第73回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第73回国民体育大会
福井しあわせ元気国体(本大会)
Torches - The 73rd National Sports Festival.jpg
開催都道府県 福井県(本大会)
参加人数 約2万3千人
競技数 (正式競技)40競技
(特別競技)1競技
(公開競技)4競技
開会式 2018年9月29日
閉会式 2018年10月9日
開会宣言 西川一誠 福井県知事
選手宣誓 北川貴理、渡辺啓乃
最終炬火ランナー 佐藤希望、前田紗良、山村咲子、山森裕介
主競技場 福井県営陸上競技場
テンプレートを表示

第73回国民体育大会(だいななじゅうさんかいこくみんたいいくたいかい)は、2018年に開催された国民体育大会である。冬季大会が、山梨県神奈川県新潟県でおこなわれ、本大会が福井県で開催された。

概説[編集]

福井運動公園のメインゲート
開会式の式典演技
開会式の貴賓席

福井県では1968年第23回大会以来50年ぶりに開催された。本大会愛称は「福井しあわせ元気国体」、スローガンは「織りなそう 力と技と美しさ」、大会マスコットは「はぴりゅう」[1]。国体に引き続いて開かれる全国障害者スポーツ大会との融合を掲げており、略称は両大会を合わせて「国体・障スポ」、障スポの大会愛称は国体本大会とほぼ同じで統一感を持たせた「福井しあわせ元気大会」とした。ポスターは国体と障スポの二連としている[2]。障スポの正式競技の車いすバスケットボールなどを国体期間中に開催した[3]

なお2018年4月1日付で日本体育協会が「日本スポーツ協会」に改称したため、主催統括団体名が冬季大会と本大会とで異なることとなった[4]。協会の改称とともに国民体育大会を改称する方針も決まり、2018年6月の第196回国会でのスポーツ基本法の改正を経て、2023年より「国民スポーツ大会」へ改称することが決まった。

また、2019年に天皇の代替わりが行われたため、上皇明仁上皇后美智子両陛下が開会式に臨席される最後の大会となった。

冬季大会[編集]

第73回国民体育大会冬季大会は、山梨県でスケート競技、神奈川県横浜市でアイスホッケー競技、新潟県でスキー競技が実施された[5]

スケート競技会[編集]

富士の国やまなし国体は、2018年1月28日 - 2月1日の会期で開催された。スローガンは「今、君は氷上の風になる」。マスコットは武田菱丸。実施競技および会場は以下の通り。[6]

アイスホッケー競技会[編集]

氷闘!かながわ・よこはま冬国体は、横浜市新横浜スケートセンター神奈川スケートリンクを会場に、2018年1月28日 - 2月1日の会期で開催された。スローガンは「輝け!氷上の戦い!」。マスコットは、かながわキンタロウ[7]

スキー競技会[編集]

にいがた妙高はね馬国体は、2018年2月25日 - 28日に新潟県妙高市で開催された。スローガンは「銀世界 跳ねて 駆けて かがやいて」。マスコットはレルヒさん[8][9]

本大会[編集]

福井運動公園の恐竜モニュメント
マスコットの「はぴりゅう」
グラウンド・ゴルフ、若狭町多目的交流広場「若狭さとうみパーク」
空手道競技、敦賀市総合運動公園体育館
軟式野球競技の決勝、大阪府vs愛知県、敦賀市総合運動公園野球場

日本スポーツ協会・文部科学省・福井県主催。

会期[編集]

正式競技の会期は以下の通りである[10]

  • 会期前開催 2018年9月9日-9月17日(水泳、バレーボール、ハンドボール、クレー射撃)、9月25日-9月29日(自転車)
  • 開会・閉会 2018年9月29日-10月9日(11日間)

実施競技・会場[編集]

出典:[11]

公開・特別競技

全国障害者スポーツ大会[編集]

障スポ 水泳競技、敦賀市総合運動公園プール

全国障害者スポーツ大会の福井しあわせ元気大会は、10月9日の国体閉会後、10月13日 - 15日の3日間の会期で開催された。スローガンは国体本大会と共通の「織りなそう 力と技と美しさ」。

会期[編集]

2018年10月13日-10月15日(3日間)

実施競技・会場[編集]

正式競技が13競技(個人6、団体7)、オープン競技が3競技である[12]

正式競技(個人)
  • 陸上競技 福井市 福井県営陸上競技場
  • 水泳 敦賀市 敦賀市総合運動公園プール
  • アーチェリー 福井市 福井市スポーツ公園サッカー場
  • 卓球(サウンドテーブルテニスを含む) 鯖江市 サンドーム福井
  • フライングディスク 坂井市 三国運動公園陸上競技場
  • ボウリング 福井市 スポーツプラザWAVE40
正式競技(団体)
  • バスケットボール 勝山市 勝山市体育館「ジオアリーナ」
  • 車いすバスケットボール 福井市 福井県営体育館
  • ソフトボール 越前市 武生東運動公園ソフトボール場
  • グランドソフトボール 永平寺町 松岡総合運動公園 you meパーク
  • バレーボール 大野市 大野市エキサイト広場総合体育施設体育館、あわら市 トリムパークかなづ体育館、小浜市 小浜市民体育館
  • サッカー 坂井市 丸岡スポーツランドサッカー場
  • フットベースボール 敦賀市 敦賀市きらめきスタジアム
オープン競技
  • 卓球バレー 福井市 福井県社会福祉センター体育館
  • 車いすテニス 鯖江市 鯖江広域西番スポーツセンターテニスコート
  • ゲートボール 美浜町 美浜町西郷健康ひろば屋内運動場

天皇杯・皇后杯[編集]

総合成績は以下の通り[13]、福井県の天皇杯は1巡目の第23回福井国体以来の2度目、皇后杯は初である。

  • 天皇杯(男女総合)

  1位 福井県、2位 東京都、3位 大阪府

  • 皇后杯(女子総合)

  1位 福井県、2位 東京都、3位 大阪府

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “2018年(平成30年)福井国体―第73回国民体育大会” (プレスリリース), 福井テレビ, http://www.fukui-tv.co.jp/2018kokutai/main.html 2015年1月4日閲覧。 
  2. ^ 福井県が進めている国体・障スポの融合について”. 福井県. 2018年10月5日閲覧。
  3. ^ 福井融合元年始動、壁なくす国体全国障害者スポーツ大会”. 福井新聞 (2018年1月1日). 2018年10月5日閲覧。
  4. ^ “「日本体育協会」から「日本スポーツ協会」への名称変更を正式決定” (プレスリリース), 公益財団法人日本体育協会, (2017年6月26日), http://www.japan-sports.or.jp/index/news/tabid/92/Default.aspx?itemid=3551 2018年2月11日閲覧。 
  5. ^ 第73回国民体育大会冬季大会が閉幕”. 日本スポーツ協会 (2018年3月6日). 2018年10月9日閲覧。
  6. ^ 富士の国やまなし国体”. 山梨県会. 2018年10月9日閲覧。
  7. ^ 第73回国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会”. 神奈川県. 2018年10月9日閲覧。
  8. ^ 「にいがた妙高はね馬国体」平成30年2月に妙高市で開催!”. 新潟県. 2018年10月9日閲覧。
  9. ^ 「にいがた妙高はね馬国体 観戦ガイドブック」”. 新潟県. 2018年10月18日閲覧。
  10. ^ 競技会会期”. 2018年10月10日閲覧。
  11. ^ 競技会場”. 2018年10月9日閲覧。
  12. ^ 競技会会期”. 2018年10月10日閲覧。
  13. ^ 都道府県総合成績確定版”. 2018年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]