第72回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第72回国民体育大会
ながの銀嶺国体(冬季大会)
愛顔つなぐえひめ国体(本大会)
[[ファイル:|250px]]
開催都道府県 長野県(冬季大会)
愛媛県(本大会)
競技数 (正式競技)40競技
(特別競技)1競技
(公開競技)4競技
開会式 2017年9月30日
閉会式 2017年10月10日
選手宣誓 中矢力
伊藤愛里
主競技場 愛媛県総合運動公園陸上競技場
テンプレートを表示

第72回国民体育大会は2017年に開催された国民体育大会である。長野県で開催された冬季大会の愛称はながの銀嶺国体(ながのぎんれいこくたい)。愛媛県で開催された本大会の愛称は愛顔つなぐえひめ国体(えがおつなぐえひめこくたい)[1]。愛媛県では1953年第8回大会以来64年ぶりに開催された。

国体閉会後の10月には第17回全国障害者スポーツ大会愛顔つなぐえひめ大会(えがおつなぐえひめたいかい)も開催された。

冬季大会[編集]

第72回国民体育大会冬季大会ながの銀嶺国体は長野県で総合開催された[2]。スローガンは「氷雪に かがやけ君の 技ちから」[3]。参加者数は、スケート・アイスホッケー競技会が1,699人、スキー競技会が1,782人[4]

会期[編集]

  • スケート・アイスホッケー競技会 2017年1月27日 - 1月31日
  • スキー競技会 2017年2月14日 - 2月17日

実施競技・会場一覧[編集]

正式競技3競技長野県内の4市町村を会場に実施された[5]

競技名 会場地 会場
スケート スピード Speed skating pictogram.svg 長野市 長野市オリンピック記念アリーナ(エムウェーブ)
フィギュア Figure skating pictogram.svg 長野市若里多目的スポーツアリーナ(ビッグハット)
ショートトラック Short track speed skating pictogram.svg
アイスホッケー Ice hockey pictogram.svg 岡谷市 やまびこスケートの森アイスアリーナ
軽井沢町 軽井沢風越公園アイスアリーナ
スキー ジャイアントスラローム Alpine skiing pictogram.svg 白馬村 白馬八方尾根スキー場
スペシャルジャンプ Ski jumping pictogram.svg 白馬ジャンプ競技場
コンバインド Nordic combined pictogram.svg
白馬クロスカントリー競技場(スノーハープ)
クロスカントリー Cross country skiing pictogram.svg

本大会[編集]

愛媛県としては昭和28年(1953年)に第8回大会四国4県で共同開催して以来、64年ぶり、初の単独開催となった。大会愛称は「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」。スローガンは「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」で、愛媛らしく五七五になっている。マスコットはみきゃん[6]

競技会場不在などから一部は高知県や兵庫県で開かれた[7]

会期[編集]

実施競技・会場一覧[編集]

正式競技(会期前実施競技)
正式競技
特別競技
公開競技

全国障害者スポーツ大会[編集]

全国障害者スポーツ大会の愛顔つなぐえひめ大会は、愛媛県で国体閉会後10月28日 - 30日の3日間の会期で開催された。スローガンは国体本大会と共通の「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」。開閉会式は国体と同じく松山市愛媛県総合運動公園陸上競技場。実施競技と会場は下記のとおり。[9]

競技名 会場地 会場



Athletics pictogram (Paralympics).svg 陸上競技 身知 松山市 愛媛県総合運動公園陸上競技場
Swimming pictogram (Paralympics).svg 水泳 身知 松山市 松山中央公園プール
Archery pictogram (Paralympics).svg アーチェリー 今治市 今治市宮窪石文化運動公園
Table tennis pictogram (Paralympics).svg 卓球 身知 松前町 松前公園体育館

松前総合文化センター

サウンドテーブルテニス
フライングディスク 身知 西条市 西条市ひうち陸上競技場
Bowling pictogram.svg ボウリング  知 松山市 キスケボウル



Basketball pictogram.svg バスケットボール  知 大洲市 大洲市総合体育館
Wheelchair basketball pictogram (Paralympics).svg 車いすバスケットボール 今治市 今治市営中央体育館
Softball pictogram.svg ソフトボール  知 松山市 松山中央公園運動広場
Baseball pictogram.svg グランドソフトボール 砥部町 砥部町陶街道ゆとり公園多目的広場
Sitting volleyball pictogram (Paralympics).svg バレーボール 伊予市 しおさい公園伊予市民体育館
 知 松山市 愛媛県武道館
  精 八幡浜市 八幡浜市民スポーツセンター
Football pictogram.svg サッカー  知 松山市 北条スポーツセンター球技場・陸上競技場
Football pictogram.svg フットベースボール  知 東温市 東温市総合公園多目的グラウンド

正式競技のほかに、オープン競技としてボウリング(肢体障がい者)、ブラインドテニス、フットサル(精神障がい者)が実施された[9]

天皇杯・皇后杯[編集]

天皇杯・皇后杯は国体正式40競技の総合成績で第1位の都道府県に授与される。東京都が天皇杯は2年連続、皇后杯は5年連続で獲得した。開催県の愛媛県は天皇杯・皇后杯ともに2位に終わった。

天皇杯
1位: 東京都
2位: 愛媛県
3位: 埼玉県
皇后杯
1位: 東京都
2位: 愛媛県
3位: 大阪府

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “第72回国民体育大会愛称・スローガンの決定について” (プレスリリース), 愛媛県, (2014年4月1日), http://www.pref.ehime.jp/h13100/1197076_1894.html 2015年1月4日閲覧。 
  2. ^ 第72回国民体育大会冬季大会の開催について (PDF)”. 2015年1月9日閲覧。
  3. ^ 「ながの銀嶺国体」”. 2018年3月3日閲覧。
  4. ^ 国民体育大会(国体)第72回大会”. 2018年3月3日閲覧。
  5. ^ 大会概要(競技日程、会場等)”. 2018年3月3日閲覧。
  6. ^ 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体とは”. 2018年3月3日閲覧。
  7. ^ 競技会場および会場地市町”. 2015年1月5日閲覧。
  8. ^ 当初は17日まで開催予定だったが、台風18号の接近を受けて一部競技日程を短縮した
  9. ^ a b 競技会会期”. 愛媛県. 2018年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]