プリペイドカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリペイドカード: prepaid card)とは、予め入金して積み立てておく形(前払い)で一定金額の価値を有し、商品やサービスを提供してもらう権利のあるカード型の有価証券金券)である。前払式証票の一種。

クレジットカードデビットカードではない。

概要[編集]

事前に代金を支払って購入するため、この名前がついており、商品券と異なり、残額がゼロになるまで繰り返し利用できる。発行者側には、全額使われないままに終わるカードがあること、使用完了までの間に資金運用が可能などの利点があり、利用者は、小銭を持ち歩く必要がなく、軽くて持ち歩きやすい、カードによってはプレミアム(おまけ)がついている、などの利点がある。

日本では1982年旧電電公社テレホンカードを作ったのがはじまり。日本では「前払式証票の規制等に関する法律」によって、通常、発行主体は内閣総理大臣財務局)への届出か申請を必要とし、毎年3月・9月末時点で発行したカードの未使用残高が1000万円を超える場合、残高の半分以上の発行保証金を供託しておく義務などを負う。但し、交通機関回数券などは別の制度によって保全され、ハイウェイカードなどのような特殊法人が発行するものは、法律の適用から除外されている。

基本的には磁気で記録するカードであるため、記録するデータ量がさほど多くなく、また市販のカードリーダ/ライタで偽造が行ないやすい。そのため、偽造カードの流通が大きな社会問題となっており、高額カードの発売停止(オレンジカードテレホンカードハイウェイカードなど)や、さらにプリペイドカードシステムそのものが廃止(ハイウェイカード、オレンジカード、ふみカードなど)されたものもある。

偽造対策のために開発されたICカードの一部では、繰り返し代金を追加して利用できるカードもあり、一部の電子マネーと近い機能を持っている。

また、モバイラーズチェックのように、磁気式ではなく、スクラッチカード印刷で一意の番号を記入したカードもある。これらのカードは、購入後、一意の番号を携帯電話等に登録して購入金額分の利用権を登録する形で利用する。また、コンビニエンスストアなどでは金券類などの盗難対策として、チケット用紙ないしは感熱式のレシートなど、シートに登録用の番号を印字して発行されていたが、最近ではプリペイドカードの裏面のバーコードをPOSレジに通し、購入処理が行われたことによってプリペイドカードの残高が有効になるシステム(POSAPoint Of Sales Activation)方式)が導入されたことにより、カード式での販売が再び行われるようになった。

なお、使用済みプリペイドカードは、援助団体[1]に寄付することで発展途上国への援助活動や援助団体の活動資金として活用される。更に、一部のプリペイドカード採用事業者では、使用済みカードを特定枚数集めると、特定金額のカード1枚がもらえるシステムを実施している事業者がある。

代表的なプリペイドカード[編集]

汎用型リロードタイプ[編集]

通信[編集]

SoftBankプリペイドカード3,000円分の両面
公衆電話用
携帯電話用
主に国際電話
リチャージ式国際電話カード
PIN販売方式国際電話カード
廃止

交通[編集]

ハイウェイカード(廃止)
ストアードフェアシステム
廃止

物品購入用[編集]

図書カード
コンビニ販売の例
廃止

その他[編集]

局所的に使用されるプリペイドカード[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]