千葉都市モノレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社の画像提供をお願いします。2022年1月
千葉都市モノレール株式会社
Chiba Urban Monorail Co.,Ltd.
Chiba Urban Monorail Logo.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 千葉モノレール
本社所在地 日本の旗 日本
263-0012
千葉県千葉市稲毛区萩台町199-1
設立 1979年昭和54年)3月20日[1]
業種 陸運業・建設業など
法人番号 8040001004815 ウィキデータを編集
事業内容 軌道法による一般運輸業など
代表者 代表取締役社長 小池浩和
資本金 1億円
(2019年3月31日現在[2]
発行済株式総数 20万株
(2019年3月31日現在[2]
売上高 35億5735万9000円
(2019年3月期[2]
営業利益 6億8654万3000円
(2019年3月期[2]
純利益 9億8194万6000円
(2019年3月期[2]
純資産 64億1432万6000円
(2019年3月31日現在[2]
総資産 142億4501万円
(2019年3月31日現在[2]
従業員数 160人
(2018年3月31日現在[3]
決算期 3月31日
主要株主 千葉市 92.97%
JFEスチール 1.57%
三菱重工エンジニアリング 1.12%
千葉銀行 1.00%
東京電力エナジーパートナー 0.63%
(2019年3月31日現在[4]
外部リンク https://chiba-monorail.co.jp/
テンプレートを表示

千葉都市モノレール株式会社(ちばとしモノレール)は、千葉県千葉市内でサフェージュ式懸垂式モノレールを運営している軌道事業者。千葉市や千葉県などの出資による第三セクター方式で設立された第三セクター鉄道の一つである。本社は千葉県千葉市稲毛区に所在。

通称は「千葉モノレール」で、運行しているモノレールの愛称は、タウンライナーマスコットキャラクターサルの「モノちゃん」である。

概要[編集]

千葉みなと駅から県庁前駅を結ぶ1号線と、千葉駅から千城台駅を結ぶ2号線の2路線を持つ。1988年3月28日に最初の区間である2号線スポーツセンター駅 - 千城台駅間が開業し、1999年3月24日に1号線を含めた全線が開通した。総営業距離15.2kmは懸垂式モノレールとしては世界最長で、2001年ギネス世界記録に認定されている[注 1]

周辺地域人口の伸び悩みや開業の遅れに加え、減価償却費の負担の重さも重なり、開業以来赤字が継続していた。平成6年度以降は債務超過状態に陥っていた[5]産業活力再生特別措置法に基づく事業再構築計画が2006年4月28日国土交通省から認定を受け、累積損失の解消と単年度黒字化が図られた。同年5月に99%減資するとともに、千葉県と千葉市が債権者となっている貸付金204億円を現物出資する形で第三者割当増資による新株発行が行われ(債務の株式化デット・エクイティ・スワップ)、これにより一時的に資本金が205億円となった。さらに同年8月には千葉県出資分100%、千葉市出資分98.2%、民間出資分80%それぞれの減資(計102億円分の減資)と資本準備金5億円の取り崩しを行うとともに、軌道資産の一部(簿価90億円相当)を千葉市に無償譲渡して減価償却費と設備更新費の大幅削減を行った。この譲渡損90億円については資本準備金の取り崩しを行った。これらの施策の結果、同年度決算では最終黒字が1億9600万円、営業係数が96と、開業以来初の黒字を計上した。

合理化策の一環として、現在はモノレール車両の動力車操縦者(運転士)が車両基地における車両検査要員を兼任することで人員削減を図っている[6]

開業当初より自動券売機専用のプリペイドカードである「モノレールカード」(プレミアム付き)を2009年2月まで発行していた。JR東日本を除く首都圏の公民鉄における磁気カード式のプリペイドカードとしては最後まで運用されたカードであった。パスネットには当初より対応しなかったが、利用者から対応について要望が多数寄せられたため、パスネット協議会に加盟していたこともある(パスネット自体は導入しなかった)。次世代ICカード乗車券の協議機関であるPASMO協議会には設立当初より参加し、準備期間を経て2009年3月14日に運用を開始している。ただし、交通系ICカード全国相互利用サービスの対象外であり、PASMOとSuica以外のIC乗車券は使用できない[7]

2021年6月25日付で、元千葉市職員の小池浩和が社長に就任した。

沿革[編集]

路線[編集]

2路線を運営しており、全線の全列車がワンマン運転である。

1号線を千葉市立青葉病院まで延伸する計画があった(詳細は1号線の延伸計画を参照)。また、穴川駅より、稲毛駅・稲毛海岸駅への延伸構想があった[11]

