第56回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新世紀・みやぎ国体
参加人数 31,049
競技数 43競技
開会式 2001年1月27日 富士急ハイランド
閉会式 2001年10月18日
開会宣言 浅野史郎
選手宣誓 高橋千恵美
最終炬火ランナー 三宅義信、安藤静佳
主競技場 宮城スタジアム

第56回国民体育大会(だい56かいこくみんたいいくたいかい)は、2001年1月27日から10月18日までの期間、宮城県を中心に開催された。大会スローガンは「いいね!その汗、その笑顔」。大会マスコットはケヤッキー

概要[編集]

1月27日から山梨県富士吉田市で冬季大会スケート・アイスホッケー競技会「かいじきらめき国体」、2月18日からは長野県飯山市でスキー競技会「ながの飯山国体」が開催された。9月8日からは夏季大会が、10月13日からは秋季大会がともに「新世紀・みやぎ国体」として開催された。

秋季大会の開会式で、1964年東京オリンピック1968年メキシコシティーオリンピック重量挙げ金メダリスト三宅義信安藤静佳を抱いて炬火を点火させた。また、選手宣誓では高橋千恵美が宣誓の途中に言葉が詰まり、「すみません」と中断したが、客席から「頑張れ」のエールが送られて無事、宣誓の役目を終えた。

全国障害者スポーツ大会[編集]

国体閉会後、全国身体障害者スポーツ大会と全国知的障害者スポーツ大会と統合した第1回全国障害者スポーツ大会「翔く・新世紀みやぎ大会」が10月27日から29日にかけて開催され、開会式に皇太子が臨場された。

競技会場[編集]

夏季大会[編集]

正式競技

秋季大会[編集]

正式競技
公開競技

全国障害者スポーツ大会[編集]

利府町
  • 陸上 - グランディ・21 宮城スタジアム
  • 水泳 - グランディ・21 総合プール
  • バレーボール - グランディ・21 総合体育館
  • アーチェリー - 利府町中央公園多目的運動場
  • ソフトボール - 利府町中央公園、宮城県利府高等学校
  • サッカー - 宮城県サッカー場
  • フライングディスク - 宮城県サッカー場
仙台市
  • ボウリング - テイサンボウル泉
  • 卓球 - 仙台市泉総合運動場泉体育館
    • 盲人卓球 - 仙台市屋内グラウンド(シェルコムせんだい)
  • フットベースボール - 仙台市泉総合運動場、仙台市屋内グラウンド(シェルコムせんだい)
  • グランドソフトボール - 仙台商業高等学校
  • 車椅子バスケットボール - 仙台市体育館
  • バスケットボール - 仙台市体育館

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

皇后杯[編集]

  • 優勝 : 宮城県
  • 準優勝 : 東京都
  • 第3位 : 大阪府

マスコット[編集]

公式マスコットの「ケヤッキー」は仙台市在住のイラストレーター樽井純生によるデザイン[1]。宮城県の県木であるケヤキがモチーフとなっている[1]

国体終了後は宮城県のマスコットとして使われていたが、2007年2007年仙台・宮城デスティネーションキャンペーンのシンボルマークとしてむすび丸が登場すると、県の広報には使われなくなった[1]

2014年からは伊達武将隊のメンバー(当時)が宮城県をPRするTwitterアカウント「おいでよ宮城」のアイコンに使用したことで話題となり[2]、2017年には権利者の許可を受けて公式キャラクターとなった。現在では観光PRのほかSENDAI光のページェントの募金活動なども行っている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]