松井旭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松井 旭
まつい あさひ
生年月日 (1927-11-24) 1927年11月24日
出生地 北海道旭川市
没年月日 (2012-02-21) 2012年2月21日(84歳没)
出身校 中央大学専門部経済学科
称号 勲二等瑞宝章

Flag of Chiba, Chiba.svg 第18代~23代 千葉市長
当選回数 6回
在任期間 1977年 - 2001年
テンプレートを表示

松井 旭(まつい あさひ、1927年11月24日 - 2012年2月21日)は、日本の官僚政治家。第18代~23代千葉市長(在任期間 1977年 - 2001年(六期))。

北海道旭川市生まれ、広島県広島市育ち[1]

1977年、前市長・荒木和成の急逝による市長選挙に出馬し初当選。

以後、6期24年間に亘り千葉市長を務め、千葉都市モノレール幕張メッセなどの都市基盤整備やロッテ球団誘致[1]政令指定都市昇格他に尽力した。

また、荒木が中止させていたパイプライン敷設工事について新東京国際空港公団の協力要請に応じ、貨物列車による航空燃料暫定輸送の〝見返り〟として、市内2カ所の踏切の立体化や、西千葉駅近くの国鉄跡地の払い下げを運輸省から引き出した[2]

2001年退任。2002年勲二等瑞宝章受章。

略歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]