2019年(令和元年)9月4日付けで、千葉市はモノレール病院ルート(県庁前駅 - 市立青葉病院間)について、延伸計画を廃止とし、稲毛ルート(穴川駅 - JR稲毛海岸駅間)については、モノレール導入は行わないことを決定したと発表した[12]

車両[編集]

1000形
開業当初からの車両。製造年次によって行先表示器が幕式やLEDなど違いがある。1988年から1999年の間に合計20編成40両が製造されたが、2022年1月年現在、8編成16両(第13 - 20編成)が在籍する。
1次車(第1 - 8編成)と2次車(第9 - 12編成)は後述の0形で置き換えられ、全車廃車となった。一部の車両が保存されている。[13]
0形「URBAN FLYER 0-type(アーバン・フライヤー・ゼロ-タイプ)」
2012年度より、1000形の置き換えを目的に製造、導入された新型車両[14](当初は2009年度導入予定であった[15])。従来車両をベースにバリアフリー化や新しい技術基準への適合などが行われている。
  • 先頭部の乗務員室床下にはガラス窓を採用するなど、「都市内を空中散歩する」感覚を目指している。車内では黒を基調としオレンジをアクセントとした個別いすタイプの座席や、回生ブレーキなどを採用している。
  • バリアフリーのため、車椅子スペースやドア上に開閉チャイム付きの案内表示器を設置する。
  • VVVFインバータ制御方式を採用し、エネルギー効率及び乗り心地の向上を行う。
5次車は、1000形1次車を置き換えた。2012年7月8日に営業運転を開始し[16]、同年度中に3編成(第21 - 23編成)、2014年春に1編成2両(第24編成)が導入されている。
6次車は、1000形2次車を置き換えた。2019年12月から2020年7月にかけて4編成8両(第25 - 28編成)が導入された。5次車と比べ、車外、車内ともに仕様が一部変更されている[17]
2022年1月現在、8編成16両が在籍する。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額・ICカード利用の場合は1円未満の端数切り捨て、切符利用の場合は10円未満の端数切り上げ)。2019年(令和元年)10月1日改定[18]

キロ程 運賃(円)
ICカード 切符利用
初乗り2km 199 200
3 220 220
4 - 5 283 290
6 - 7 335 340
8 - 9 388 390
10 - 11 430 430
12 - 13 471 480
14 513 520

企画乗車券[編集]

  • お昼のお出かけフリーきっぷ - 平日10時から18時まで利用可能なフリーきっぷで、販売額は大人630円(小児320円)。
  • ホリデーフリーきっぷ - 土休日に利用可能なフリーきっぷで、販売額は大人630円(小児320円)。
  • 2-Dayフリーきっぷ - 連続する土休日2日間に利用可能なフリーきっぷで、販売額は大人1050円(小児530円)。

知名度向上や沿線活性化への取り組み[編集]

通常の乗客輸送以外に、車内で落語が楽しめる「天空寄席[19]のようなイベント運行を実施することがある。

2018年には千葉経済大学千葉経済短期大学と地域活性化や人材育成、情報発信などを目的とした連携協定を結んだ[20]

ロケーション撮影サービス[編集]

近年はテレビドラマCMなどの撮影に対し、同じ千葉市のちばしフィルムコミッションなどと連携して積極的な誘致を図っており、同社の場合、駅や車両での撮影だけではなく、本社社屋や車両基地も積極的にロケーション撮影用に貸し出しているのが特徴である[21]

映画
テレビドラマ

アニメ・小説・ボーカロイドとのコラボレーション[編集]

アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』ラッピング車両
アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』ラッピング車両

俺の妹がこんなに可愛いわけがない[編集]

2008年のライトノベルおよびそれを原作とした2010年のテレビアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』に、千葉駅付近や千葉公園等から見たモノレールが度々登場したことに伴い、様々な取り組みが行なわれた。

2011年5月には、キャラクターを描いた記念切符が発売された[22]

1000形第19編成に同作品のラッピングが施され、2013年3月30日から2014年3月31日[注 2]まで運行された[23]。10月以降は声優によるアナウンスが土休日の10時から16時に短縮された[24]

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。[編集]

2015年5月2日からはライトノベルおよびそれを原作としたテレビアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』のキャラクターが車両にラッピングされ[25]、2016年4月1日まで運行された[26][27]

2020年9月より、アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』とコラボレーションし、同月13日から2021年3月31日までのラッピング車両の運行とグッズ販売が発表された[28][29]。これは2度延長され、現在は2022年3月31日まで運行の予定である[30][31]

ステーションメモリーズ![編集]

