31.35%。

政策・主張[編集]

  • 自身のマニフェストとして以下を挙げている[5]
    • みんなが主役の千葉市づくり
    • 市民の命と幸せを守る千葉市
    • 田舎の魅力を活かした新たな都市像への挑戦
    • 東日本大震災を受けたまちづくり
    • 千葉市から新しいまちづくりを(ガバメント2.0)
  • 改憲派である。ただし、集団的自衛権を行使するための憲法改正ではなく、「戦争ができない国」をより明確にするために、日本国憲法の改正をするべきという立場である[6]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成している[7]ブログにおいても、「女性にとっては結婚することによって身分証明書を始め多くの手続きが必要になるし、働いている人は会社側でも相当の作業が必要になる。女性がいる職場で働いていたことのある人間なら、常識的に考えて選択的夫婦別姓制度の導入は当たり前というか、導入していないこと自体が信じられないという考えになるのではないか」と述べている。
  • 内閣総理大臣靖国神社参拝に反対している[8]
  • 宗教法人としての靖国神社を解散させ、無宗教であった東京招魂社の流れをくむ国立追悼施設にすべきだと主張している[9]

著書[編集]

  • 『青年市長が挑む市政改革 未来視点で大転換』ぎょうせい 2012
  • 『公務員ってなんだ? 最年少市長が見た地方行政の真実』(ワニブックスPLUS新書、2012年)
  • 『選挙ってなんだ? 最年少政令市長が提案する制度改革』(ワニブックスPLUS新書、2013年)ISBN 978-4-8470-6542-2

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公用車やめモノレール出勤 31歳・新千葉市長の政治哲学 J-CASTニュース 2009/6/15付
  2. ^ ザ選挙 千葉市長選挙(2009/06/14投票)結果
  3. ^ “千葉市長選告示、現職と2新人が立候補届け出”. 読売新聞. (2013年5月12日). オリジナル2013年10月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131004115339/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20130512-OYT1T00231.htm 2013年5月12日閲覧。 
  4. ^ “千葉市長選 現職・熊谷氏が再選”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年5月26日). オリジナル2013年5月29日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0529-0126-10/www3.nhk.or.jp/news/html/20130526/k10014855111000.html 2013年5月29日閲覧。 
  5. ^ 公式ページ:政策・マニフェスト
  6. ^ 憲法映画「日本の青空」を見る”. くまがい俊人の日記 (2007年7月15日). 2013年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月28日閲覧。
  7. ^ 政権交代でようやく夫婦別姓制度が導入”. くまがい俊人の日記 (2009年9月27日). 2013年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月28日閲覧。
  8. ^ 首相の靖国参拝~靖国神社の存在~”. くまがい俊人の日記 (2005年10月18日). 2013年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月28日閲覧。
  9. ^ 靖国神社:一宗教法人であることの問題”. くまがい俊人の日記 (2006年8月15日). 2014年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月28日閲覧。
  10. ^ a b c 公式プロフィール
  11. ^ “「ツイッターは首長向き」熊谷俊人・千葉市長が明かすネット活用術”. (2015年12月3日). http://news.nicovideo.jp/watch/nw286827 

外部リンク[編集]