三本木パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三本木パーキングエリア
三本木スマートインターチェンジ
SanbongiPA for Aomori 100822.jpg
所属路線 E4 東北自動車道
IC番号 30-2
料金所番号 07-896
本線標識の表記 三本木
起点からの距離 366.8km(川口JCT起点)
大衡IC (6.5km)
(8.3km) 古川IC
供用開始日 1976年12月9日 (PA)
2009年9月18日 (SIC)
通行台数 643,478台(2011年)[1]
スマートIC 24時間
所在地 989-6312
宮城県大崎市三本木蟻ケ袋
備考 ETC専用インターチェンジ
テンプレートを表示

三本木パーキングエリア(さんぼんぎパーキングエリア)は、宮城県大崎市東北自動車道上にあるスマートIC併設のパーキングエリアである。

敷地内には「高速三本木バス停」が設置されている。

道路[編集]

施設[編集]

上り線(川口・宇都宮・福島方面)[編集]

下り線(青森方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 17台
    • 小型 21台
  • トイレ
    • 男性 大2(和式2・洋式0)・小5
    • 女性 5(和式4・洋式1)
    • 車椅子用 1
  • 自動販売機

バスストップ[編集]

高速三本木バス停(下り線側)

三本木パーキングエリア内に、高速三本木(こうそくさんぼんぎ)バス停が設置されている。上り仙台宮城IC方面と下り古川IC方面の双方で乗降が可能である。上り線仙台市方面のバス停の高速道路敷地外に、当時の三本木町が整備した利用者用駐車場がある。

停車路線[編集]

ミヤコーバスが運行。どちらの路線も両方向とも乗降可(クローズドドア制限なし)。

スマートインターチェンジ[編集]

2009年平成21年)9月18日、大崎市・宮城県・国などが参加した地区協議会が、既存の三本木PAに併設する形で終日運用のスマートICを設置した[2][3]。当スマートICは観光バス高速バスの通過も考慮した、長さ12m車まで通れる規格を持っている。設置費用は約6億3千万で、当初は1300-1400台/日の利用台数であった[3]2010年(平成22年)3月27日に東北道と仙台北部道路とが接続して仙台都市圏環状自動車専用道路が全通すると利用台数が増加し始め、同年7月には約2000台/日になった[4]

接続道路は、国道4号三本木バイパス道の駅三本木や大崎市役所三本木総合支所(旧三本木町役場)の近くから分岐する。

[編集]

E4 東北自動車道
(30-1)大衡IC - (30-2)三本木PA/スマートIC - (31)古川IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大崎市総務部市政情報課統計係 編大崎市 (2012):9-2ページ
  2. ^ 三本木にスマートIC読売新聞 2008年5月12日)
  3. ^ a b 誤進入3ヵ月で388台 東北道大崎・三本木スマートIC河北新報 2009年12月11日)
  4. ^ 東北道三本木スマートIC 利用50万台突破(河北新報 2010年8月3日)

参考文献[編集]

  • 大崎市総務部市政情報課統計係 編『大崎市統計書 平成23年版』大崎市、平成24年3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]