2017年12月7日から、『ステーションメモリーズ!』(以下、駅メモ!)に登場するキャラクター、1000形0形がモチーフの作草部チコ・マコ姉妹が公認キャラクターになった[32][33]ことを記念し、駅メモ!コラボラッピング車両が2017年12月7日から2020年12月7日まで運行された[34][35]。また、2019年11月には軌道作業車がモチーフの天台ヤコが公認キャラクターとなり、コラボイベントが開催された[36]

ボーカロイド[編集]

2018年9月1日・2日にVOCALOID 初音ミクのバーチャルライブ「マジカルミライ 2018」が開催されることを記念し、8月10日から9月30日まで初音ミク仕様のラッピング車両「MIKU FLYER」が運行された[37][38]

また「マジカルミライ 2019」開催に際し初音ミク仕様のラッピング車両「MIKU FLYER-Evo.」が2019年7月1日から10月31日まで[39]、「マジカルミライ 2020」開催に際し「MIKU FLYER –Evo.Ⅱ」が2020年12月9日から2021年3月9日まで[40]運行されている。

「マジカルミライ 2019」開催に際してもコラボを実施、ラッピング車両は2021年11月1日より2022年3月9日までの予定で運行中である[41]。車両の愛称は公募され「URBAN FLYER 39-type」と決定した[42][43]

鉄道むすめ[編集]

2019年4月25日、千葉モノレール初の鉄道むすめ「葭川となみ」がデビューした。これを記念し、4月27日からデビューイベントを実施。7月31日までヘッドマークを掲出した記念車両も運行された。[44]

ラッピング広告[編集]

