第34回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第34回日本のふるさと宮崎国体
参加都道府県  
参加人数 約26,000人
競技種目数 夏:4、秋:29
開会式 1979年10月14日
閉会式 1979年10月19日
開会宣言  
選手宣誓 秋:阿万亜里沙 
最終炬火ランナー  
主競技場 夏・秋:宮崎県総合運動公園

第34回国民体育大会(だい34かいこくみんたいいくたいかい)は、1979年に開催された国民体育大会である。

夏季・秋季大会は、宮崎県総合運動公園をメイン会場に、宮崎県内17市町村で開催された。テーマは「日本のふるさと宮崎国体」、スローガンは「伸びる心、伸びる力、伸びる郷土」。

エピソード[編集]

秋季大会は台風20号の接近で、開会式直前から風雨が強まり、期間中28競技中7競技が一部中止となった。19日の閉会式は台風一過の好天であったが、競技場がグラウンドコンディション不良に加えスタンド施設などの被害があったことから、国体史上初の屋内での閉会式となった。

大会概要[編集]

期間 開催地 競技数 参加者数
1979年1月25日 - 1月28日 岩手県盛岡市
秋田県秋田市
1 1,946
1979年2月17日 - 2月20日 北海道名寄市 1 1,875
1979年9月16日 - 9月19日 宮崎県宮崎市延岡市日南市新富町 4 3,950
1979年10月14日 - 10月19日 宮崎県(17市町村) 28 18,225
合 計 34 25,996

実施競技[編集]

主な競技会場[編集]

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 宮崎県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 熊本県

皇后杯[編集]

  • 1位 - 宮崎県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 大阪府

参考文献[編集]

関連項目[編集]