第62回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋田わか杉国体
参加人数 ---
競技数 41競技
開会式 2007年1月27日
閉会式 2007年10月9日
開会宣言 寺田典城
選手宣誓 横山秀和(秋田商教諭
小野祐佳(本荘高
最終炬火ランナー 茂木智子(秋田ゼロックス
渡部敬祐(能代工3年
主競技場 秋田県立中央公園陸上競技場

第62回国民体育大会(だい62かいこくみんたいいくたいかい)は、2007年1月27日から10月9日までの期間、秋田県秋田市を主な会場として開催された。大会スローガンは「君のハートよ位置につけ」。大会マスコットは、スギッチスケートアイスホッケー競技会のみ、ゆうまちゃん)。

概要[編集]

1月27日から、群馬県で冬季大会スケート・アイスホッケー競技会で開幕。2月10日から13日まで、スキー競技会「秋田わか杉国体」が(秋田県鹿角市仙北市田沢湖と(バイアスロン由利本荘市)開催された。 夏季・秋季大会は9月29日より、秋田県立中央公園陸上競技場秋田市雄和)で開幕。10月9日に全日程を終え、秋田県に天皇杯、皇后杯が授与された。

また、10月13日から15日まで、第7回全国障害者スポーツ大会秋田わか杉大会」が行われた。

イメージソングは「make IT real」。作詞は松本英子、作曲は加曽利康之、編曲は天野正道、歌は松本英子・中鉢聡。

開会式は前年ののじぎく国体に続き無料である。馬術競技では、熊本県から輸送されたが、インフルエンザを発症していた事がわかり、全ての馬を検査したところ、沖縄県など計2件、4頭の馬に同じ症状が見られ、感染が広がる恐れがあるため、競技を中止した[1][2]

スギッチ[編集]

スギッチは本大会のマスコットキャラクターである。愛称募集には1,001点の応募があり、6人から提案された「スギッチ」が採用された[3]秋田杉をモチーフにしたもので、スーパーマーケットレジ袋日本酒ラベルなど関連グッズも販売され、薬物乱用防止キャンペーンなどに登場した[3]2006年4月にはテレビ東京系列で放送されたTVチャンピオンゆるキャラ選手権」で優勝している。また、同年8月から9月にかけて行なわれた都市対抗野球では、PRのためTDKにかほ市)の応援団の一員となっていた。

国体終了後、スギッチは2007年12月以降、秋田県職員に任命されるなど県のマスコットとして存続し、手に持った炬火のたいまつと、背後の青い輪は取り除かれたデザインへと変更された[4][5]。2008年12月1日には主任に昇任した[6]。県に13体、各市町村に12体、計25体の着ぐるみがある[7]

総合成績[編集]

天皇杯
皇后杯
  • 1位:秋田県(1148.0点)
  • 2位:東京都(985.5点)
  • 3位:兵庫県(910.5点)

脚注[編集]

  1. ^ 選手出場できず、戸惑いと落胆 馬インフルで競技中止[リンク切れ](秋田さきがけ、2007年10月9日付より)
  2. ^ 国体馬術、残り競技を中止 新たにインフル感染馬[リンク切れ](秋田さきがけ、2007年10月8日付より)。
  3. ^ a b 朝日新聞 2004年5月22日付 朝刊、秋田地方面、P.31
  4. ^ 「スギッチ」が本県のマスコットに 「わか杉」の象徴から転身[リンク切れ](秋田さきがけ、2007年11月24日付より)
  5. ^ 秋田県マスコット「スギッチ」をよろしくね!”. 秋田県 (2011年8月11日). 2011年9月15日閲覧。
  6. ^ 秋田県公式サイト
  7. ^ 朝日新聞 2007年12月1日付 朝刊、秋田地方面、P.27

外部リンク[編集]