三本木町 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さんぼんぎちょう
三本木町
Mamesakajizo.JPG
三本木 大豆坂地蔵
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 新設合併
古川市松山町三本木町鹿島台町岩出山町鳴子町田尻町
大崎市
現在の自治体 大崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
志田郡
団体コード 04462-8
面積 44.63km2
総人口 8,289
推計人口、2006年3月1日)
隣接自治体 古川市 松山町 大郷町
大衡村 色麻町 加美町
町の木 エノキ
町の花 スイセン
三本木町役場
所在地 989-6321
宮城県三本木町三本木字大豆坂24-3
座標 北緯38度31分30秒
東経140度56分50.6秒
三本木町位置図
 表示 ウィキプロジェクト

三本木町(さんぼんぎちょう)は、宮城県志田郡に属し、大崎平野の南に位置した

地理[編集]

宮城県北部に位置する町である。大崎平野の南に位置し、町の中央部を流れる鳴瀬川をはさんで北部が平野、南部が丘陵地帯となっている。

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行にともない、三本木村・秋田村・蟻ヶ袋村・伊賀村・音無村・桑折村・斉田村・坂本村・高柳村・蒜袋村・南谷地村・上伊場野村の計12か村が合併して新制の三本木村が発足。
  • 1895年(明治28年)10月31日 - 町制施行し、三本木町となる。
  • 1955年昭和30年)3月30日 - 三本木町と下伊場野村西部が合併し、新制の三本木町が発足。
  • 1955年(昭和30年)7月10日 - 古川市の一部を編入。
  • 1955年(昭和30年)10月1日 - 大字伊場野の一部を松山町へ移管。
  • 2006年平成18年)3月31日 - 松山町・鹿島台町岩出山町鳴子町田尻町・古川市と合併し、大崎市となる。

行政[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 二階堂保治 1889年(明治22年)4月21日 1891年(明治24年)12月3日
2 鴇田文蔵 1891年(明治24年)12月11日 1895年(明治28年)10月30日
  • 歴代町長
昭和の合併以前
氏名 就任 退任 備考
1 鴇田文蔵 1895年(明治28年)10月31日 1899年(明治32年)8月22日 村長より留任
2 七之宮定之助 1899年(明治32年)9月19日 1905年(明治38年)6月10日
3 岩淵文右ェ門 1905年(明治38年)6月16日 1907年(明治40年)7月30日
4 鴇田文蔵 1907年(明治40年)10月25日 1938年(昭和13年)1月16日 再任
5 岩淵利右ェ門 1938年(昭和13年)1月27日 1945年(昭和20年)8月31日
6 鈴木勇 1945年(昭和20年)9月11日 1946年(昭和21年)11月25日
7 早坂久 1947年(昭和22年)4月6日 1951年(昭和26年)4月4日
8 石垣幸太郎 1951年(昭和26年)4月23日 1955年(昭和30年)3月30日
昭和の合併以後
氏名 就任 退任 備考
1 岩淵光次 1955年(昭和30年)4月23日 1963年(昭和38年)4月29日
2 今野元治郎 1963年(昭和38年)4月30日 1991年(平成3年)4月29日 元・下伊場野村長
3 佐藤武一郎 1991年(平成3年)4月30日 2006年(平成18年)3月30日

経済[編集]

産業[編集]

農業が中心であるが、積極的な企業誘致を展開している。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

教育[編集]

  • 中学校
    • 三本木町立三本木中学校
  • 小学校
    • 三本木町立三本木小学校
文部科学省が推進する「学力向上フロンティア」指定校(フロンティアスクール)である。

交通[編集]

鉄道[編集]

町内を東北新幹線が通過しているが、駅は無い。

道路[編集]

バス[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭り[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]