名古屋市金山体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度8分44.3秒 東経136度54分6.8秒 名古屋市金山体育館(なごやしかなやまたいいくかん)は名古屋市中区古沢町(現金山一丁目5番1号)にかつて存在した体育館

解説[編集]

金山体育館は1958年から1964年にかけて大相撲七月場所(名古屋場所)が開催された事で知られる。飛行機格納庫となっていた場所を使用したため、冷房設備がなかった。杉山邦博(元NHKアナウンサー、相撲評論家)の回想によると、「本場所開催の時の館内は蒸し風呂のような暑さで、通路に氷柱が立てられたり、酸素ボンベを使用して酸素をシューッと送るなどされていた」とのことで[1]、このため、金山体育館時代の大相撲名古屋場所は『南洋場所』『熱帯場所』とも言われていた[1]

大相撲興行は1965年から現在の愛知県体育館に移転したことと、同市の人口が200万人に達したことを記念して「芸術文化の振興及び市民福祉の向上を図るため[2]」を目的として名古屋市民会館(日本特殊陶業市民会館)を新たに整備・新設することとなった為、金山体育館は取り壊された。

尚、金山体育館の機能は1969年に新設された名古屋市体育館(熱田区)に移管されている[3]

エピソード[編集]

1960年大相撲7月場所9日目、幕内中盤の玉乃海-若前田の取組中、中入前からの雷を伴った集中豪雨が最高潮に達し、体育館の天井の窓が破れて東方のたまり席、最前列のさじき席あたりに大量にどっと降り注いだ。観客も検査役もたちまちずぶ濡れ、傘も役に立たないほどの雨漏りだった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “杉山邦博の土俵を見つめて60年 〈第2話〉名古屋と大相撲の深いつながり”. 中日新聞+プラス. 中日新聞社. (2013年5月14日). http://chuplus.jp/blog/article/detail.php?comment_id=1106&comment_sub_id=0&category_id=289 2016年10月2日閲覧。 
  2. ^ 名古屋市民会館条例 - 名古屋市
  3. ^ 現在、名古屋市南区に存在する名古屋市総合体育館(日本ガイシホール)とは全く別の建物である。