大崎市三本木亜炭記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大崎市三本木亜炭記念館
Sanbongi Brown Coal Memorial Hall exterior, in 2010-03-06.jpg
大崎市三本木亜炭記念館
施設情報
正式名称 大崎市三本木亜炭記念館
前身 三本木町亜炭記念館
専門分野 亜炭
事業主体 大崎市
管理運営 株式会社大崎市三本木振興公社
開館 1989年平成元年)4月
所在地 989-6321
宮城県大崎市三本木字大豆坂63-24
位置 北緯38度31分17.76秒
東経140度56分18.17秒
公式サイト 大崎市 | 観光情報_遊ぶ | ミュージアム等
プロジェクト:GLAM
重さ10トンの亜炭塊
ダイハツ工業のオート三輪

大崎市三本木亜炭記念館(おおさきしさんぼんぎあたんきねんかん)は、宮城県大崎市にある亜炭博物館である。

概要[編集]

仙台藩では幕末から亜炭の採掘が行われた。現在の宮城県大崎市三本木大松沢丘陵などでは三本木亜炭が産出され、1920年代仙台鉄道開通により、仙台市へ大量に供給された。

当館は、道の駅三本木内にある三本木亜炭をテーマにした博物館であり、館内の中央に重さ10トンの亜炭塊を展示する他、亜炭資料展示室では、最盛期の坑道が再現されており、また亜炭の性質や利用法、地域における採炭の歴史などを解説し、関連する資料を展示している。

館内には他に、写真展などが開かれる市民ギャラリーや、休憩室・トイレもあり、いずれも無料で利用できる。また建物の軒下には、亜炭の採炭が行われていた当時に使われていた、ダイハツ工業オート三輪が展示されている。

当館は、大崎市が「大崎市三本木亜炭記念館条例」に基づいて、亜炭関連資料の収集・展示などを目的に設置している施設であり、2009年平成21年)4月1日から2011年平成23年)3月31日までの指定管理者に選定された株式会社大崎市三本木振興公社が、管理・運営を行っている[1][2]

沿革[編集]

利用情報[編集]

休館日
無し
入館料
無料
開館時間
9:00 〜 17:00

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大崎市三本木亜炭記念館条例
  2. ^ 大崎市 「大崎市指定管理者導入施設一覧」 2009年4月1日、1ページ。

関連項目[編集]