このほか、多種多様な車体ラッピング広告が行われている。多くの編成が全面的に企業広告を纏っているうえ、道路の真上など目立つ場所を走行すること等から注目されている[45]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 跨座式を含めた場合、日本国内最長のモノレールは大阪府にある大阪モノレール、世界最長のモノレールは中国重慶市にある重慶軌道交通である。
  2. ^ 当初は6月30日までの予定であったが、要望を受け2度延長された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、6頁。
  2. ^ a b c d e f g 平成30年度決算広告
  3. ^ 鉄道統計年報平成29年度版 - 国土交通省
  4. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』令和元年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  5. ^ 会社概要”. 千葉都市モノレール. 2022年1月1日閲覧。
  6. ^ 鉄道マニア倶楽部 Vol.3』(MONDO21)第6回
  7. ^ PASMO・Suicaご利用路線図(簡略版) (PDF)
  8. ^ a b c d 累計乗車5億人達成について”. 千葉都市モノレール (2021年5月31日). 2021年6月6日閲覧。
  9. ^ 駅ナンバリングを導入します”. 千葉都市モノレール (2019年2月20日). 2019年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月12日閲覧。
  10. ^ 千葉都市モノレール5億人達成 開業から33年”. 産経新聞 (2021年6月5日). 2021年6月6日閲覧。
  11. ^ 市が延伸想定調査へ 来年度予算案に - 毎日新聞、2018年1月27日
  12. ^ “千葉都市モノレール延伸計画について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 千葉市都市局都市部交通政策課, (2019年9月4日), オリジナルの2021年1月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210118232139/https://www.city.chiba.jp/toshi/toshi/kotsu/documents/r01_monorail_drawing_verification_results.pdf 2021年1月18日閲覧。 
  13. ^ 車両紹介”. 千葉都市モノレール. 2021年8月28日閲覧。
  14. ^ URBAN FLYER 0-type (アーバンフライヤー ゼロタイプ)製作に着手しました。 - 千葉都市モノレール、2012年1月19日閲覧。
  15. ^ 千葉モノレール 新型車両「URBAN FLYER 0-type」(Internet Archive) - 千葉都市モノレール、2007年4月9日のアーカイブ。
  16. ^ 千葉モノレール0形「URBAN FLYER」が営業運転を開始”. 交友社『鉄道ファン』railf.jp (2012年7月9日). 2012年7月10日閲覧。
  17. ^ 「新0形 アーバンフライヤー(6次車)」の運行を開始します!”. 千葉都市モノレール (2019年12月19日). 2021年8月28日閲覧。
  18. ^ “運賃改定についてのご案内” (PDF) (プレスリリース), 千葉都市モノレール, (2019年9月6日), https://chiba-monorail.co.jp/wp/wp-content/uploads/eda234a4c381ad066131b1968672e5a0.pdf 2019年10月1日閲覧。 
  19. ^ 爆笑!痛快!天空寄席 - 千葉都市モノレール(2018年11月11日閲覧)。
  20. ^ 「千葉経済大、モノレールと連携」『日本経済新聞』朝刊2018年10月31日(大学面)2018年11月11日閲覧。
  21. ^ ロケーションサービスのご案内 - 千葉都市モノレール
  22. ^ “桐乃と黒猫が駅員さんに!? 『俺の妹』と千葉モノレールのコラボ切符が発売決定!!” (日本語). DENGEKIONLINE (アスキー・メディアワークス). (2011年5月2日). http://news.dengeki.com/elem/000/000/364/364838/ 2011年5月3日閲覧。 
  23. ^ スペシャルコラボラッピングモノレール 3月30日運行開始” (日本語). 千葉都市モノレール (2013年3月17日). 2013年9月30日閲覧。
  24. ^ 俺の妹。スペシャルコラボラッピングモノレールの運行期間を延長します。” (日本語). 千葉都市モノレール (2013年9月27日). 2013年9月30日閲覧。
  25. ^ 俺ガイルラッピングモノレール運行&グッズ発売決定!(ラッピングデザイン公開!)” (日本語). 千葉都市モノレール (2015年4月27日). 2015年5月8日閲覧。
  26. ^ 俺ガイル×ちばモノ”. 千葉都市モノレール. 2016年4月3日閲覧。
  27. ^ 千葉都市モノレール「俺ガイル」ラッピング編成に「LAST RUN」ヘッドマーク”. 交友社『鉄道ファン』railf.jp (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  28. ^ 「千葉モノレール」×「俺ガイル」コラボを実施します。”. 千葉都市モノレール (2020年9月9日). 2021年8月28日閲覧。
  29. ^ 「千葉モノレール」×「俺ガイル」コラボグッズ発売のお知らせ”. 千葉都市モノレール (2020年10月8日). 2021年8月28日閲覧。
  30. ^ 「千葉モノレール」×「俺ガイル」ラッピング列車の運行を延長します”. 千葉都市モノレール (2021年3月25日). 2021年8月28日閲覧。
  31. ^ 「千葉モノレール」×「俺ガイル」ラッピング列車の運行を延長します”. 千葉都市モノレール (2021年9月24日). 2021年9月26日閲覧。
  32. ^ 「千葉都市モノレール」×「駅メモ!」コラボイベントを開催、「作草部チコ」を公認キャラクターに認定しました!”. 千葉都市モノレール (2017年10月31日). 2021年8月28日閲覧。
  33. ^ 千葉モノレール✕駅メモ!コラボグッズ公開!!新公認キャラは…!?「作草部マコ」”. 千葉都市モノレール株式会社 (2017年11月28日). 2021年8月28日閲覧。
  34. ^ 【千葉モノレール×駅メモ!】アーバンフライヤー初ラッピング車両「駅メモ!号」がデビュー!!”. 千葉都市モノレール (2017年11月27日). 2021年8月28日閲覧。
  35. ^ (運行終了しました)『駅メモ!号』運行終了のお知らせ”. 千葉都市モノレール (2020年11月6日). 2021年8月28日閲覧。
  36. ^ 『千葉モノレール×駅メモ!』コラボキャンペーンを開催します!!”. 千葉都市モノレール (2019年11月25日). 2021年8月28日閲覧。
  37. ^ 千葉モノレールがマジカルミライに出展、初音ミク車両も走る 鉄道チャンネル2018年8月7日付
  38. ^ 千葉都市モノレール、「初音ミク」コラボ車両 日本経済新聞2018年8月17日付
  39. ^ 今年も『千葉モノレール×初音ミク』コラボが決定!特別車両「MIKU FLYER-Evo.」を運行、『初音ミク「マジカルミライ 2019」』に出展します! - 千葉都市モノレール、2019年6月27日
  40. ^ 今年も「千葉都市モノレール×初音ミク」コラボが決定!特別車両「MIKU_FLYER-Evo.Ⅱ」を運行、『初音ミク「マジカルミライ 2020 in TOKYO」』に出展します!!”. 千葉都市モノレール (2020年11月20日). 2021年8月28日閲覧。
  41. ^ 今年もやります! 千葉モノレール×初音ミクコラボ”. 千葉都市モノレール (2021年10月4日). 2021年11月26日閲覧。
  42. ^ 「千葉モノレール×初音ミクコラボ」ラッピングモノレール全貌公開!!!愛称募集開始!!!”. 千葉都市モノレール (2021年10月15日). 2021年11月26日閲覧。
  43. ^ 「千葉モノレール×初音ミクコラボ」ラッピングモノレールの愛称決定!!!”. 千葉都市モノレール (2021年11月15日). 2021年11月26日閲覧。
  44. ^ 鉄道むすめ『葭川となみ』デビュー!!”. 千葉都市モノレール (2019年4月25日). 2021年9月26日閲覧。
  45. ^ 車体広告(ラッピング車両)”. 千葉都市モノレール. 2022年1月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]