松井旭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松井 旭
まつい あさひ
生年月日 (1927-11-24) 1927年11月24日
出生地 北海道旭川市
没年月日 (2012-02-21) 2012年2月21日(84歳没)
出身校 中央大学専門部経済学科
称号 勲二等瑞宝章

Flag of Chiba, Chiba.svg 第18代~23代 千葉市長
当選回数 6回
在任期間 1977年 - 2001年
テンプレートを表示

松井 旭(まつい あさひ、1927年11月24日 - 2012年2月21日)は、日本の官僚政治家。第18代~23代千葉市長(在任期間 1977年 - 2001年(六期))。

経歴[編集]

北海道旭川市生まれ、広島県広島市育ち[1]

前市長・荒木和成の市政で女房役を務めていたが、荒木が在職中に急逝したことに伴い1977年7月10日の市長選挙に出馬し、初当選[2]

以後、6期24年間に亘り千葉市長を務め、千葉都市モノレール幕張メッセなどの都市基盤整備やロッテ球団誘致[1]政令指定都市昇格他に尽力した。

また、荒木が中止させていた新東京国際空港(現・成田国際空港)の航空燃料パイプライン敷設工事について新東京国際空港公団の協力要請に応じ、貨物列車による航空燃料暫定輸送の〝見返り〟として、市内2カ所の踏切の立体化や、西千葉駅近くの国鉄跡地の払い下げを運輸省から引き出した[3]。一方、当時成田空港問題対処にあたっていた自民党佐藤文生は、これらの事柄については荒木存命中に既に政府・千葉市間で交渉が進められていたとしている[2]

1977年9月14日に松井は田村元運輸大臣大塚茂新東京国際空港公団総裁とジェット燃料暫定輸送の協定に調印した。田村運輸相は「大塚君、松井市長に頭を下げろよ。この人のおかげで開港できるんだからな」と言い、開港の目途がついた大塚空港公団総裁は大喜びで松井と握手をかわした[2]

2001年退任。2002年勲二等瑞宝章受章。

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “どうする広島市民球場... 千葉市とロッテ 郷土愛 広島が手本 — 選手との交流にも力 —”. 中国新聞 (中国新聞社). (2004年6月23日). オリジナル2004年8月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040812181646/http://www.chugoku-np.co.jp/baseballdome/040623b.html 2017年3月15日閲覧。 
  2. ^ a b c 佐藤文生 (1978). はるかなる三里塚. 講談社. pp. 195-197. 
  3. ^ 千葉の歴史検証シリーズ33  成田国際空港「血と涙の歴史」11”. 稲毛新聞 (2005年5月2日). 2017年9月30日閲覧。
  4. ^ “元千葉市長の松井旭氏死去”. 産経新聞. (2012年2月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120221/lcl12022118330005-n1.htm 2012年2月21日閲覧。 

外部リンク[編集]