ふみカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふみカードとは、郵政省および郵政事業庁が販売していた磁気式プリペイドカードである。

概要[編集]

種類は、500円、1,000円、3,000円で、いわゆるプレミアム(割増)は無かった。1989年(平成元年)に販売開始した。発売当時はテレホンカードオレンジカードなどのプリペイドカードがブームになっており、コレクションの対象としても人気があった。

郵便局の窓口で切手類・はがきの購入や郵便料金支払い(小包郵便物、料金別納を含む)に使用できたほか、切手・はがきの自動販売機で使用することができた。

2003年(平成15年)日本郵政公社発足時に販売終了した。

その後利用減少に伴い、2006年(平成18年)に利用停止、2011年(平成23年)に払戻し受付けが終了した[1]

沿革[編集]

  • 1989年(平成元年) 4月1日販売開始。
    • 図柄は初回が全国共通、2回目以降は地方郵政局単位であった。
  • 2003年(平成15年) 4月1日販売終了。
  • 2005年(平成17年) 11月に近年その利用が少なくなってきていることから、2007年(平成19年)3月31日限りで利用停止すると発表。
  • 2006年(平成18年) 3月に機器類の維持困難を理由に停止日を9月30日限りに半年間前倒しすると発表。
    • 既に販売したカードについては停止日まで使用できる。4月3日から当分の間、カード残高の払戻しを平日に行う。払戻しの際はカードの他に印鑑を要した。
  • 2007年(平成19年) 10月からの郵政民営化に伴い、郵便局での払戻しは9月27日限りで中止され、10月からは無料の書留扱いで、郵便事業横浜支店払戻センターの私書箱に郵送し、ゆうちょ銀行通常貯金か他行口座へ振り込む形に変更された。
    • 希望すれば、払戻し済みカードの返却も可能。
    • 払戻しは2011年(平成23年)9月30日終了と予定された。
    • 後にセンターは郵便事業大宮西支店(私書箱は無し)に移転した。
  • 2011年(平成23年) 9月30日払戻しの受付け終了[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b ふみカードの払戻し終了について”. 日本郵政. 2008年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月13日閲覧。