第40回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第40回わかとり国体
参加人数 24,664
競技数 冬3、夏4、秋33
開会式 1985年1月29日
閉会式 1985年10月25日
主競技場 鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場

第40回国民体育大会(だい40かいこくみんたいいくたいかい)は1985年に開催された国民体育大会である。冬季大会(スケート・アイスホッケー競技)のテーマは「片品国体」、同スキー競技のテーマは「はちのへ国体」、夏季・秋季大会のテーマは「わかとり国体」でスローガンは「明日へ向かって はばたこう」である。

夏季・秋季大会の開催地である鳥取県は財政規模が小さく、会場の備品や競技の備品として近年の大会で使用した備品を再利用したり、一般家庭を選手や大会関係者の民宿として利用するなど、質素な大会運営をめざした。一部に批判もあった手法だが、県内各地で県民と全国から集まった選手との温かい交流が繰り広げられた。

大会概要[編集]

期間 開催地 競技数 参加者数
1985年1月29日 - 2月1日 青森県八戸市 2 1,932
1985年2月20日 - 2月23日 群馬県片品村 1 1,893
1985年9月15日 - 9月18日 鳥取県米子市境港市東郷町 4 4,487
1985年10月20日 - 10月25日 鳥取県 33 20,177
合 計 40 28,489

実施競技[編集]

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 鳥取県
  • 2位 - 埼玉県
  • 3位 - 東京都

皇后杯[編集]

  • 1位 - 鳥取県
  • 2位 - 大阪府
  • 3位 - 東京都

参考文献[編集]

外部リンク[編集]