むすび丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むすび丸
Musubimaru
JR Bus Tohoku H644-07403 Sendai Miyagi DC Musubimaru Bus 2013.jpg
ジェイアールバス東北のラッピングバス
対象
分類 都道府県のマスコットキャラクター
モチーフ おにぎり伊達政宗
指定日 2007年3月8日
指定者 仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会会長(宮城県知事)
公式サイト むすび丸 - 仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会公式サイト
テンプレートを表示

むすび丸(むすびまる)は、宮城県の観光PRキャラクター。仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会事務局所属仙台・宮城観光PR担当課長

豊かな食と文化に恵まれた宮城県を「おにぎり」の頭で表現し、伊達氏を象徴する三日月形のをかぶっている[1]。また、兜に描かれている九曜紋も伊達氏などが使用していた。

概要[編集]

業務内容[編集]

  • いろいろな場所に出かけて、宮城県の観光をPRする。
  • 出かけない時は、宮城県庁舎の1階ロビーでお客様をお出迎えする。
  • 第25回全国健康福祉祭宮城・仙台大会(ねんりんピック宮城・仙台2012、平成24年10月13~16日)の大会マスコットキャラクターを務めた。[1]

全身スタイル[編集]

むずび丸は以下の全身スタイルが存在する。

  • 甲冑バージョン - 鎧兜姿。
  • 祭りバージョン - 祭の法被股引姿。
  • スポーツバージョン - プロスポーツ応援姿。

上記の3バージョンは全身スタイル公開時に公開された。 出陣用の外見は宮崎県宮崎郡清武町の会社が製作している。(初期バージョン)[2]

  • クリスマスバージョン - サンタクロースコスチューム。宮城県の専門学校が作成した。[3]
  • ねんりんピックバージョン - 弓道やなぎなたの道着姿、表演服姿(太極拳)、レオタード型水着姿、タキシード姿(ダンス)がある。[2] [リンク切れ](ただし、いずれもイラストのみで、着ぐるみはない)
  • 水産バージョン - スポーツバージョンをベースに波の模様の法被を着け、頭にねじり鉢巻きを巻く。宮城県産水産物の販路回復、消費拡大を目的に2014年11月より第3水曜日を「みやぎ水産の日」に制定されたのを受け、2015年8月に登場[4]

情報[編集]

グッズ等[編集]

多様なむずび丸関連グッズのほか、むすび丸をデザインしたカクテルも存在する。

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ むすび丸プロフィール
  2. ^ むすび丸の着ぐるみ(ステージクルー)
  3. ^ 仙台・宮城DC むすび丸サンタコスチューム作成宮城文化服装専門学校
  4. ^ 宮城県知事記者会見(平成27年8月3日)「移住・定住推進に向けたパンフレット、ポスター作成について及びむすび丸水産バージョンについて」”. 宮城県 (2015年8月4日). 2016年3月15日閲覧。
  5. ^ 仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会スタッフブログ 2011年5月27日
  6. ^ むすび丸が「課長」に昇格-経済波及効果90億円、異例のスピード出世 - 仙台経済新聞 2013年9月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]