第5回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第5回国民体育大会
冬季大会スケート競技会
参加人数 748人
競技数 1競技
開会式 1月29日
閉会式 1月31日
選手宣誓 西浦 清輝
主競技場 苫小牧リンク
冬季大会スキー競技会
参加人数 948人
競技数 1競技
開会式 3月1日
閉会式 3月5日
選手宣誓 遠藤 行男
主競技場
夏季大会
参加人数 1,632人
競技数 2競技
開会式 9月21日
閉会式 9月24日
選手宣誓 浅野 俊雄
主競技場 振甫プール
秋季大会
参加人数 16,843人
競技数 26競技
開会式 10月28日
閉会式 11月1日
選手宣誓 村上 麗蔵(庭球)
距火点火者 米陀 京子
主競技場 瑞穂公園陸上競技場

第5回国民体育大会(だい5かいこくみんたいいくたいかい)は1950年昭和25年)に愛知県を中心として開催された。

1947年(昭和22年)5月18日大日本体育協会理事会にて第5回愛知国体、第6回広島国体の開催が決定された。この大会では文部省が主催者に加わり、開催県の愛知県は後援にまわった。

大会旗リレーは東京都千代田区から名古屋市までの483km 160区間を総勢4,000人でリレーした。

また、この大会では初めて炬火が点火された。

この大会で土産品として売られた、守口漬が大好評を博し、全国的に広まるきっかけとなった。

会場[編集]

清水公園(2015年5月)

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

皇后杯[編集]

参考文献[編集]

  • 『国民体育大会の歩み』都道府県体育協会連絡協議会、1980年
  • 『国民体育大会50年のあゆみ』日本体育協会編集・発行、1998年

外部リンク[編集]